Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« give thumbs-up to ... | Main | 9月からUWのMBAプログラムに参加します »

直感的なUIとhand-eye-cordinationの話

 下のビデオは一歳度児がiPhoneのフォト・アルバムの機能を使っている姿を撮影したものだが、これを見ると「直感的なUI」とは、まさに人間が赤ん坊のうちにマスターする"hand eye cordination(目からフィードバックを受けながら手先を動かして物をコントロールする能力)"に合致したものなのだということが良く分かる。


【追記】参考までに、私が特に好きなUI関連の書物二冊へのリンクを張っておく。特に「誰のためのデザイン」はUIが単なるソフトウェアやウェブ・サイトのUIデザインの問題ではないことに目を開かせてくれる良書だ。

誰のためのデザイン?—認知科学者のデザイン原論
Envision Information

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e00997fb688833

Listed below are links to weblogs that reference 直感的なUIとhand-eye-cordinationの話:

» 赤ん坊でも使えるiPhoneとギークにも使えないW-ZERO3 from アンカテ(Uncategorizable Blog)
狐の王国: どエスとかアドエスとかいうAdvanced/W-ZERO3(es)は誰が殺したのか? Life is beautiful: 直感的なUIとhande-eye-cordinationの話 当然、どちらも私にとっては気になってしょうがないデバイスなんだけど、対照的な報告が上がってきている。 私は、Advancedでない方... [Read More]

» 犬もiPod Touch from 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ
via Digg Diggで見つけたけど、元ネタは日本のMacテクノロジー研究所... [Read More]

» 画面は大丈夫なの? from karari blog
・・・というのが一緒に見ていたヨメの反応w 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: 犬もiPod Touch 肉球でも反応するiPod Touch 記事では、肉球以外にもいろんなものでiPod Touchのタッ... [Read More]

Comments

Maki

『ドリーマーケティング』で著名な北米フェラーリの前CEO ジャン・ルイジ・ロンジノッティ=ブイトーニ氏によると、デザインを評価する時の指標は4つ。(a)「一目惚れ」(b)「五感に訴えかけるデザイン」 (c)「(大きな夢を広げてくれる)進歩」そして、(d)「何となく気配でその気にさせるデザイン」。 iPhoneのUIは、赤ん坊の五感に影響与えるチカラを持っている・・・・?!

yama

満足に目が見えて、指が動かせればね

一部の人が満足すればそれで良いというアップルらしいプロダクツだね。

一部の人とは、アップル社自身なんだけどね。

clear ether

指がちょっとしか動かないような重い障害を持った人がMac OS Xをベースにしたソフトウェアを使ってゲームしたり小説書いたりしてます。

http://www.assistiveware.com/videos.php?video=Mike_Phillips&format=mov

ここまで習熟するには相当の努力をしたと思いますが、それでもコンピュータの可能性を垣間見させてくれました。

モバイルでも、いずれもっともっとUIが進化すればこういったことも可能になるはず!

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.