Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 映画「硫黄島からの手紙」とイラク戦争と | Main | ブクマコメントに「後で読む」と書かれたら負けだと思っている »

2万行のソフトウェア・プラットフォームは可能か?

Snow_1 CNetのブログに、「UIEngineのデザイン・プリンシプル」というエントリーを書いていたのだが、ちょうど良いタイミングで、アラン・ケイの東大での講演がネットで話題になっていたので、少し反応してみる。

 私の琴線に触れたのは、

…同じことが2万行程度でできるはずである。2万行であれば一冊の本に印刷することができるし、数冊の説明をつければ1人の人間がすべてを理解することができるはずである。我々がNSFからの資金を受けてこれからやろうとしているのは、2万行でOS、グラフィックスシステム、ネットワークシステムからエンドユーザーシステムまですべてを書いたようなシステムを作ることである。

という部分。肥大化してしまったWindowsやInternet Explorerを反面教師にして、全く正反対のデザイン・プリンシプルでUIEngineを作った私としては、講演の会場にいたら「だよね~」と握手を求めていただろうぐらい強くうなずいてしまった(「プリンシプル」の定義に関しては、「プリンシプルのない日本」が良い教科書)。

 念のためにJavaで書かれたiアプリ版のUIEPlayer(UIEngineのクライアント部分)のソースコードの行数を数えてみると、トータルで6273行。悪くない^^。C++で書かれたμ-iTron版、embedded Linux版などのUIEPlayerは、VRAMに直接アクセスしなければならない分もう少し大きいが、それでも2万行は超えない。

 激しい勢いで進歩しているハードウェアに「おんぶにだっこ」で肥大化ばかりしてちゃんとした進化をしていないソフトウェアが本来進化すべき方向は、UIEngineやアラン・ケイのプロジェクトが(アプローチはずいぶん違うようだが)目指している究極まで贅肉を落とした「マイクロ・プラットフォーム」にあるのでは、と考えている今日この頃である。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00d8342d0fde53ef

Listed below are links to weblogs that reference 2万行のソフトウェア・プラットフォームは可能か?:

» ソフトウェアの軽量化 from パンデイロ惑星 (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Life is beautiful: 2万行のソフトウェア・プラットフォームは可能か? ソフトウェアが本来進化すべき方向は、UIEngineやアラン・ケイのプロジェクトが(アプローチはずいぶん違うようだが)目指している究極まで贅肉を落とした「マイクロ・プラットフォーム」に... [Read More]

» 青は藍より出でて藍より青し(2) from KAI_REPORT
NHK美の壷。今回は藍染め。 前回青は藍より出でて藍より青しで取り上げた、あの藍染です。 伝統的な工法で藍染めを手がける、矢野藍秀さん。 矢野 「藍は染まったあとも生きてますから、色がどんどん年をおうごとに落ち着いてきて、もっと色に冴えがでてきて、より色がきれいになっていく。それがほんまの藍ですね。」 普通に考えると、時間が経つにつれ色は褪せていくものだと思うけれど、藍は全く逆です。藍染めした着物の、5年経ったものと20年経過したものと二つを画面で見比べると、5年のほうがどんよりした青であるのに対し... [Read More]

Comments

hide74

まったくもって共感するばかりです。
実は、個人的に、世の中の多くのソースコードは、
「プログラムを作っているのではなくて、バグを作っている」
というのが実態だと常々思っています。

ルパン

同感です。肥大化しすぎてオープンソースなのに誰もコードを
読めない、そんな状態になるような気がします。

余談ですが、大規模コードリーディングで「ひらメソッド」は
有名ですね。500万行のLinuxカーネルもこの方法で読んでいる
人がいます。

eakas

難しい問題を単純化して分かりやすい形で世の中に普及出来ることは才能だと思います。
応援しています!

ringo

Javaの処理系のコードは含まなくてもよいのかな?

kwakita

Alan Kay は OS、プログラミングシステム、GUIすべてを含んで20,000行を目指していますよ。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.