Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« ケイタイでAJAX(4):Google に対抗して Map Viewer を作ってみた | Main | 101回目の開眼 »

AJAXでミニアプリ: ブログにスライドショーを追加する

050718_040520  最近受け取った叔母からの手紙に、「あんなにブログに力を入れて仕事をする時間があるのかしら?」と書いてあったがもっともなセリフである。もともと趣味で始めたプログラミングを職業として選んでしまって以来、遊びと仕事のボーダーラインをあいまいにしたまま四半世紀も突っ走っている私だから、はたから見ると「いったいいつ仕事をしているのかしら?」と見られても仕方が無い。

 特に最近は、このブログで色々なプログラミング・テクニックを披露したり、会社の製品(UIEngine)を使ったサンプル・プログラムの披露などをしているので、ますます境がなくなっている。会社の製品の宣伝になるのならば、どうどうと仕事中にブログを書いていてもかまわないだろう、という理論がまかり通ってしまうのが私だ(^^;)。

 そこで今日のエントリーも、自社製品(UIEngine)を応用した簡単な「非同期通信型ウェブ・アプリ」の紹介。既に気が付いた人もいるとは思うが、このブログの右上にスライド・ショーを追加したのだ。UIEngineは、もともと携帯電話や組み込み機器用に作ったスクリプト・エンジンなので、ものすごく軽くて小さい(Applet 版は36キロバイト)。その上、アプリケーション自身は全てがスクリプトで書かれているので、携帯電話用の小さな画面向けに作ったミニ・アプリをそのままブログの部品として流用できるのだ。現に、このスライド・ショーは、某社のデジカメ向けに作ったスクリプトをそのまま流用した。

 先日のエントリーにも書いたが、こんなブログ用のミニアプリを一般の人たち(ノンプログラマー)にも簡単に使っていただけるような仕組みを作れないものかと模索中である。スクリプトをテンプレートとして提供することにより、プログラミングなしでこんなスライドショーを作ることを可能にすることはできるのだが、画像をどこに置くだとか、画像の大きさをどうするだとか、ブログに適切なコードを埋め込むにはどうしたら良いだとか、まだまだ解決しなければならない問題は沢山ある。とりあえず一つづつ問題を解決していくしかないのだが、それまでの間は、このブログを見て「私もこんなブログを作ってみたい」「ブログでこんなことが出来るのか」と思ってくれる人たちがいれば喜ばしい限りである。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d83458331b53ef

Listed below are links to weblogs that reference AJAXでミニアプリ: ブログにスライドショーを追加する:

Comments

s_kanda

スライドショー、Coolですね。(写真も美しい!)自転車からフライパンにかわるところのだるま落としみたいな動きが気に入ってます。ただ、スライドショーの動きが気になって、ブログの本文に集中できない..。(^^;; 

satoshi

s_kanda さん、コメントありがとうございます。確かに、スライドショーの動きが気になって、ブログの本文に集中できないのは困りますね。何か良い方法が無いか考えてみます。

shun

このスライドショー、effect に遊び心が沢山入っている感じでいいですね。
ただ、再利用となると、やはりバイナリより、ちょっとソースをコピペしていじれる程度が入りやすいような気がします。

別のスクリプトエンジンよりも、既存のスクリプトエンジンの拡張 (再利用できる HTC や JS ファイルなど)なんかだとうれしいのですが… (などとかなり勝手なこと言ってみました)

p.s. このさくらんぼでかっ! 日本のですか?

satoshi

 確かに再利用を考慮すれば、ソースがテキストファイルとして見える形の方が良いかもしれませんね。考えて見ます。

 ちなみに、このさくらんぼ、シアトル産の Ranier Cherry です。日本へ輸出用の選りすぐりだそうです(一般のスーパーには流通していません)。米国日通が一手に輸出を手がけているそうですが(なんと空輸だそうです!)、そこに注文すればシアトルでも入手可能です。

shun

これが日通でやっているさくらんぼなんですか。今まで何度か日本の実家に送った事はあるのですが、私はまだこんなの見たことも食べた事もありません。

下関の市場やスーパーより築地市場の方が新鮮で良い物が手に入るっていうのと似てますね。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.