Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 布石と世界観の話 | Main | UIEngine で AJAX な RPG ゲーム »

「サーチエンジン最適化遊び」のススメ

060409_095432  先日の「なぜブログを書くの?」というエントリーにも通じる話だが、「ブログを書く」という行動は、私にとって究極のエンターテイメントにもなりつつある今日このごろである。

 私は昔からあまり「人為的に作られた楽しみ」があまり好きではない。「このアイテムを取得して、経験地をあげて、こうしてこうすれば勝てる」みたいにレールにはまった遊び方をしなければならないゲームよりも、ルールは単純だけれども奥が深い囲碁だとかサメガメのようなゲームの方が好きなのは、そのあたりに理由があるのだろう。

 そんな私にピッタリなのが、「サーチエンジン最適化遊び」。ルールは単純だ。

【ルール】 まず、多くの人がググりそうな単語を選び、SEOを駆使して検索結果の上位に入ることを目指したエントリーを書く。ただし、エントリーの内容はあえてその単語でググって来る人の期待するものとは違うものにしなければならない。

 この遊びを思いついたのは、ずいぶん前の「恐竜絶滅の謎の答えは経堂にあり」というラーメン屋に関するエントリーを書いた時。「恐竜、絶滅」などのキーワードでググってそのエントリーにたどり着く人たちが沢山いるのだ。「恐竜の絶滅」に関してまじめなレポートを書こうとしている人が、恐竜の絶滅とは全く関係のない私のうんちくを読むハメになっていると想像しただけで楽しい。

 ここまで書いたところで、気がついた人もいるとは思うが、先日の「なぜFカップを持つグラビアアイドルが最近増えたのかに関する一考察」は、これを狙った私の確信犯的なイタズラである。一週間後の現時点で、「Fカップ、グラビアアイドル」でググると四位(参照)、「Fカップ」だけでも九位(参照)である。サーチ結果を見ていただければ分かるが、敵は商売でSEOをしているサイトばかりなので、ベストテン入りは十分に満足できる結果だ。

 「サーチエンジン最適化」の話題を良く目にすることがあるが、実際にこんな遊びを通して学べることも沢山あるので、SEOに興味のある方には、ぜひとも試していただきたい遊びである。

【追記】 あらかじめ白状しておくが、このエントリーそのものが「サーチエンジン最適化」という単語でググって上位に来ることを狙った遊びである。結果は約一週間後に発表する。Stay tuned!

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d8345b72f169e2

Listed below are links to weblogs that reference 「サーチエンジン最適化遊び」のススメ:

» 節税2.0。 from Junnama Online
今年の2月くらいからGoogleのAdSense広告を貼付けているわけだが、 最 [Read More]

» 検索エンジンが課す「ニュースヘッドライン」の制約 from 渡辺隆広のサーチエンジン情報館
SEOを意識した結果、ニュースヘッドラインのクリエイティビティが損なわれている。しかし検索エンジンが人々のナビゲーションを支配する今日、それを無視するわけにもいかないのだ。 [Read More]

» 「検索エンジン最適化」とは丁寧に書くこと from Over 40
「サーチエンジン最適化遊び」のススメを読んで思い出したのでメモっておく。 まず「検索エンジン最適化」のためには仕込みがいる。仕込みと言ったってSEOのようなうさんくさいテクではなくて、いたっ...... [Read More]

» 宮本茂、そして手ぬぐい from SEOのヒント
私が初めて「検索されるタイトルをつけよう」と思ったのはヤフオクに何かを出品しよう... [Read More]

Comments

幸之介

こんにちは。SEO評論家(?)の幸之介です。
http://www.goggoru.info/

> このエントリーそのものが「サーチエンジン最適化」という単語で

その激戦区キーワードをMTのエントリ(とgeekな読者)一本で闘うのはかなり厳しい気がしますが、結果が実に楽しみです!
geek諸氏の応援リンクが相次げば、ひょっとするかも…。(笑)

satoshi

SEOコンテストなんて楽しそうですね。次はチャレンジしようかな…

課長007(ディープ・スマート)

こんにちわ。
私は自分のブログを伝える時、「『日比谷花壇 決算書』でググると1位」と伝えています。(笑)
でもそろそろ、リファラ追っかけるのも面倒くさくなってきました。

ぐぐる

人気ブログは検索に引っかかりやすいので本当の情報を求める大多数にとってこのような行為は迷惑な気がしますね。

satoshi

>人気ブログは検索に引っかかりやすいので本当の情報を求める大多数にとってこのような行為は迷惑な気がしますね。

叱られた~~;。やはりイタズラはこっそりとしないと…

karate

ご無沙汰です。(滝川クリステルジェネレータの)山口です。
SEOコンテスト、2004年の後半に日本でもありましたね・・僕も参加してました。なんか20位くらいで賞品ももらったような・・。HTMLの最適化もさることながら、結局は「トラックバック合戦」によっていかに該当キーワードで自サイトへのバックリンクを増やすかに血道をあげる戦いになっていて、いろいろ考えるところが多かった記憶があります。


SEOによるカネ目当てじゃなくて、純粋に知的興味からの参加を促すには、主催側がいろいろレギュレーションを設けてあげないとダメかもしれませんね・・・。

satoshi

 「トラックバック合戦」はよくありませんよね。本当のSPAMです。トラックバックとかを一切せずに、ブログエントリーの内容だけで上位を狙う、というところにミソがあると思っています。

こじま

>「恐竜の絶滅」に関してまじめなレポートを書こうとしている人が、恐竜の絶滅とは全く関係のない私のうんちくを読むハメになっていると想像しただけで楽しい。

意図的に検索結果にゴミを混ぜようというのが動機ですよね。なんだか、気分はよくないですね。ひとの時間を無駄にするのが目的なところが、わたしの感覚ではちょっといやな感じですね。

トラックバック合戦によるSPAMに比べると手法が洗練されているだけで、動機の褒められなさは似たようなものな気もするのですが、自信はありません。

こんなことをやるべきではない! とは、ブログに書くテキストだけでやっている以上、とてもいえないのですが。

satoshi

>意図的に検索結果にゴミを混ぜようというのが動機ですよね。なんだか、気分はよくないですね。ひとの時間を無駄にするのが目的なところが、わたしの感覚ではちょっといやな感じですね。

 「ただのゴミ」では読んでもらえないのでダメですよね。それなりに読む価値があるエントリーで、通りがかった人が、つい喜んで読んでしまうようなエントリーじゃなくてはだめだと思います。

 そもそも「人の時間を無駄にするのが良くない」と言われてしまうと、どんなイタズラもできなくなってしまいます。そう考える人がいるのも分かりますが、私はいつまでたってもこんなイタズラが好きな性分なので…。

頭

>「ただのゴミ」では読んでもらえないのでダメですよね。それなりに読む価値があるエントリーで、通りがかった人が、つい喜んで読んでしまうようなエントリーじゃなくてはだめだと思います。

なんというか、死語になりつつある「ネットサーフィン」という単語と、目的の情報を一発で探すことは出来ないweb黎明期の面白さを思い出しました。

バーゲンを目当てに来た客が結局値引きのない新製品を買ってしまうというのは、そんなに悪いことじゃないと思います。

Max

すげ~ オモシレ~
俺もやってみるか?

でも引っかかった人は次に訪問してくれなくなるかも??

課長007

ご無沙汰しております。
ひょんなことで思い出した「日比谷花壇 決算書」、MSNではこのページが1位。
ちなみに「サーチエンジン最適化」はGoogleで3位。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.