Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« ソニーBMGの「rootkit」事件は「旧メディア産業」の最後のあがきか | Main | 新しい Microsoft を引き継ぐのは Ray Ozzieか? »

図解、イノベーションのジレンマ

 私がマイクロソフトをやめるキッカケを作ったのが、「イノベーションのジレンマ」という本だということは、以前にも書いた。IT業界でビジネスをしている限り、大きな会社にいようと、小さなベンチャー企業にいようと、この本に書いてあることを日々意識しながら仕事をするかどうかは大きな違いを生むはずだ。

 このブログでも何度も引用しながら、一度もちゃんと解説を書いたことがなかったことに気が付いたので、今日のエントリーは、この本に書かれているコンセプトの解説。

 そう思っていつもの様に書き始めたのだが、文字だけではとても伝えにくいコンセプトだ。しかし、図解と言えばパワポ、というのもありきたりすぎるので、会社の廊下にあるホワイトボードに手書きで描いた図を、携帯電話で撮影したものを使うことにした。通りがかった社員にも見てもらえるので、一石二鳥である。

Dilemma

 上の図は、この本に書かれたコンセプトを一般化したもの。ブルーのラインは、あるテクノロジーがユーザーの要望を聞きながら進化していくうちに、(声がでかいパワーユーザーの声ばかり聞こえてくるために)その要求を通りこして必要もなく肥大化してしまうことを示している。そうしているうちに、赤い線で示したdisruptive technology (破壊的テクノロジー)と呼ばれる、機能的には遥かに劣るが、格段に小さかったり安かったりするテクノロジーが現れ、市場を奪ってしまう、というセオリーである。この本は、5インチハードディスクに対する3.5インチハードディスクに始まって、さまざまな例を挙げて、なぜ勝者が必ずしも勝ち続けることが出来ないかを丁寧に説明している。

 このコンセプトを、今の音楽・ビデオの配布媒体、ゲームを走らせる端末、プロダクティビティ・アプリケーション、のそれぞれのマーケットに関して描き、私の一言コメントを付けたのが以下の三つのグラフである。

Media

 「次世代メディアの規格が、Blueray と HD-DVD に分かれてしまったけど、そもそも次世代メディアなんて必要なの?ネット配信のビジネスを育てる方が大切なんじゃない?」

Game

 「本当に次世代ゲーム端末なんて必要なの?携帯電話とか、ネットに繋がった他のデバイスに提供する新しいデジタル・エンターテイメントの方が面白いんじゃない?」

Apps

 「Microsoft Office って進化し続ける必要があるの?それよりも、サイボウズやSalesforce.com が提供しているウェブ・アプリケーションを AJAX の技術でも使って進化させた方がよっぽど役に立つんじゃない?」

 ちなみに、この本の唯一の欠点は、大きな会社でこの本を社員に配ると、私の様に辞めてしまう人が出る可能性だ。大企業の経営者は、そのリスクを覚悟した上で社員に読ませる必要があるかも知れない。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d834597fbf69e2

Listed below are links to weblogs that reference 図解、イノベーションのジレンマ:

» [IT]わかりやすい、、、 from for Your Information
IT業界でビジネスをしている限り、大きな会社にいようと、小さなベンチャー企業にいようと、この本に書いてあることを日々意識しながら仕事をするかどうかは大きな違いを生むはずだ。 [http://satoshi.blogs.com/life/2005/11/post_2.html:title] 読んでみます ─。 ISBN:4798100234:detail ... [Read More]

» Web0.1 from nashilog
昨今Web2.0(注1)が大流行ですが、これは単にWeb1.0を経験してきた人たちにとってだけのイノベーションなのではないだろうか、と考えた。ITリテラシーのない人々、たとえば検索サイトをYahoo!しか知らないような人々にとって、Web2.0と呼ばれるテクノロジーやサービス(WikiでもブログでもRSSでもいいけど)は、果たして彼らにとってユーザフレンドリーなものだろうか? Googleでの検索が難しくて使えない人が、世の中のどれだけいるのだろう。知りたい情報に対して適切なキーワードを考えて... [Read More]

» [ゲーム][創作]ゲームのイノベーションのジレンマ from 全き心の鏡
 [http://satoshi.blogs.com/life/2005/11/post_2.html:title=図解、イノベーションのジレンマ]([http://satoshi.blogs.com/life/:title=Life is beautiful])  これはわかりやすい。今の金のかかったゲームがつまらなく感じてたまに新しいフリーゲームを漁る方がよっぽど面白いと感じる理由もこれだと思う。要するに  どんなに素晴らしいグラフィックもサウンドも人間が動的に生み出す情報に面白さで勝てる... [Read More]

» 技術者@就活イベントスタッフ from 起業家、SE、Webデザイナー、弁理士を目指しつつの大学生のアレ
お久しぶりです。 基本的にまとまった文章を書くのが嫌いなので。 今日は就活セミナーとその後の交流会のスタッフした。 http://www.91922.com/2007/event/p7_event_entry01.html「人気業界就職セミナー」 http://blog.livedoor.jp/maji1118/「本気会」 まあ結果はど....... [Read More]

» 図解、イノベーションのジレンマ from chakuro.com-ガンプラ日記にょ
Life is beautifulさん 本文中に、“声がでかいパワーユーザーの声ばかり聞こえてくるために”とあります。 強弁家の声が、本当のニーズを見えにくくしてしまうのは、 どの業界にも多々あることですな…身を引き締めませんと。 ※TB失礼いたします。... [Read More]

» 図解、イノベーションのジレンマ from chakuro.com-ガンプラ日記にょ
Life is beautifulさん 本文中に、“声がでかいパワーユーザーの声ばかり聞こえてくるために”とあります。 強弁家の声が、本当のニーズを見えにくくしてしまうのは、 どの業界にも多々あることですな…身を引き締めませんと。 ※TB失礼いたします。... [Read More]

» イノベーションのジレンマ from SOBLOG
図解、イノベーションのジレンマ(Life is beautiful) イノベーションのジレンマが図と例図付きで解説されています。 BD、HD DVDや、PS3、Xbox360については自分も全く同じようなことを感じていたので思わず書いちゃいました。 そして「Revolution」の位置も。 まぁRevolutionについては、まだまだ未知数で、どうなるかわからないので結果次第。 それにあの図に入れるのは難しいとも思います... [Read More]

» スカイプとイノベーションのジレンマ from Raison d'etre
アメリカのネットワーク製品メーカーNetgearとインターネット電話プロバイダS... [Read More]

» スカイプとイノベーションのジレンマ from Raison d'etre
アメリカのネットワーク製品メーカーNetgearとインターネット電話プロバイダS... [Read More]

» クレイトン・クリステンセン「イノベーションのジレンマ」 from 幻覚ギター
こちらをみて知った本。本書のテーマである、破壊的技術への対応が顧客の声をよくきく [Read More]

» 破壊的イノベーションがいよいよ来たか?―― サムスン電子32GBのフラッシュメモリドライブ発表 from The Neppoh Times ++news熱風ch
「イノベーションのジレンマ」の中で著者のクレイトン・クリステンセン先生は「ディスクドライブ業界の次の破壊的イノベーションは、フラッシュメモリかもしれない」と書かれていたので、このニュースをみて「おお!いよいよ来たか!」と思ったわけです。 容量は32GBでHDDの代替になりうる能力は充分ある。 高静粛性、低消費電力。 価格が高いことだけが、劣っている点ですが、充分戦えるのでは。... [Read More]

» イノベーション from パンデイロ惑星 (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Life is beautiful: 図解、イノベーションのジレンマ 私がマイクロソフトをやめるキッカケを作ったのが、「イノベーションのジレンマ」という本だ http://satoshi.blogs.com/life/2005/11/post_2.html [Read More]

» [考え]テレビゲームにおけるジレンマ from かえるの開発工房
世の中ではE3といってゲームの見本市のようなものが開かれている。ゲームはもうあまりやらないが非常に興味深いものがあったので書いてみる。 PS3 SCEのスタッフに問いたい -「あなたはPS3を発売日に買いますか?」 リンク先は見なくてもいい。要するに6万えんだそうだ。方... [Read More]

» MMOとイノベーションのジレンマと携帯ゲーム from 嘆きのマリモ
MMOとイノベーションのジレンマ [Read More]

» キャズムとイノベーションのジレンマの狭間で from 起業家・Webデザイナー・SE→CIOを目指しつつの大学生のアレ
俺も人の子、ちょっと考察。 キャズムという言葉をご存知か? 萌え単語などではない... [Read More]

» キャズムとイノベーションのジレンマの狭間で from 起業家・Webデザイナー・SE→CIOを目指しつつの大学生のアレ
俺も人の子、ちょっと考察。 キャズムという言葉をご存知か? 萌え単語などではない... [Read More]

» 『図解、イノベーションのジレンマ』 from Weave Rug
[2006-05-08-1] で紹介した『イノベーションのジレンマ』を手短に説明しているブログです.音楽,ゲーム,PC ソフトウェアを例にした,イノベーションの可能性を示してくれているあたりは参考になります.... [Read More]

» Google Office が Microsoft に勝てる理由 from 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル
 GoogleがWritelyの買収に続いて、表計算アプリをウェブ・サービスとし... [Read More]

» イノベーションのジレンマ from FRONT-出版社IT担当のしごとメモ
http://satoshi.blogs.com/life/2005/11/post_2.htmlLife is beautiful: 図解、イノベーションのジレンマ 「IT業界でビジネスをしている限り、大きな会社にいようと、小さなベンチャー企業にいようと、この本に書いてあることを日々意識しながら仕事をするかどうかは大... [Read More]

» イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき from 人生と経済の読書メモ
きわめて変化の早いハードディスク業界の観察 14インチ メインフレーム 8インチ ミニコン 5.25インチ デスクトップパソコン 3.5インチ ポータブルパソコン 2.5インチ ノートパソコン 重要なことは、2世代以上を生き残ったメーカーはないということ。なぜ... [Read More]

» 任天堂 Wii の設計は Apple 的? from Travellers Tales
タイトルは、後藤弘茂のWeekly海外ニュースの岩田社長インタビューを読んでて、ふと思ったことです。 【岩田氏】 そうです。ただ、最初に私がDVDケースを持ち出して、この大きさに入れましょう(Wi...... [Read More]

» 任天堂 Wii の設計は Apple 的? from Travellers Tales
タイトルは、後藤弘茂のWeekly海外ニュースの岩田社長インタビューを読んでて、ふと思ったことです。 【岩田氏】 そうです。ただ、最初に私がDVDケースを持ち出して、この大きさに入れましょう(Wi...... [Read More]

» [Web] イノベーションのジレンマ from 嗚呼、素晴しきプログラマー生活
CNET Japanでも記事(ブログ)を書かれているUIEvolutionの中島聡さんのブログ(Life is Beatiful)が非常に面白い!とうか勉強になります。会社にいて様々な商品を見たり、ユーザの要求していること、世の中の動向なんかを見てると、漠然と”売れる商品、ユーザに期待されている... [Read More]

» 個人の中のイノベーションのジレンマ from kiyoka日記
前回の続きで イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき(クレイトン・クリステンセン/玉田 俊平太/伊豆原 弓)の応用編です。 これを読んでいて、これは個人の中にも同様のジレンマが存在するのでは無いかと思うようになったので書いておきます。 うまくまとめられるか自信がありませんが。 『優秀な人が、なぜ突然破壊的技術が必要なプロジェクトにおいて、その優秀さ故、見当違いのデザインを�... [Read More]

» [Book] イノベーションのジレンマ from 脱・下流エンジニア (仮)
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき 作者: クレイトン・クリステンセン, 玉田俊平太, 伊豆原弓 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2001/07 メディア: 単行本 噂どおりのスゴ本でした。序章から衝撃的な文章で始まります。 優良経営企業の場合、すぐれ... [Read More]

» 「全業界がVistaに失望している」とAcer社長 from 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル
開発者としての立場から言えば「Microsoftが出してくる新しいOSなんかよりは、Googleが出してくる新しいWeb Serviceの方がずっと面白い」というのが私の正直な気持ちだが、パソコンを購入している一般消費者に関しても「Vistaマシンが欲しい!」という気持ちを盛り立てることはできなかったようだ。... [Read More]

» 『モバゲータウンがすごい理由』 from 東京錦糸町の質屋『亀屋質店』:トミーのブログ
最近、色々な人と話していると「インターネット接続はPCを使わずに携帯電話を使う [Read More]

» イノベーションのジレンマ from 青春B■青酸カリ カラメルシロップ味
ある物事だけをひたすらに追求し続けると、他の物事が見えなくなる……。 欲しかった... [Read More]

» イノベーションのジレンマ from スーパーエンジニアへの道
イノベーションのジレンマとは、優れた特色を持つ商品を売る巨大企業が、その特色を改良する事のみに目を奪われ、顧客の別の需要に目が届かず、その商品より劣るが新たな特色を持つ商品を売り出し始めた新興企業の前に力を失う理由を説明したマーケティングの理論。ハーバード・ビジネス・スクール教授の Clayton Christensen が、1997年の著書『The Innovator's Dilemma: When New Technologies Cause Great Firms to Fail』(邦題:イノ... [Read More]

Comments

とくめーきぼー

うーん。たいへん申し訳ないですが、イノベーションのジレンマというコンセプトに対する態度としては、賛同しかねます。
以下、例を挙げてその理由を説明します。

●たとえば、OfficeとAJAXの例で
Officeの.NET化の速度と、サイボウズのAJAX化の速度と、マーケティング次第のような気がいたします。ILのAppletがキーになる可能性もある。AJAXはあくまで、不特定多数のコンシューマ向きで威力を発揮する。企業向けのギョームなシステムだったら、クライアントにIEを前提としても成立しうるので、AJAXと同等以上のことを、ILのアプレットの方が、より高い生産性と保守性で実現できるようになっていく可能性もある。CLRなんて、JVMとほとんど同じだし、開発人員確保もAJAXに比べて困難ということもない。究極的には、開発・保守コストの差異が、MSへの税金を上回るかどうか、という議論。JavaやLinuxの躍進のおかげで、MSも大増税はしにくいだろうし。。。。というような議論に、イノベーションのジレンマを持ち出すと、どうしても見方がAJAX側(=新しい潮流に感じられる技術サイド)に根拠レスに偏ってしまって、現実を見誤りがちで、かえって危険。新しい潮流に感じられる技術が勝つ場合も負ける場合もあり、どちらが勝つかは、ケースバイケース。イノベーションのジレンマは、新しい潮流のように感じられる技術が勝ったケースだけを寄せ集めて証拠としているだけで、同じように、新しい潮流のように見える技術が破れ去った例だけ集めれば(一時期の人工知能ブームとか中世の錬金術とか金が合成できうるのかどうかの判断はその時点ではつかないようなケースの方がむしろ多いのだから)、まったく逆の理論ができあがる。こんなこと言っていると、Web1.0とかレッテルを貼られてしまいそうなので、匿名で投稿しますけど(笑)。
●ケータイゲームと専用ゲーム端末
これは、しばらくは棲み分けできる部分が大きすぎるので(部材の進化ロードマップとユーザ訴求ポイントやユースケースの絡みで)、しばらくは両方とも進化していくと思いますけど。特殊ケースですが、イラク戦争の従軍兵士の取材で、GBがとても普及しているのには笑いました。
●Bluerayとネット端末
たしかに、Bluerayは、VCRやDVDよりもニッチな市場になってしまうでしょうね。しかし、それは担当者たちも十分わかっていると思いますよ。マジョリティー向けコモディティーというより、こだわりのホームシアターっぽくなっちゃう。少なくともしばらくは。むしろ、マジョリティー向けとしては、昔からあるHDDの方が、有望。しばらくは、必ずしも、ネットでコンテンツを配信しなくてもいいと思いますけど。CATVやフツーの地上派をHDDに録画するのでも十分。

。。。とこういう風に、現実のマーケットは個別具体的な議論をするだけでかなり十分で、イノベーションのジレンマという過度に抽象的なコンセプトを通して現実を見ると、かえってケースバイケースの重要なポイントがぼやけてしまい、弊害の方が大きいと感じましたです。

ぼくのまわりでイノベーションのジレンマを語る人たちだけなのかもしれませんが、現実的にはこの理論が効果を発揮するケースはそんなに多くないにもかかわらず、彼らは世の中がそうであってほしいという希望的観測がまず先立ってしまっているように感じます。自分が感じている、どことない閉塞感を破ってくれる救世主的な屁理屈は、太古の昔から詐欺師の常套手段。ジーザスさんと同じ手口ですね。いや、ジーザスさんほどイノベーティブではないので、比較したらイエスさまに失礼ですが。彼は人類史上空前絶後の、それこそ人類史を一部創り出したほどのとてつもなく偉大な詐欺師ですから。

snowbees

http://www.asahi.com/digital/av/TKY200511090381.html
次世代半導体・45ナノは、開発費が5000億円で、新規の材料開発を含めると約1兆円であるので、事業・企業再編がいずれ必至と。

satoshi

 原則として、完全に匿名の人のコメントには返事を出さないのですが、一応丁寧に書いていただいたので私なりの回答を。

 おっしゃる通り、このてのセオリーをやみくもに信じるのは正しくないですね。セオリーは「考察のための道具」として用いるべきであり、それが全てのものにあてはまるものではありません。ここに挙げた三つは、どれも私がセオリーは抜きにしても「これ以上進化させてどうするの?」と日ごろから疑問に思っていることで、「それらに対してこのセオリーを当てはめたら、破壊的テクノロジーに相当するのは何だろう」と思考実験をしているわけです。もちろん、それで未来の予測ができるわけではないのですが、この本のすばらしいところは、こういう思考実験のための道具を与えてくれるところですね。もちろん、道具にすぎないので、どう使いこなすかは読者しだいですが。

satoshi

snowbeeさん、いつものニュースクリップありがとうございます。半導体業界の人によると、65ナノのテクノロジーですらまだまだ課題は沢山あり、量産体制を整えるには時間がかかるそうです。そうなると65ナノの工場に投資した資金の回収にも時間がかかるので、資金力のない半導体会社にとっては50ナノどころではないのでしょうね。NECエレのように一度業績が悪くなってしまうと、どこかとくっつかざるをえないのでしょうね。

tackster

"distruptive" = "disruptive" or "distructive"?

satoshi

disruptive のタイポでした^^;

nurui

匿名の方のコメントについて:

両者おっしゃっていることは的を得ていると思いますが、結局は現在X軸のどの時点にいるかの問題だと思われます。
またむこう2年のフレームでおっしゃっているのであれば、匿名さんのほうがより現実的ですが、5年フレームで考えればやはりsnowbeesさんの方向へ向かうと思います。

私の5年前を思い出してみますと、まだパソコンは電話回線接続で、「ピープルプル...」という信号音を聞きながらメールのやり取りと企業の宣伝ページを見るぐらいにしか使用していませんでした。(笑)すごいと思っていたのがホットメールが無料でメールアカウントくれたのとICQで世界の人とチャットできたことのみ。

shikito

はじめまして。
興味深い投稿が多くたまに来て楽しませてもらっています。上記のような話に加わるには及びませんが、リンク貼らせていただきました。事後承諾で申し訳ありません。問題がありましたら言ってください。

Zko

大変興味深く読ませていただきました。
ありがとうございます。
先にも書きましたが、この手の仕様書はすべて自動化してみたらもっと技術者は幸せになるかなと思います。
何かの参考に。

●ドキュメント自動生成ツール【A HotDocument】
http://www.hotdocument.net/
http://www.hotdocument.net/studio/studio20.html

Zko

●関連サイトも書いておきますね。
http://www.hotdocument.jp/
http://www.hotdocument.net/main/about.html
http://www.hotdocument.net/gallery/index.html

Zko

●関連サイトその2
http://document-csharp.com/
http://document-cpp.com/
http://document-java.com/

Zko

●関連サイトその3
http://document-vb.com/
http://document-access.com/
http://document-excel.com/

leo3

真空管のことを研究していても、メモリチップに行き着かないのと同じでしょうか(この程度の理解ですみません)?
ネットサービスを目指す自分としては大変、分かりやすいお話でした。
ありがとうございました。

fujiyo ishiguro

ネットイヤーグループという会社の代表をしています。友人のすすめでブログを初めて拝見しました。インサイトにあふれる記述、楽しく読ませてもらっています。大いに賛同するところ多く、参考にさせていただきたく存じます。頑張ってください。

kazuaki shiraishi

図解が興味を引きました。
本を買ってみます

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.