Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« ついにおいしい焼き鳥の焼き方をマスター | Main | 『通り抜け禁止』で通り抜けが知れ »

CGMサービスの主役はサービスそのものではなく、ユーザーが作ったコンテンツ

Rabbit  少し前のことだが、ある会社にCGMサービスのベータ版に招待された。先方としては、私にこのブログで紹介して欲しかったらしいが、とある理由でまだ紹介していない。今日は、その「とある理由」の解説。

 新しいもの好きの私としては、さっそくユーザー登録をして自分なりのコンテンツ作りをしてみた。サービス自体はけっこう良く出来ており、出来たコンテンツも悪くない。そこで作ったコンテンツをこのブログで公開しようと、Permalinkを抜き出してブログに貼り付けるテストしてみたのだが、それがうまく行かないのだ。ログイン済みのユーザーがそのリンクをたどるとちゃんと私のコンテンツにたどり着くのだが、新規ユーザーがそのリンクをたどると、私の作ったコンテンツではなく、ユーザー登録画面が表示されてしまうのだ。

 その会社としては、できるだけ多くの登録ユーザーを集めようと、そんな設計にしたのかも知れないが、これは私のようなブロガーから見ると致命的な欠陥である。せっかくのCGMサービスにつき物の、バイラルマーケティング効果が台無しになるからである。

 通常のサービス(例えばGoogleサーチ)が「このサービス面白いよ」「このサービス便利だよ」などと『サービス主体』でユーザーからユーザーへと伝播されるのと違い、CGMサービスの伝達は『コンテンツ主体』で伝播されて行くという点に着目すべきである。YouTubeに初めて触れた時のことを思い出して欲しい。「YouTubeっていう面白いサービスがあるよ」と紹介されてYouTubeのホームページを開いてみたのがYouTubeに触れた最初の機会、という人はほとんどいないはずだ。大半の人は、「こんな面白いビデオがあるよ」とブログなどで紹介されているのを発見し、そこで(YouTubeなどというサービスのことは意識せずに)ビデオを見たのがYouTube初体験のはずだ。

 CGMのサービスの成功の鍵は誰が何と言おうとバイラル・マーケティング。そしてそれは、コンテンツを作った一人のユーザーが、どれだけの人数にそのコンテンツを通してそのサービスの面白さや価値を伝えることが出来るか、にかかっている。その係数が1以上であればユーザーの数は増え続けるし、1以下であればすぐ頭打ちになる(日本のの少子化問題と同じである)。

 ゆえに、私のようなアーリー・アダプターが作ったコンテンツを、他の人がいかに簡単に楽しむことができるように設計しておくことがものすごく大切になってくる。せっかくブログにコンテンツへのリンクを張っても、新規ユーザーがそのリンクをたどった時にすぐに見れるようになっていなければダメなのである(すぐ見れなければ、ほとんどのユーザーの意識は他に移ってしまう)。そこでユーザー登録をしなければコンテンツが見れないなど、もってのほかである。

 厳しいことを書いてしまったが、これが私がそのサービスをまだこのブログで紹介していない理由である。そこさえ解決していただければ(つまりワンクリックで私のコンテンツに新規ユーザーがたどりつけるようにしていただければ)、数千人の人に(私の作ったコンテンツを通して)そのサービスを体験していただけるように誘導するエントリーを書くことはいたって簡単である。ユーザー登録が必要な今のままでは、どんなに工夫して紹介したところで私のコンテンツにたどりつけるユーザーは100人にも至らないだろう。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d83460046869e2

Listed below are links to weblogs that reference CGMサービスの主役はサービスそのものではなく、ユーザーが作ったコンテンツ:

» CGM from キーワードさん
[http://satoshi.blogs.com/life/2006/09/cgm.html CGMサービスの主役はサービスそのものではなく、ユーザーが作ったコンテンツ] サービスを提供したいし、パーミッションをあげたい。 サービスプロバイダとユーザーのもとめるコンバージョンに 開きがありるとNG。 サービスを提供する時に考えなけばいけませんというエントリ。 で、CGMなに? hatena :[http://d.hatena.ne.jp/keyword/CGM CGM]  ..... [Read More]

» CGM from キーワードさん
[http://satoshi.blogs.com/life/2006/09/cgm.html CGMサービスの主役はサービスそのものではなく、ユーザーが作ったコンテンツ] サービスを提供したいし、パーミッションをあげたい。 サービスプロバイダとユーザーのもとめるコンバージョンに 開きがありるとNG。 サービスを提供する時に考えなけばいけませんというエントリ。 で、CGMなに? hatena :[http://d.hatena.ne.jp/keyword/CGM CGM]  ..... [Read More]

» CGMサービス from Small birds travel sketch
CGMサービスではユーザの作ったコンテンツが主役 であり、それが閲覧するユーザ側からスムーズに 観られないようではユーザの興味を引くことは難しい といった理由で中島CEOがまだ公開していないコンテンツ というのが非常に気なるのですが Life is beautifulより CGMサービスの主役はサービスそのものではなく、ユーザーが作ったコンテンツ ユーザが作ったコンテンツを ブログなどに貼り付けたリンクから辿っていく場合 いくら面白いコンテンツであっても そのコンテンツを観る前にユーザ登録など... [Read More]

» パーソナライズサービスの問題点 from しあわせのくつ
 いらっしゃいませ。今日はウェブの世界でトレンドとなっているパーソナライズサービス(ログインサービス)の問題点について考えます。 ログインを必要とする要ログインサービスが数年前より明らかに目立つ様になりました。大手ポータルサイトはもちろん、新興のWeb2.0サ... [Read More]

» Web2.0サービスの必須事項!EAOを提唱する from Webコンサル屋始末帳
EAO。 昨日の日曜日、深煎りマンデリンブレンドを飲みながら、再放送のNHKスペシャルでスーパーサウルスに慄きつつ、僕が作った。ぶっちゃけ思いつき。 Early Adaptor Optimization = アー��... [Read More]

Comments

Maki

Satoshiさん、"Innovation(イノベーション)"の波は、CGMの世界にも押し寄せてきているのですね。"Innovation"は技術開発ばかりではなく、その適用分野は社会の様々なビジネスシーンで発生しているのかもしれません。"Globalization 3.0"によって、われわれのライフスタイルは大きく変化していく、いや、すでに変化している・・・・ありがとうございました。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.