Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« ビーチ・ボーイズ | Main | 鼻行類 »

愛すべき理科系人間たち

040920_115535  理工学部の大学時代の友人に、常にメモ帳を持ち歩き、ジョークを聞くたびに書き取っている男がいた。なぜそんなことをしているか尋ねると、「合コンの時のネタに使えるから」だと言う。彼は、ちゃんと結婚できたのだろうか…

 これは極端な例だが、アメリカで楽しく生きていくには、ジョークの一つや二つを覚えておくことは大切だ。ゴルフ場で初対面の人とゴルフをすることなどは良くあるので、話題に困ったときや、相手がミスショットを重ねて気まずくなった場面で、覚えておいたゴルフ・ジョークを披露してその場の雰囲気を和らげる、というのはアメリカ人の良く使うテクニックだ。どのゴルフ・ジョークも、異常とも言えるほどのゴルフ好きをジョークにしたもので、それを自分になぞらえて笑うのだ。

 そういったゴルファー・ジョークと同じように、理科系人間を素材にしたジョークを集めようと探しているのだが、なかなか集まらない。ビル・ゲーツをネタにしたジョークや、特定の分野の人向けのジョークはあるのだが、純粋に理科系人間の面白さをついたジョークは以外と少ない。思いつくのは、これぐらいだ。

 3人のアメリカ人がイギリスに来て列車に乗っている。列車がハーズレーという農村地帯に差し掛かると、窓の外に一匹の黒い羊が見えた。

 それを見て、ビジネスマンが言う。「驚いたなあ。イギリスの羊は黒いんだ。」

 するとエンジニアが言う。「それは少し断定的すぎるよ。『イギリスには黒い羊もいる』というのが正しい表現だよ。」

 すると数学者が言う。「正確な表現というなら、『イギリスのハーズレー地方には、少なくとも一匹の、少なくとも右側半分が黒い羊がいる』と言うべきだよ。」

 こんなジョークを面白いと思うのは、私のような理科系人間だけかも知れないが、このジョークには理科系人間の「愛らしさ」が的確に表現されていると思う。

 私の妻も含めて、文科系の人間と話していると、平気でこの手の「イギリスの羊は黒い」みたいな断定をしてくるので、ハラハラしてしまう。彼らがずるいのは、その後「白い羊」を見たとしても、ケロッとして「あ、白い羊もいたんだ」と言えてしまう点である。理科系の私は、一旦「イギリスの羊は黒い」と言ってしまうとすごく責任を感じてしまい、後で「白い羊」を見たりすると内面的にキズついてしまうのだ。それが嫌で、理科系の私はついついこのジョークにあるような発言をしてしまうのだが、すると文科系人間の代表である妻に「何難しいこと言ってんのよ」と言う冷たい目で見られてしまうから少し悲しい。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d83460262569e2

Listed below are links to weblogs that reference 愛すべき理科系人間たち:

» イギリスの羊は黒い from システム開発のここがヘン!
私のお気に入りブログ[http://satoshi.blogs.com/life/ Life is beautiful]でとあるアメリカンジョークが紹介されていました。⇒[http://satoshi.blogs.com/life/2005/04/post_11.html 愛すべき理科系人間たち] このジョークの下りを見て、ユーザーとシステム開発の打ち合わせをしているシーンが浮かんでしまいました。まったく冗談でなくこんな状況です。(ビジネスマンにあたるのがユーザーで、エンジニアや数学者にあ..... [Read More]

» ユーザーとSEの感覚。どっちがヘン? from システム開発のここがヘン!
私のお気に入りブログ [http://satoshi.blogs.com/life/ Life is beautiful] でとあるアメリカンジョークが紹介されていた。 ⇒ [http://satoshi.blogs.com/life/2005/04/post_11.html 愛すべき理科系人間たち] 理系人間と文系人間の感覚の違いに気付かされる秀逸なジョーク。 読んでみると分かると思うが、どちらの態度も「らしさ」が出ているだけで悪気がない。私はこのジョークの下りを見て、ユーザーとシス..... [Read More]

» [そは何ぞ]論理学者、数学者、物理学者、技術者 from Capture the cow
自分は数学とか苦手な人ですけど、 いわゆる理系の人がどんな発想をするかは分かっているつもり。 Life is beautifulさんの愛すべき理科系人間たちに触発されて、 そういえばこんなネタあったわ、と紹介してみます。 愛すべき理科系人間たちは、たぶんこんな人たちだと思い... [Read More]

Comments

野狐禅

文系は一を百語で語り、理系は百を一語で語る。
なんちゃって。

shun

satoshi さんと、同じ経験を良くしています。

妻に、「それは、たまたまそういうケースに出会っただけで、一般的にそうかどうかはそれだけじゃ言い切れないんじゃない?」と言ってしまうと、「また始まった…」という顔をされてしまいます。
それどころか、私が説明を始めようとすると、「何でいつもそうケチつけるのよ」と言い捨て、さっさと他の事をしにその場を去ってしまったりします。
私は、親切心のつもりなのですが、「あ、またやってしまった」と思うようにしています。

asktaka

今年度から毎週二コマ講義をすることになり、その一つはどういうわけか計量経済学で、今統計学の初歩の初歩のところを3回シリーズで話しています。大多数は数学で受験していない文科系の大学生を教えるのはことだと思いましたが、留学生をはじめ意外と学生は熱心です(もう一つは300人ほど受講生がいるので教室内はざわついていますが)。前回、いろいろな平均の話や母集団の代表性のような話をしましたが、例に出したのが投稿されてるようなお話だったので、ついコメントに参上しました。

もっとも小生は最近ではワイフの文科系頭にはあえてコメントしないようになりました。生活の知恵とでも言うのでしょうか(苦笑)。

satoshi

 やはり、文科系頭の配偶者を持った理科系の人たちには共通の悩みがあるようですね。しかし、「じゃあ、理科系の人と結婚すればよかったと後悔している」わけではない部分がまた複雑だったりします。

kazuyon

羊のジョーク、読んだときには(>y<) ぶっ!?と一人笑いしてしまいました。私のダンナさんも一応理科系人間ですがどこがおかしいのか解らないとのたまってくれました。そこはやはり血液型が違う所為かしら?なんて、思ってみたりして(ダンナがAで私がO)

satoshi

理科系の人でも、このジョークを面白いと思う人とそうでない人がいるんですね、発見です。ちなみに、私はA型なので、血液型の違いとも言い切れないと思います…

SQ

「数学者」の違いを分かるかどうかに関係しているのでは?
ちなみに私はO型ですが、面白いと思いました。

s

数学者の所をラッセルと
言い換えてもいいですね。
これなら文系にも分かるかも。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.