Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 背中にあてた手のひらのぬくもり | Main | 理科系人間にも分かる郵便貯金の問題点 »

リーダーシップについて思い出したこと

Ichiro_1 アメリカの人口の12%が「貧困層」であり、そう言った人たちは日々の食事も満足に食べることの出来ない生活をしている、などの報道は、米国に住んでいると新聞やニュースでは良く見かける。しかし、中流以上の生活をしている我々にとってみれば、生活圏がほとんど重ならない彼らの生活の実態は、なかなか実感として捉えられず、単なる「統計データ」としてしか頭に入って来ない、というのが正直な所である。

 しかし、今回のハリケーンで、彼らの生活の基盤がいかにもろいものか、そして、その数がものすごいものであることを、映像を通して目の当たりに見させられることになったことにショックを受けている人はとても多いはずだ。

 今回のハリケーンの被害は、政府からの非難命令にも関わらず、逃げるための交通手段も持たず、逃げたところで避難先のホテル代も払うことが出来ない人達が「予想に反して」10万人も市内に残ってしまったために大きくなってしまった。12%が貧困層であるという統計データから考えれば予想できて当然だったのかも知れないが、普段からそういった貧困層の人たちと触れ合わない生活をしている普通のアメリカ人にとっては、予想してみようともしない「想定外」の出来事だったようだ。

 ちなみに、今回の政府側の対応の悪さについて、マスコミも激しく非難しているが、その一つでFema(Federal Emergency Management Agency)のトップがインタビューを受けているニュースを見たのだが、以下のような会話を聞いて、ふとマイクロソフト時代のエピソードを一つ思い出した。

アナウンサー: 今回の被害は10万人もの人々が市内に残ったために被害が大きく広がったのですが、政府としてはどう見ていますか。
Fema(のトップ): 10万人も残るとは全くの予想外でした。
アナウンサー: しかし、貧困層の人達が移動する手段を持っていなかったことは前もって分かっていたんですよね。なぜバスを手配するなどしてあげなかったんですか?
Fema: 私達としても、市にバスを手配するように指示したんですが、市側が十分なバスを手配してくれなかったんです。

 記憶を呼び起こしたのは、この「市にバスを手配するように指示したが、市側が十分なバスを手配してくれなかった」という言い訳である。私が米国のマイクロソフトで働き始めてまだ日が浅い頃、ソフトウェアの開発に関連して似たような言い訳をビルゲイツの前でした人間がいたのだが、その瞬間にビルゲイツは机を叩いて真っ赤になって怒り始めたのだ。この場面にビルゲイツがいたとすれば、こんな感じになる。

ビルゲイツ: (机を激しく叩いて)市側が十分なバスを手配してくれなかっただって?バカなことを言ってるんじゃない。市側が適切な対応をしなかったら、市長の首をねじ上げててもバスを手配させるのがお前の仕事だろう。それでも市が動かなかったら、隣の市からバスを借りて来るなり、軍にトラックを手配させるなりして、何としてでも市民を非難させるんだ。
Fema: しかし、市も軍も私の指揮権の及ぶところではありませんから…
ビルゲイツ: (ますます真っ赤になって怒って)指揮権がなんだっていうんだ。人の命がかかっているんだぞ。軍に要請を出して動いてくれなかったら、大統領に電話して命令を発動してもらうのがお前の仕事だろう。何のためにお前に高い給料を払っていると思ってるんだ。

 このエピソード以来、私の「プロジェクトの責任者の役割」に関しての見方が大きく変わった。プロジェクトの責任者の仕事は、「プロジェクトの成功に必要な作業の手配をする」だけでは終わらず、それらの作業が確実に実行されるようにして結果を出してこそ初めて評価されるものだ、そしてうまく行かないことがあっても決して他人のせいにしてはいけない、という認識である。マイクロソフトでは沢山のことを学んだが、これはそのうちでももっとも貴重なものの一つである。

 例えそういう認識を持っていたとしても、人間というものは自分には甘いので、自分で同じことをしていてもなかなか気がつかないものである。そこでこの報道をキッカケに「他人のふりみて我がふり直せ」と自分のことを振り返って見た私であった。人間、「何としてでも結果を残す、言い訳は絶対しない」という意気込みを持って仕事をすると、ものすごく強くなれる。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d83458d10c69e2

Listed below are links to weblogs that reference リーダーシップについて思い出したこと:

» [仕事] ビル・ゲイツの真の恐ろしさを垣間見た from 樂水開発日記
Life is beautifulに「リーダーシップについて思い出したこと」というエントリがあった。 カトリーナの被害を拡大させたことに対するFema(Federal Emergency Management Agency)のトップと、それに対するゲイツの反応という形で、かつて、MS社内で実際にあったエピソードを語ったものだ。 これを読んで、ゲイツの言葉の鋭さと的確さに衝撃を受けた。「MSは勝つべくして勝ったのだな」と�... [Read More]

» Hurricane Katrina from Like a Salmonбб- MBA Life in UW Seattle -
╞№д╦╞№д╦╛ї╢╖дм░ндпд╩дыHurricane Katrinaд╬─▐двд╚д╟д╣дмбвд│д┴дщд╟д╧╧в╞№└п╔▄д╬┬╨▒■д╬д▐д║д╡дЄ╗╪┼жд╣ды╡н╗ЎдмTopдЄ╛■д├д╞ддд▐д╣бгд│джд╖д┐╗╪┼жд╧Hurricaneдм╟ўд├д╞ддды╗■д╦д╧д╩д╡дьд║бв╗рд╚дддж╡╛└╖дЄ╚╝д├д╞╜щдсд╞╖Ў┼┴д╡дьдыд╚ддджд╬д╧бв╞№╦▄дтевесеъелдт╞▒д╕дшджд╟д╣бг┐═┤╓д╧┐╩╩тд╖д╩ддд╬д╟д╖дчдждлбг Life is beautifulд╚дддже╡еде╚д╟евесеъелд╬┐═╕¤д╬г▒г▓бєдмб╓╔╧║д┴╪б╫д╟двдъбвд╜дж╕└д├д┐┐═д┐д┴д╧╞... [Read More]

» ビル・ゲイツと伝説の興行師ジークフェルト from FIFTH EDITION
リーダーシップについて思い出したこと Life is beautifulさんのこの記事を読んで思い出した事。 フローレンツ・ジーグフェルド・ジュニア 1896年から1931年にかけて52本の ブロードウェイ・レビューやミュージカルを製作した アメリカの伝説の興行師。 そんな彼にま..... [Read More]

» プロジェクトの責任者の役割 from la vie
Life is beautiful: リーダーシップについて思い出したこと 悲惨... [Read More]

» プロジェクトの責任者の役割 from Cagylogic
Life is beautifulのリーダーシップについて思い出したことを読んだ。いい話だから、ぜひとも読んでください。 [Read More]

» ビルくん、他人事、李会長 from 白紙状態
Life is beautifulさんがビル・ゲイツのリーダシップについて語っていた。ちょっと長くなるが引用するとこの「市にバスを手配するように指示したが、市側が十分なバスを手配してくれなかった」という言い訳である。私が米国のマイクロソフトで働き始めてまだ日が浅い頃、ソフトウェアの開発に関連して似たような言い訳をビルゲイツの前でした人間がいたのだが、その瞬間にビルゲイツは机を叩いて真っ赤になって怒り始めたのだ。この場面にビルゲイツがいたとすれば、こんな感じになる。 ビルゲイツ: (机を激しく叩... [Read More]

» リーダーシップとマネジメント from Sync A World You Want To Explore
UIEの中島さんのエントリーを見て、非常に共感しました。ちょっと長いのですが、一... [Read More]

» ハリケーンRITAと(宇宙飛行士の)野口さん from Web23
またまたハリケーンが接近している。RITAと言う名前である。(なお、それぞれのハ [Read More]

» Hurricane from Web23
ハリケーンがルイジアナ州を襲った。元クラスメートの実家がルイジアナ州にあると聞い [Read More]

» なぜ、今SIのリーダーシップが必要なのか from リーダーシップをプロマネに。技術者に。「SIリーダーシップ」
なぜ、今、SI(System Integration)においてリーダーシップが必... [Read More]

» MSのマネージメント from WEBディレクションやってます blog
del.cio.usの自分のブックマークを整理していて、以前に呼んでいたblogを見つけた。 Life is beautifulでアメリカの大災害になっているハリケーンの政府の対応を見ていた筆者がMS時代にビルゲイツのやり取りを思い出してのものだった。 これを見てプロデュースというものの成しえなければならないゴールを思い出した。 普段からそのつもりではいるし、人にディレクションとプロデューサーの違いは?といわれたら説明もしていただが、このようなエピソードはますますはっきり自分に、自分自身の... [Read More]

» No fuckin' excuse from pena de pina
結果を出すためにあらゆる手段を講じること 言い訳をしないこと 最近Nakajimaという人のブログを楽しんで読んでいる。日本人でありながら実力によってマイクロソフトの本社まで行き、ビルゲイツを直接観察してきた人の追体験は、非常に貴重なものだと思う。 そのNakajimaがアメリカ政府のハリケーン非常事態のときに見せた甘えについて鋭い指摘をし、自分を振り返っている。 記憶を呼び起こしたのは、この「市にバスを手配するように指示したが、市側が十分なバスを手配してくれなかった」という言い訳である。私が米国... [Read More]

» No fuckin' excuse from pena de pina
結果を出すためにあらゆる手段を講じること 言い訳をしないこと 最近Nakajimaという人のブログを楽しんで読んでいる。日本人でありながら実力によってマイクロソフトの本社まで行き、ビルゲイツを直接観察してきた人の追体験は、非常に貴重なものだと思う。 そのNakajimaがアメリカ政府のハリケーン非常事態のときに見せた甘えについて鋭い指摘をし、自分を振り返っている。 記憶を呼び起こしたのは、この「市にバスを手配するように指示したが、市側が十分なバスを手配してくれなかった」という言い訳である。私が米国... [Read More]

» 言い訳をしない from akiyan.com Blog
Life is beautiful : リーダーシップについて思い出したことより。 人間、「何としてでも結果を残す、言い訳は絶対しない」という意気込みを持って仕事をすると、ものすごく強くなれる。 激しく同意。 「あいつのせいだ」と思うとそこで思考が停止してしまいます。意識して言い訳をしないようにすると、とても建設的になれるんです。自分が影響を及ぼせなかった事象に対しても「次から自分がどう動いていれば影響を与えられるか」というふうな考えが自然と出てきます。人のことも自分のこととして考えるようにするとい... [Read More]

» 言い訳をしない from akiyan.com Blog
Life is beautiful : リーダーシップについて思い出したことより。 人間、「何としてでも結果を残す、言い訳は絶対しない」という意気込みを持って仕事をすると、ものすごく強くなれる。 激しく同意。 「あいつのせいだ」と思うとそこで思考が停止してしまいます。意識して言い訳をしないようにすると、とても建設的になれるんです。自分が影響を及ぼせなかった事象に対しても「次から自分がどう動いていれば影響を与えられるか」というふうな考えが自然と出てきます。人のことも自分のこととして考えるようにするとい... [Read More]

» 言い訳から信頼は生まれない from hogehogeなSEの日々
「Life is beautiful」の「リーダーシップについて思い出したこと」 [Read More]

» ビルゲイツが特別なんじゃなくて、それはすごく当たり前のことなんだ。 from Junnama Online
標題は「リーダーシップについて思い出したこと」だが主題は「プロジェクト の責任者 [Read More]

» Bill Gates のデザインレビュー [memo] from Peace Pipe
Joel Spolsky というエンジニアが,Microsoft で働いていた時代に Bill Gates に直接受けたレビューの想い出を赤裸々に告白している. [Read More]

» 本当のリーダーシップとは from 生きるとは、知るコト
年末年始と夜中の寝る前の時間を使って様々な本を読みました。 そこで勉強熱心な管... [Read More]

Comments

naomi

「『何としてでも結果を残す、言い訳は絶対しない』という意気込みを持って仕事をすると、ものすごく強くなれる。」これ改めて肝に命じ直しました。末端のほうで働いてても同じですね。そして、こんなビル・ゲイツ氏にも改めて「萌え!!」でございます。
すみません。いいお話だったのに^-^;

satoshi

「ビル・ゲイツ氏に萌え!!」ですか^^;。ビルは人の使い方というか鍛え方が本当にすごかったですね、とにかく。

りんご(パズルと迷路で最強の塾をつくる!)

こんにちは。
すごくはっとさせられました。
そういうことなんですね。
「教材としては無理だ」「そういったことはできない」
そんなことを自分は考えてはいなかったか?
徹底的に優れたものをつくりたいと思いました。
圧倒的に優れた教材を必ずつくります。
ありがとうございました。

yamaz

『何としてでも結果を残す、言い訳は絶対しない』にはハッとさせられました.
ほかにもMicroSoftで学んだことがあれば教えてほしいです.
とりあえず上記2冊は注文しました(^^;

snowbees

ビル・ゲイツ氏の指導力とは対照的に、ハリケーン・カトリーナの悲劇は、「人災」でしょう。すなわち、堤防補強の放置や、関係当局による初動の遅れなどです。
参考サイト
1)http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/
アンチ・ブッシュのBlog
2)http://www.tokyo-np.co.jp/kakushin/
東京新聞の特集記事

nyajila

「言い訳は絶対しない」というのは、マイクロソフトの社風であり、強さなのでしょうか? 同じようなことが、下記の本にも書いてありました。

夢をかなえる一番よい方法 - リチャード ブロディ(著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569612628/ref=pd_sxp_elt_l1/249-7881697-1641131

それはともかく、ビル・ゲイツが顔を真っ赤にして怒ることがあるんですねェ…。テレビなどのメディアでは、温厚な感じですから、意外でした。

杉菜みく

MSKKの友達から聞いた話ですけど、
今の府中とかだと
「目標が達成できなかったのは上司が僕の力を発揮できるように環境のお膳立てをしてくれなかったからで自分のせいではない。」
と言い張る子がいるそうですよ。とほほ。

自分ががんばらずに責任転嫁しちゃうとは・・・

akiller

FEMAはいつかは分からないが、民営化されて大きく権限の行使出来る余地がさがったと聞きます。
どうやら民営化をすすめなければならない日本はこのことを頭の隅に入れておいた方がよさそうです。
4月の旧国鉄の悲惨な事件もそうです。

あとルイジアナ州の貧困率は全米の2倍を超えているそうです。

Anthony

ビルゲイツの言葉はリーダーだけではなく責任あるミッションを持つ者全てに必要な心がけだと思います。
自分は何のためにこの仕事をしているのかをちゃんと認識してやらなければいけないということだと思います。FEMAは何のために存在するのか、それは今回のような被害者を出さないようにすることがミッションだったはずです。アメリカでも日本のような縦割り行政の弊害があるんですね。

satoshi WATANABE

ありがとうございます。とても参考になりました!私も上記の本を購入します。

satoshi WATANABE

貴重なご経験ありがとうございます。とても参考になりました。上記の本、私も購入します。

hg

高い給料がないとモチベーションがあがらないかもですね。

keita

予想外の出来事が起こったから、俺に責任は無い、と考えるのではなく、
予想外の出来事に立ち向かっていくことが俺の仕事なんだ、と。

ガキの使いやあらへんで!!ってところでしょうか。

Shoko Onda

リーダーシップそうですよね。
体験しながら学ぶんでしょうね。私の先輩が先日、本を出版しました。
働く女の「経験ゼロ」の仕事力 by 良子ビューエルです。
通販マーケットがまだ定着していない時期に通販ベンダーという仕事を一つ一つ自分の体験をもとに試行錯誤しながら築き上げてきた様子がとても自然に表現されてます。
形式ばったビジネス本でもなく成功本でもなく自然な気持ちで誰もが人生を進むことを前向きに行動してみたい!と思える本なのです。

こんな風に体験しながらリーダーシップを学んで進んでいくのかなと思いました。、
ご興味がございましたら是非、本をお送りさせて頂ければ嬉しいです。お送り先をご連絡いただければすぐにご送付させて頂きたいと思っております。ご検討頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

恩田 上子

Dora

こんにちは。

今さらですが引用させて頂きました。(TBうまく反映されない?のでコメントで。)

http://dorablue.blog51.fc2.com/blog-entry-3492.html

ではでは。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.