JavaOne 2006
トイレ進化論、本当の大変化はこれから始まる!?

デジタル・レコーディング・システム設置プロジェクト

Studio ひょんなことから、我が家に音楽のデジタル・レコーディング用のシステムを設置することになったので、ハードとソフトの選定中。こと音楽関係になると全くのドシロウトなので色々と勉強しながらの作業である。

 とりあえず理解したのは、市販のパソコンに内蔵されているサウンドカードは音楽の録音には適さないということ(マイクからの信号を増幅するプリアンプの性能が重要らしい)。特にドラムセットの音をマルチトラックで録音するには、少なくとも3つ以上のマイクからの音を同時に録音が可能なサウンド・インターフェイスを入手しなければならないらしい。

 色々と調査をした結果、現時点での候補は以下の通り。

パソコン:iMac (もちろんIntel Core Duo)
サウンド・インターフェイス:PreSonus FirePod (FireWire接続)
編集ソフト: GarageBand (iMacに付属)

 iMacなのは単なる私の好み。サウンド・デバイスは近所のギター・センターの赤い髪をトサカの様に立てた店員のお勧め。インターフェイスはUSBよりもFireWireの方が良いという彼の言葉を信じることにする。音楽の編集はFirePodにCuBase LEというソフトが付いて来るのだが、Intel版のiMacはまだサポートしていないとのことなので、そこはMacに付属してくるGarageBandでよかろうという甘い考え。

 Intel版のiMacとFirePodの組み合わせは、まだ実績も少ないようなので、何とも言えない不安があるのだが、その不安だけで、Windowsマシンにしたり、IntelでないiMacにするのはあまりにも惜しい。ネットを調べた限りではFireWireで繋がるサウンド・デバイスはドライバーは不要ということなので、何とかなるのでは、と楽観的に考えている。

 近いうちにこの設備を整える予定なので、もし音楽のデジタル録音に詳しい人で、私の間違いや勘違いに気がついた方や、他のもっとお勧めの構成を知っている方がおられたら、ぜひともご指摘いただけるとありがたい。特にIntel 版のMacにFireWireのサウンド・インターフェイスを繋いだ方の失敗例・成功例などの体験談は大歓迎である。

Comments

YUASA

こんにちは。音楽制作をしている者です。いつも楽しく読ませて頂いております。

intel MAC対応で、かつ8chのプリアンプ内蔵のオーディオインターフェイスとなると、まだまだ数が少ないようですね。

ホームレコーディングの現場では、RME社製とMOTU社製のものがかなりのシェアを持っています。
これは音質とドライバの安定性、操作性による所だと思います。
(特にMOTUは早くからFirewireデバイスを扱っていました。)
とはいえ、8chプリアンプ内蔵となると難しいですかね。

PreSonus製品のドライバソフトは少し複雑だった印象があります。

対応状況など詳しくは分からないのですが、少しでも参考になれば幸いです。

それにしてもホームレコーディングでドラム録音とは!すばらしいですね!楽しんでください!^^

夏モード

こんにちは。まず気になったんですけど、録音の目的と利用用途はなんでしょうか?
ドラムの録音を検討しているということなので、音楽用全般ということで話を進めていきます。

まずはじめに、現在の環境でできることを試してみて欲しいです。
例えば、今もっているPC、Macと、ACID XPress (GarageBandのような音楽編集ソフトの先駆者の体験版 "http://www.hookup.co.jp/software/acidxpress/" )やSoundEngine (日本でメジャーな音声編集フリーソフト "http://www.cycleof5th.com/" )を利用すれば、それなりの録音と編集ができるはずです。
一度録音を体験すれば、よりよい環境検討を行えると思います。

次に、外部で録音する機会の有無を確認してください。
例えばライブの録音や、他の人の家でピアノを録音するならノートブックが便利です(性能は落ちますが……)。
逆に自宅でしか録音しない、外部で録音する必要がある場合はそこに別の録音環境があるなら、デスクトップタイプで問題ないです。
この場合、iMacだと考慮できないかもしれませんが、ファン等の騒音が小さいものを選ぶとよいと思います。
例えばドラムでも、音量の小さな演奏を行う場合にはコンピュータ周りの騒音が無視できなくなる場合があります。

それから編集ソフトはGarageBandで考えているようですが、ドラムの演奏を複数のマイクで録音するのであれば、いずれはLogicやCubaseを購入することを検討しておいたほうがいいと思います。
というのは、ドラムの演奏を複数のマイクで録音すると、演奏音がそれぞれのマイクに到達するまでの時間にずれが生じるため、それを編集ソフトなどで修正する必要があります。
GarageBandを使ったことが無いので確信はもてませんが、少なくともGarageBandに近いACIDとCubaseでは、Cubaseのほうがずれを細かく修正できます。
とはいえ、ホビーユースであれば気にしなくてもよいところもありますので、これは実際に録音をはじめてから考えても問題ないと思います。

最後に、相性の問題は残念ながらわかりません(^^;
WindowsかMacかということであれば、身近にいる卓録に詳しい人に合わせると便利だとか、ソフトウェアシンセサイザーを使うのであればWindowsのほうが充実しているとかありますが、きっとiMacを使いたいでしょうから静かにしておきますw

satoshi

Yuasaさん、ありがとうございます。RME社製とMOTU社製ですか、MOTUのものは少し検討したのですが再度検討してみます。確か2chのものが良く売れている様に思います。歌とギターぐらいなら2chでもかまわないのですが、ドラムが入るとやはり2chでは不足で、そうなるとmixerを間にかませるか、8chのものにするか、の選択を迫られるようですね。

夏モードさん、一応最低限の録音はWindowsパソコンでやってみたのですが、あまりにも音質が悪いので、サウンド・インターフェイスの購入を検討しています。それに加え、そのWindowsパソコンはビデオサーバー役なので、専用のパソコンをもう一台買おうという計画です。確かにMacにしなければならない理由はないのですが…。

夏モード

サウンドインターフェイスですけど、音質はFireWireで接続するようなものであれば通常満足できるものだと思います。
使ったことは無いので確信はできませんが、上でYuasaさんが触れていたMOTU社は、Digital PerformerというMac向けのソフトを昔から作っているので、Macとの相性がよいんじゃないかという気がします。
個人的にはM-Audioの製品は値段に対して音質がよいという評判を聞いているので気になるところです。

FireWireではないのですが、私が使ってきたオーディオインターフェイスだとE-MUのものは動作に問題も無く満足しています。

MacとWindowsですけど、録音であれば極端なマシンパワーは必要にならないと思うのでどちらでも問題ないと思います。ビデオサーバと録音用のパソコンを分けるのはお勧めなので、録音用のパソコンを購入するならOSは好みで選んで大丈夫だと思います。

satoshi

MOTUのUltraLite Firewire Audio Interfaceが良い感じですね。大きさも良いし、ちゃんとIntel Macもサポートしているようですし。

http://www.amazon.com/gp/product/B000EYURZK/qid=1147875588/sr=8-1/ref=pd_bbs_1/104-7147020-6647105?%5Fencoding=UTF8&v=glance&n=11091801

しかし残念なことにマイク用プリアンプが付いているのは2つだけ。ホーム・レコーディングにはこれでも十分なのかも知れないのですが、「ドラムをちゃんと録音するにはマイクが少なくとも3つ必要」という知り合いからの指摘が呪文の様に頭に響いてなやんでいます。うーん、どうしようか。

夏モード

UltraLite良さそうですね!ただプリアンプが2個だとドラム録りは厳しいですが……
ドラムのマイキングについては "http://ottotto.com/sound/02/drums.htm" に詳しく書いてありますが、知人のおっしゃる通り少なくともバスドラム、スネア、その他全体の3つには分けないと、他の楽器の音と混ぜるときにバランスを取りづらくなると思います。
バンド演奏の全体音をそのまま録音するのであればマイク2つでもなんとかなると思いますが、楽器ごとにバラ録りして加工したりミックスしたりするのであれば妥協しないほうがいいんじゃないでしょうか。

YUASA

少し調べてみましたが、やはりこのPreSonusの製品は価格的にもスペック的にも一歩抜き出てますね。
ベストチョイスかもしれません^^

もし音質的に欲が出てきたらMOTUの896HDなどにグレードアップすれば良いと思います。
http://www.musetex.co.jp/products/motu/896HD/
(もしくはプリアンプを単独で用意するなど。ただ、そこまで行くとキリがありません^^;)

ポイントは、いくら高価なインターフェイスを使ってもそのままではCDの音にはならないということです。
世の中に出ている音楽はCDになるまでに様々な行程を経ています。
(録った全ての音はイコライザー>コンプレッサー>リミッター>空間エフェクトなどを経て、定位、バランスを取り、さらにマスタリングをしてCDになります)
おそらくPC内蔵のインターフェイスで録音しても、その後適切な行程を経ていけばそれなりに良い音に仕上がると思われます。

なのでとりあえずスペック的に条件を満たしているPreSonusで色々と録ってみると良いと思います^^

こんな本もお薦めです。
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/onkyo_data/02217307.htm

ちなみに、最初から「ビートルズみたいなサウンドにしたい!」とか、曲の方向性が見えている時は、マイク2〜3本でドラムを録ってしまうことも希にあります^^

hamasta

こんにちは。録音というより再生側ですが、スピーカーでオススメなのが
タイムドメインという製品です。
http://www.timedomain.co.jp/
2万円の製品を持っていますが、音がとてもいいので驚きです。
量販店の店頭で比較していたら、他のものと全く音が違ったので衝動買いしました。。
こんな記事もありますよ。
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp;jsessionid=C0355F78428C7A3929B04F5BB903E9EC?p=000725&f=sn_knrn&__m=1145153721881-8633493217719276700&Try=Y

かわうそ

リンクされているPreSonus FirePodのページ拝見しましたがソフトをUniversal Binaryで用意しているようですのでIntel Macでもまず問題無いでしょうね。
快適なレコーディング環境が出来上がると思いますので、作品が録れましたらまたぜひサイトにアップお願いします。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)