Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 空中ブランコ (奥田英郎著) | Main | 桂花ラーメン »

ミルフィーユの悩み

041223_151355 私は甘いものとてもが好きだが、そろそろ健康も気にしなければいけない年齢になってしまった。特に一時的に80キロを超えてしまって以来(今は74キロ)、「毎日体重計に乗るダイエット」を続けており、常に健康のことは気にかけるようにしている(このダイエット法はとても簡単で効果的なのでお勧めである。ただ、毎日風呂に入る前に体重をチェックするだけで良いのである。)。かといって、おいしいものを食べずに長生きしてもしかたがないので、デザートに関しては、「量より質」を目指すことになる。つまり、「せっかく体に悪いものを食べるのならよほどおいしいものでなければならない」というポリシーを持ってデザート類に対しているのである。

 このポリシーを通すには、食べ始めたデザートがまずかった場合は、「こんなまずいもので太るのはいやだ」と途中でやめる勇気が必要である。逆に、これは、と思ったデザートを食べるときは、「君のためなら死ねる」という思いで望むのである(「君のためなら死ねる」の語源については、こちらを参照)。「ラーメンのスープを飲みほすのは体に悪いので、よほどおいしいラーメンでないと飲みほしてはいけない」というラーメンを食べるときの大原則と同じである。

 そんな私には、デザートの「死ねるリスト」(つまり、健康を害してでも食べたいデザートのリスト)があり、その短いが名誉あるリストに「東京ばななのチーズウサギ」だとか「コージーコーナーのシュークリーム」が名を連ねているのである。その一つがこの写真の「ベルンのミルフィーユ」なのだが、一つ困ったことがある。

 ベルンのミルフィーユは、「スイート・チョコレート」、「ハイ・ミルク・チョコレート」、「ヘーゼル・ナッツ・チョコレート」の3種類の味があるのだが、そのうちダーク・チョコレートを使った「スイート・チョコレート」がやたらとおいしく、それのみが「死ねるリスト」に入る価値があるのである。当然、私としては「スイート・チョコレート味」だけを箱に詰めて買いたいところだが、店は3つの味をバランスよく混ぜて、3個入り・9個入り・12個入り・24個入りの詰め合わせしか売ってくれないである。買うたびに、「バラで売っていただけませんか」と交渉するのだが、私の望みは一度も聞いてもらえたことがない。

 結果として、いつも3つの味の詰め合わせを買って帰り、自分だけ「スイート・チョコレート」味を食べ、残りは家族に食べてもらう、というすごく自分勝手なことをすることになる。そのたびに良心が少し痛むのだが、「スポンサーは私なのだから」と勝手な言い訳をしてごまかしている。

 ちなみに、今日の店員も融通が利かず「バラ売り」はしてくれなかったのだが、一つ貴重な情報をくれた。年に一度だけ12月の上旬に2週間ほど「バラ売り」をすることになったそうである。今年はあいにく逃してしまったが、来年は必ず買いに来なければいけない。さっそく来年のカレンダーには書いておこう。

[追記]ちなみに、ベルンの「スイート・チョコレート」は完全な英語の誤用である。カカオ成分を高めに砂糖を抑えて苦めに仕上げてあるチョコレートは、日本ではダーク・チョコレート、もしくはビター・チョコレート(ビタチョコ)と呼ばれているが、英語ではセミ・スイート・チョコレートが正しい。Semi-sweet、つまり、「少ししか甘くない」という意味である。Semi-conductor(半導体)、semi-professional (セミプロ)の semi- である。しかし、ベルンは、この肝心な semi- を落としてしまい、単にスイート・チョコレートを呼んでしまっているので、全く逆の意味になってしまっているという皮肉なことになってしまっているのである。  

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d8343686d353ef

Listed below are links to weblogs that reference ミルフィーユの悩み:

Comments

あさぎ

初めまして、当ブログにコメントいただきましてありがとうございます。

私も、3つの味の中ではスイート・チョコレートが一番好きなんです!(次がヘーゼル・ナッツ)
でも、実は3つ同時に食べないと味の違いが分からなかったりしますが・・・(^_^;

松崎茉莉花

こんにちは。当方の「Marika's Essay」へのコメントありがとうございました。

「死ねるリスト」のデザートという表現が凄いです。思わず「そうそう!」なんて相槌をうってしまいました。的確です!
「東京ばなな」は知っているのですが「チーズうさぎ」というのは食べたことがないです。今度ぜひ機会があれば食べて見ます。

私のほかに「死ねるスイーツ」は、中津川の栗きんとん(秋限定)、ごまたまご(東京銘菓?)くらいでしょうか。
あ、コージーコーナーのシュークリームは要注意です!お値段がお手ごろなのでついつい買いすぎ=食べすぎちゃいますよ。危険極まりないです(爆。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.