Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 言葉遊び: 「ゴーグル」と10回言ってもらってから質問してみよう | Main | サンフランシスコ »

見たい番組の存在は『放送後』に知ることが多い、だからYouTube

 ここのところ、YouTubeのお世話になることが多い。日本のマンションに置いてあるSharpのガリレオに予約録画しておいた日本の番組をネット経由で視聴することが出来るとは言え、テレビガイドとにらめっこをしながら「どの番組を予約しようか」と時間を費やすほどのテレビ好きではない。そもそも、あらかじめ見たい番組を知っているケースはごくまれで、知り合いやブログを通して「こんなおもしろい番組をやっていた」という情報を『放送後』に得る場合がほとんどである。

 そんな時に役に立つのがYouTube。今週だけでも、「ハルヒの最終回」が放映されたことを人気ブックマークで、「サラリーマンNEO」というNHKらしからぬ面白い番組が放映されていることを知り合いのブログで、「プリンス小林が再びホットドックの早食いチャンピオンになったこと」をこのブログのコメント欄で、それぞれ知った。

 どの情報も『放送後』に入手したために、以前であれば、「おもしろそうな番組を見損なって残念」で終わっていたのが、最近は「とりあえずYouTubeに上がっているかチェックしてみよう」という行動パターンをとる私である。あらかじめ予約などしなくて良い手軽さと、つまらなかった時に失う時間が秒単位であるという効率の良さが、今までだったらテレビサーフィン中に偶然そのチャンネルに出会うことでもしなければ見なかったような番組を見ることを可能にしてくれるのである。

 と、いうことで今日はYouTubeからコンテンツを二つ紹介。まずは、「サラリーマンNEO」から「サラリーマン語講座」。NHKがNHK自身のパロディをしているところが笑える(注:たぶんこのコンテンツは近いうちにNHKからのクレームで消される)。

 そして、プリンス小林の六連覇の映像。去年はぶっちぎりだったが、今年は僅差である。

 まだまだ著作権法だのビジネスモデルに問題を抱えるYouTubeだが、人々のテレビ番組との接し方が、「事前に録画予約などぜずに、話題になった番組の一部もしくは全部を後から見る」というものに変化することがほぼ確実なことを証明してくれている点には大いに注目すべきだ。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d83428f5ee53ef

Listed below are links to weblogs that reference 見たい番組の存在は『放送後』に知ることが多い、だからYouTube:

» Broadcast 2.0 from 404 Blog Not Found
なあんだ、そういうことか。 難しく考えることは、ないんだ。 [Read More]

» [コラム]テレビ局は、放送終了直後からYouTube等で配信すればいいのに from deblog
って前から思ってたんだけど、「見たい番組の存在は『放送後』に知ることが多い、だからYouTube」を読んで、やっぱみんな同じ風に考えてるんだなぁと思った。 単発モノはともかく、連続モノなら最初を見逃したりすると、もう見ようと思わなかったりするじゃない? NHKみたい... [Read More]

» ■YouTube from ■為替 FX システムトレード MetaTrader チャート ハーモニックパターントレーディング
産経の記事 別にこの産経の記事を読まなくても、もはやそれなりのネットユーザならば [Read More]

» 2006-07-09 from ひつまぶし
気がつけばワールドカップ決勝戦、イタリア対フランス。 一瞬どっちがどっちかわからなくなるような、似ている国旗を持つ国の対決となります。 どっちが勝つかな。 [Read More]

» TVとネットの住み分け論 from しあわせのくつ
今日は、「TV vs インターネット」の住み分け論についてです。 連日、YouTubeに関する記事や意見がウェブを賑わしている一方で、次の様なニュースがありました。 by CNET Japan『サッカーファンはテレビに集中?--W杯日本戦最中のネット利用者が減少』  対戦中のウェブ全体... [Read More]

» TVの見方とは from ごんざれふ
しかし想像してみよう。YoutubeかあるいはTV局か誰が行うかは別にして、もしTV放送が時間の制約を持たずに視聴できるとすればどのような楽しみ方があるだろうか。 ひとつはこのブログで述べられている「話題になっている番組を視聴する」というやり方。この「話題になってい..... [Read More]

» YouTubeはテレビを超えることができるか? from 映画プロデュース会社:取締役の妄想日記
YouTubeがテレビを超えることができるかについて、 有名ブロガーの方たちが語られています。 YouTubeがテレビになるなんで10年早い YouTubeがテレビになるのに10年もかからない 両者とも著作権の面、検索などの技術の面などから、 いろい... [Read More]

» プリンス小林6連覇 from Web23
毎年NYCで開かれる、ホットドックの食べ物王者。プリンス小林6連覇 [Read More]

» Google Office が Microsoft に勝てる? from mohno
「Google Office が Microsoft に勝てる理由」(CNet) これはありえない、と思う。Google Office は「よくできて」いるけれど、それは Web アプリケーションの実装として、である。Google... [Read More]

» YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察 from 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル
 「テレビ番組の一部を『個人的体験の共有』のためにアップロードすることぐらい許容範囲」と多くの人が考えるようになったのであれば、著作権法の方をその「常識」に会わせて変更すべきなのではないか、という問いかけ。 [Read More]

» YouTube 問題に見る著作権者と利用者との間の大きなキャズム from Sky's The Limit "CNET Japan EXTRA"
このブログ Sky's The Limit "CNET Extra" では、パー [Read More]

» YouTube 問題に見る著作権者と利用者との間の大きなキャズム from Sky's The Limit "CNET Japan EXTRA"
このブログ Sky's The Limit "CNET Extra" では、パー [Read More]

» YouTubeをすみだタワーの代わりにとかが素でわからない from ここギコ!
最近(といってもピークは1ヶ月近く前だけど)私のリスペクトするブロガー... [Read More]

» 日記/2006-08-14 - KeNji Hyper Special (フリーMIDI素材曲、着メロ) from PukiWiki/TrackBack 0.1
見たい番組の存在は『放送後』に知ることが多い、だからYouTube † たしかに。学校にいた頃なんかは、自然に注目のテレビ番組情報を入手していたものだが最近は入手できないし、、、 あらかじめ見たい番組を知っているケースはごくまれで、知り合いやブログを通し...... [Read More]

Comments

Maki

Satoshiさん、こんなに為になる「サラリーマン語講座」があったなんて、知りませんでした。凄い、凄すぎる・・・。特に、平然と語っている司会の女性の表情が、より説得力を増しています。『放送後』だからこそ、「共感」「共鳴」できるわけですね。Satoshiさん、今後、様々なライフスタイルで『変化』が起きるかもしれません・・・。いや、もしかすると、創っていかなければいけないのかもしれないと・・・。ありがとうございました。

Baatarism

これで放送後の番組の再視聴に大きな需要があるのは分かったんだから、TV局自身がネットで番組再放映サービスを実施すれば良いんですよね。きっとすぐに人気サイトになるでしょう。
YouTubeの真似なんかするよりもよほど成功するだろうに、何故やろうとしないんでしょうね?それともTV局自身はやりたいんだけど、ジャニー○あたりが反対してるんでしょうか?w

zm_nouveau

なるほど。
著作権も大事だけど、言葉の響きが悪い、と。
そこから目をそらすように、うまみのある部分に目を向けさせるわけなんですね。
そして放送局がyoutubeに乗ってくる。

その次は、日本とEUで独自の「youtube」が政府のプロジェクトとして立ち上がるんでしょうか。小飼さんのブログによると「電波塔2.0」とのことですから、「youtubeによる放送規制に対抗するために」とでも理由がつきそう。

wanwangorogoro

中島さん、いつも勉強になる記事をありがとうございます。wanwangorogoroです。

日本に遠隔予約されているということなんですが、SONYさんの「ロケーションフリー」と「VAIO TypeX」等を使えば、24時間全局1週間分を録画して、かつそれを海外から見るということが簡単にできます。

YouTubeで事足りるケースも多くなってきたと思いますが、こちらはこちらで快適です。
ご存知かと思いますが、参考までに。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.