Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« Appleパソコンの米国でのシェアが5.6%に | Main | 映画評: Hairspray »

「英語うんちく」を独立したブログとしてスピンアウト

Eigo  ネットやデバイスのことから、料理・英語・科学うんちくまで、特に脈略もなく好き勝手なことをこのブログで書いている私だが、ここで一つ実験をしてみようと思う。

 英語に関するうんちくを傾けるエントリー(今まで「英語うんちく」というカテゴリーで書いてきたもの)を別立てのブログとして独立させ(会社で言うところのスピンアウトだ)、SEOや広告収入の面で何らかの違いが出るものかを調べてみることにした。

 対象とする読者は、英語を勉強しているもしくはしたいと思っている学生や社会人。出来るだけIT色を消し、エントリーは英語関係のものだけ限定する。

 試しに一つエントリーを書いてから、アマゾンの「おまかせ広告」を貼り付けてみると、ちゃんと英語関係の商品や書籍が表示される。これが、ターゲットを絞ったブログの利点だ。

 飽きっぽい私のことだから、どこまで続けられるか分からないが、とりあえず最初に書いたエントリーが、「イディオム:call a spade a spade」(「IT色を消すと言いながらiPhoneの話題じゃないか」というツッコミは無しで^^;)。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e008dc97e18834

Listed below are links to weblogs that reference 「英語うんちく」を独立したブログとしてスピンアウト:

» Satoshiさんの「英語うんちく」(独立ブログとしてスピンアウト) from pligg.com
(1)UIEvolutionの中島さん(Satoshi Nakajima)が、「英語うんちく」(英語に関するうんちくを傾けるエントリー)を別立てのブログとして独立させた。 (2)中島さんのブログ、「Life is beautiful」は個人ブログとして常にランキング上位を占めている。果たして、SEOや広告収入の面でどのような結果ができるのだろうか、とても気になる点だ。引き続き注目したい。... [Read More]

Comments

Maki

Satoshiさん、日本を理解するには、世界から日本を眺めることのほうが、もしかすると近道であるのかもしれませんね、きっと。ぜひ、「英語うんちく」では、世界記事からの日本紹介なども楽しみにしております。実は、以前になりますが、ひとは「Pull」から「Push」が大きな意味持つ・・・とコメントさせて頂きました。それから約2年以上経ちましたが、常なるベータ版として試しに動かしてみました。名前は、「PrimeTime」(Pt)(http://primetime.jp/)。よろしくお願い致します!

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.