Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 映画「ゲド戦記」を見てあらためて認識した宮崎駿のすごさ | Main | 日本語うんちく:「そこのコンビニでおでんが売っている」 »

日本語の進化について、一つの実験をしてみる

 年配の人が「最近の若者の言葉はめちゃくちゃだ」と言うのは、言葉が進化しているから。誤用する人が増えて来て、多くの人に通じるようになれば、りっぱな日本語だ。その過程で年配の人が「わかもの言葉」に違和感を持つのは当然。そんな「新しい日本語」を発掘してみるというのも楽しそうなので、一つ実験をしてみる。

 下の6つの文を、あまり深く考えずにさらっと読んで欲しい。そして違和感を感じたかどうかをコメント欄なり、ブックマークコメントでいただきたい。「最初に読んだ時は違和感を感じなかったけど、もう一度読み直してみたらどれが変なのか気がついた」、「どれに問題があるかは言われれば分かるけど、別に通じるからいいじゃん」、「普通に使ってたけど、これって間違ってたの?」という返事もOK。

・そこの公園で子供が遊んでいる
・そこのクラブで彼女が踊っている
・そこのコンビニでおでんが売っている
・そこの畑でキュウリがなっている
・そこの校庭で桜が咲いている
・そこの河川敷で花火大会が開かれている

Thanks in advance,
Satoshi

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e54ef45df38834

Listed below are links to weblogs that reference 日本語の進化について、一つの実験をしてみる:

» [雑記][言葉]日本語の進化について from novtan別館
ちょっと面白かったのでエントリたてて自己流解釈 ・そこの公園で子供が遊んでいる ・そこのクラブで彼女が踊っている ・そこのコンビニでおでんが売っている ・そこの畑でキュウリがなっている ・そこの校庭で桜が咲いている ・そこの河川敷で花火大会が開かれている Life ... [Read More]

» 遅いけど、おもしろそうなので、遊んでみる from 何となく Blog by Jitta
遅いけど、おもしろそうなので、遊んでみる [Read More]

» Re: 日本語の進化について、一つの実験をしてみる from まじかんと雑記
日本語の進化について、一つの実験をしてみる (Life is beautiful) はてなブックマーク - Life is beautiful: 日本語の進化 [Read More]

Comments

ApplePedlar

「そこのコンビニでおでんが売っている」だけ違和感があります。

ワニ

違和感云々の前にそれ絶対おかしいでしょと感じるのは
おでん“が”売っている

問題なのかどうかよくわからないけど、なんとなく違和感を感じるのが
校庭“で”桜が咲いている

以上、33歳の感想です。

maito

「そこの河川敷で花火大会が開かれている」だけ、
妙に違和感がありました。
24歳の感想

ken

「おでん」だけが引っ掛かった。
他は厳密には何か違うのがありそうだと思いながらも感覚的には流せました。
33歳アメリカ育ち。

KIONA

そこのコンビニでおでんが売っている
「おでんが売られている」が正しい?

そこの畑でキュウリがなっている
「そこの畑に」のほうがいい?

そこの校庭で桜が咲いている
これも「そこの校庭に」?

通りすがり

「そこのコンビニでおでんが売っている」だけ、
違和感がありました。
私は「おでんが売ってある」という気がします。
以上、45歳の感想です。

hiro17

・そこのコンビニでおでんが売っている
「おでんが売られている」か「おでんを売っている」

・そこの畑でキュウリがなっている
そこの畑にキュウリがなっている

・そこの校庭で桜が咲いている
そこの校庭に桜が咲いている

でしょうか。

25♂

・そこの公園で子供が遊んでいる      違和感なし
・そこのクラブで彼女が踊っている     違和感なし
・そこのコンビニでおでんが売っている   おでんが→おでんを
・そこの畑でキュウリがなっている     畑で→畑に
・そこの校庭で桜が咲いている       校庭で→校庭に
・そこの河川敷で花火大会が開かれている  違和感なし

77415

・そこのコンビニ「は」おでん「を」売っている
・そこの畑「に」キュウリがなっている
・そこの校庭「に」桜が咲いている
・そこの河川敷で花火大会が「開催し」ている

でら

・一読して
 →「おでんが売っている」のみ、間違い。

・再読して
 →あれ、冒頭全部おかしいかな?
  でも確信には至らず。

以上、日本育ち37歳の感想でした。

44歳男

・そこの公園で子供が遊んでいる→違和感なし

・そこのクラブで彼女が踊っている
 →違和感あり(彼女はそこのクラブで踊っている)

・そこのコンビニでおでんが売っている
 →違和感あり(そこのコンビニでおでんを売っている)

・そこの畑でキュウリがなっている
 →違和感あり(そこの畑にきゅうりがなっている)

・そこの校庭で桜が咲いている
 →違和感あり(そこの校庭に桜が咲いている)

・そこの河川敷で花火大会が開かれている
 →違和感なし

QW

・そこのコンビニでおでんが売っている
「そこのコンビニでおでんが売られている」

・そこの畑でキュウリがなっている
「そこの畑にキュウリがなっている」

・そこの校庭で桜が咲いている
「そこの校庭に桜がさいている」

だけ、違和感がありました。@19歳 ゆとり世代

obbaa

「・・・おでんが売っている」だけは受け入れられませんでした。「キュウリがなっている」にはキュウリの生命力が感じられて、「が」を使うほうが効果的な場合もあるなと思いました。

Think-a-lot

「そこのクラブで彼女が踊っている」に違和感
あとは大丈夫?
(35歳/東京)

ray

出題のされ方も影響あるかもしれませんが、全部違和感・・・。

形容詞説が文頭に来ると、英文法みたいに感じますね。
全文とも、主語がトップにくる方がすっきり頭に入る気がします。

hg

どれも大丈夫であろう。

motomura

最後の「そこの河川敷で花火大会が開かれている」は他の5つとパターンが違うので例としての違和感があります。
他の5つは「○○iている」やその撥音便や促音便となったものだけど、最後だけ「○○aれている」なので、そもそも異なる。
従って同じパターンならば、最後の例は「そこの河川敷で花火大会が開いている」となるのではと思います。

qwerty

そこのクラブで彼女が踊っている
彼女に違和感があるような無いような・・・

・そこの畑でキュウリがなっている
「畑に」だと思います

20歳

humu

問題の趣旨とは違うのかもしれませんが,違和感を感じたのは

「そこの畑でキュウリがなっている」

キュウリが生っているの場合「そこの畑」「に」のような気がするけど

キュウリが鳴っているの場合「そこの畑」「で」も大丈夫な気がします

##
例えば「畑」「キュウリ」の例だと
どれを文章の主役にするかで文章の構成が変わるので,文章によってはどれでも
正解の気がします

しょーじ(の)

「そこの」がついていることで全ての文章に違和感を感じます。

aya

話し言葉だったら問題ない。
使うシチュエーションの"絵"がすぐ浮かんだし、
相手に絶対通じるし。

Stamp

目で読むとなんか違和感を感じたが、
声に出したら別に違和感がない気がする。

itskey

最初さらっと読んだときは特に何も感じませんでしたが、
何度か文章として読んでみると、
違和感のあるものがいくつか出てきました。

ただ、普通に話している分には気づかないかなと思います。

・・・ちなみに、この中に若者言葉があるのでしょうか?
・・・私の場合、全部普通に使ってそうで少し怖く感じました。
25歳

Dyun

「おでんが売っている」に違和感を感じます。
「おでんが売られている」あるいは「おでんを売っている」が文法的に正しいと思います。
他のものについては、特に違和感を感じません。
ただ、実際に口に出す場合には、自分でも
「そこのコンビニおでん売ってる」などと言ってしまいますね。

cibo

そこのコンビニでおでんが売っている

私もやはりコレですね、「おでんを」なら違和感は無いんですが・・・。それと、日本語がめちゃくちゃと言われているのは進化したからだ、というのは私もそう思います。進化とはつまり環境に適応する事を言うんですから、この時代に適応した言語が先駆者にめちゃくちゃと見られているのであれば、やはりこの時代自体が混乱しているんでしょう。

nobukichi

おでんは違和感が非常に大きい。
キュウリも少し違和感がある。
あとは、普通に聞こえますね。
私は37歳です。

jumboly

・そこのコンビニでおでんが売っている
にだけ違和感を感じました。

・そこのコンビニでおでん「を」売っている
だと違和感を感じなくなります。

masayashi

おでんが売っている

おでんが売られている

だけですね。
21歳 男 大学生です。

htc

・そこの畑でキュウリがなっている

「キュウリがなっている」
というのに違和感を感じました。
主語と動詞の組み合わせとしておかしいような・・・。

それ以外はとりあえず普通に感じます。

atauky

・そこの公園で子供が遊んでいる [違和感・少]
・そこのクラブで彼女が踊っている [違和感・少]
・そこのコンビニでおでんが売っている [違和感・大]
→ そこのコンビニではおでんが売られている
・そこの畑でキュウリがなっている [違和感・中]
→ そこの畑にキュウリがなっている
・そこの校庭で桜が咲いている [違和感・少]
・そこの河川敷で花火大会が開かれている [違和感・少]

でもそもそも、「そこの(場所)」という書き方を私はしていないですね。
その時点で違和感ありです。
会話中で出てきたら違和感ないと思います。

以上、29歳男性(ずっと日本在住)でした

taku

すべて違和感なし。
25歳男。

daniel

すべて違和感なし.
24歳男.

18歳男

・「これぐらいの小さい子を見かけませんでしたか?」「そこの公園で子供が遊んでいるのをみかけましたよ」
・「うちのダンス部はレベル高いんだよ」「そこのクラブで彼女が踊っているんだ」彼にはカノジョがいた。しかも同じ部活に。
・そこのコンビニでおでんが売っていることを初めて知った。なぜ今まで気がつかなかったのだろう。
・「そこの畑でキュウリがなっているから取ってきてちょうだい」
・「どこから降ってきたんだろう」「そこの校庭で桜が咲いているんだよ」花びらを落としたのはその桜らしかった。
・「そこの河川敷で花火大会が開かれているんだけど、一緒に行かない?」

クラブと桜はちょっと悩みます。クラブはどうしても部活としないと状況が思い浮かばなかった。でも違和感はあんまりないです。

42歳♂

コンビニと校庭に違和感。
他は許容範囲。

HN

似たようなエントリーがあったのでびっくり。
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20070918/1190106015

toyoko

"おでん"の文章が、かなり、違和感あり。

因みに、英語しか話せない私の12歳の娘は、最近、"It's well cool!"というような、表現を使っています。文法的に変なので、いつも指摘をしますが、どうも、TV番組、友達、またはその親まで、使っているということに気が付きました。
多分、何年後かには、文法的に正しくなってしまうのでしょう。

tau

「おでん」の例文のみ違和感があります。
実際の口語としては「おでん“を”売っている」も「おでんが売“られ”ている」も面倒なので「そこのコンビニでおでん売ってるよ」となりそうですが。

HALion

>そこのコンビニでおでんが売っている
違和感あるのはこれですね。
「おでんが売られている」が正かなと感じます。
活字で見て違和感あるだけで口語としてイメージすると違和感ないですけどね。

hoshino

どれも違和感がありません。
確かに厳密にいえばおでんの文は受け身の方がよいかな、と
思わないこともないですが、特に話し言葉で聴いた場合にその人
の使い方を間違っているとか無知だとか感じるレベルからは
随分距離があるほど些細なことだと思います。

えーちゃん

すべて違和感なし
表現の自由の範囲 ^^;
文法から 外れても通じればOK

Mogera

2番目
「おでんを」では
3、4番目
「~で」だと何らかの事象の生起が伴わないと違和感を感じます。「そこの畑でキュウリが爆発した」なら少なくとも文法的な違和感は感じません。
両方とも「そこの校庭[でに]?は桜が咲いている」という形の方がしっくりきます
他はじっくり読むとひっかかり(ゲシュタルト崩壊みたいなもの?)があるものの、普段なら気にも止めないレベルです。

25歳野郎日本生まれ日本育ち

Naotake

・そこの公園で子供が遊んでいる

そこの公園で子供が遊んでいる

・そこのクラブで彼女が踊っている

そこのクラブで彼女「は」踊っている

・そこのコンビニでおでんが売っている

そこのコンビニ「では」おでんが「売られて」いる

・そこの畑でキュウリがなっている

そこの畑「には」キュウリがなっている

・そこの校庭で桜が咲いている

そこの校庭「には」桜が咲いている

・そこの河川敷で花火大会が開かれている

そこの河川敷「では」花火大会が開かれている

http://www.infed.org/thinkers/et-schon.htm

「そこの○○」自体に違和感を感じるような...。

でも、この程度なら、通じるのでまだマシかもしれません。
「敷居が高い」などのように、完全に意味が変わって使われると、混乱の元になりますよね。
こういう例はどう思われますか?

うえだ

「そこのコンビニでおでんが売っている」の人気が低いようですね。
私も違和感あるのですが、普通には受入れられているのかと思っていました。
わたしは「売ってある」っているのですが、これだぶん長崎あたりの方言です(ほかにお一人いらっしゃいますね)。トラックバック送ります。

bak

おでん以外OKですね。しかも「おでん」も一瞬わからなかった。
助詞を全部抜いた「そこのコンビニ、おでん(を)(もう)売って(い)る。」なら口語としてOKになってしまいます。助詞が入ると受動態でないとおかしいですが、抜いたら文法的に正しい補完が可能なので…
33歳男性@ら抜きこそが正しい日本語であるべき

23歳

・そこのコンビニでおでんが売っている
特におかしく感じますね。
・そこの畑でキュウリがなっている
・そこの校庭で桜が咲いている
少し違和感がありますね。
「そこの畑に」、「そこの校庭に」とした方が自然だと思います。

つちや

そこの畑「で」

だけ、気になりました。「に」の方が自分的に自然。
逆にコンビニ「で」は別に気になりません。

miso

最初に読んだときは「おでん」にしか引っかかりませんでしたが、
ゆっくり読み直したら「キュウリ」と「桜」が変に感じました。
日本育ち17歳です。

wkmdx552

コンビニとキュウリの文は違和感を感じました。その他の文章は違和感を感じません。普通に使用している文体かもしれません。

かわうそ

違和感度でいうと
0
0
3
1
1
0
でした。

とおりすがり

「おでん」を主語にするのであれば「おでんが売られている」が正しいですね。
逆にコンビにの「店員」を主語と考えると「おでん」は目的語だがら、「そこのコンビニで(店員が)おでんを売っている」が正しいです。

まっ例文でも十分意味は通じますけどね!


ほかには違和感は特に感じませんでした。

「そこの畑でキュウリがなっている」に関して言えば確かに「そこの畑に」のほうが正しく聞こえますね。

もっと簡潔にするため畑を省略してみると
「そこでキュウリがなっている」
「そこにキュウリがなっている」

「に」が確かに自然にきこえるかなぁ微妙

しかし疑問文にしてみると、
「どこでキュウリがなっている?」
「どこにキュウリがなっている?」
この場合「で」のほうが自然に聞こえます。


これは許容範囲の気がします。

23歳

そこの全てが違和感無し

cavefish

「そこの畑でキュウリがなっている」のみ違和感がありました。

28才男

ABC

おでんが(パソコンを)売っている。
おでんが走っている。
おでんが歌っている。

ファンタジーの世界ならあり得ますね。

N.M.

・そこのコンビニでおでんが売っている
→腹立たしいくらいの違和感
 おでん[を]売っている と赤ペン修正したいです。

・そこの畑でキュウリがなっている
・そこの校庭で桜が咲いている
→多少の違和感
 畑[に]/校庭[に] の方が自然に感じます。

35歳。

スイスイ

”そこの~”と話し言葉っぽく始まっているのに、”~いる”と文章っぽく終わっていることに違和感があります。

Goro

会話中に出てきたらたぶん違和感を感じずに全部スルーできると思います。

違和感を感じるか?ときかれて文章を読むと、おでん、キュウリ、桜がちょっと不自然な感じ。
前につくのが「で」でなく「に」のほうが違和感ないかも。

こちらで育った娘に読ませたら、「コンビニにおでん売ってんの? チョー違和感」だそうです。 それは意味が違うか。

40歳米国在住

rin

①そこの公園で子供が遊んでいる
②そこのクラブで彼女が踊っている
③そこのコンビニでおでんが売っている
④そこの畑でキュウリがなっている
⑤そこの校庭で桜が咲いている
⑥そこの河川敷で花火大会が開かれている

<違和感>
③そこのコンビニでおでんが売っている
 →売られている

④⑤に関しては、会話のシチュエーションによっては、”で→に”になると思う。


--- 21才 大学生 男

/**********************************************
各文に番号付けた方が整理し易かったですね。
**********************************************/

21才無学男児

・そこのクラブで彼女が踊っている
彼女が、を前に出したくなりました。

・そこの校庭で桜が咲いている
・そこの河川敷で花火大会が開かれている
あそこの~、なら違和感が無くなります。
文脈次第って感じなんでしょうかね。
唐突に一文切り出すと特に違和感がありました。

imaginary_line

最初さらっと読んだときは、他の方も指摘しているように、「そこの」が口語調なのに文末がぷつっと切れたかんじがして違和感がありました。でも、まあ許容範囲と流せてしまいました。語尾に「よ」をつけたりして、隣の誰かに報告するシチュエーションであれば、どれも日本語として問題ない気がします。
再読したら「おでん」が気になりました。「おでんが売られている」か「おでんを売っている」なら良いです。
38歳、日本生まれの日本育ち。

23歳院生

さくっと声に出して読むなら、
~いる

~る
となっているといいかなぁ、と感じた。

あと、句読点が欲しい。

通りすがり

ほぼすべて違和感なし。
「そこの畑でキュウリがなっている」は「そこの畑にキュウリがなっている」が正しいのかもしれないけど、
前者はキュウリが能動的に成っている感じなのに対して、後者はキュウリが事実としてあるという印象を受ける。

「そこのコンビニでおでんが売っている」は、コンビニでおでんが働いてるようにも読めるなぁ、という感じ。

どちらも会話の中で出てきたら何も気に留めないと思う。

-- 22歳

hyn

おでん意外は違和感ありません。

26歳

akn

「そこのコンビニでおでんが売っている」だけ違和感を感じましたが、あとは何も感じずスルーでした。
結果楽しみです。

36歳女 技術系 日本生まれ日本育ち 英国在住

yu

初見で若干違和感があるのは

・そこのコンビニでおでんが売っている
・そこの畑でキュウリがなっている
・そこの校庭で桜が咲いている

で、コンテクストを補うことで「に」の可能性を排除し、脳内で収まりをよくするという感じです。
間違っているという違和感ではなくて、取り方が複数になって落ち着かないのでもっと情報がほしいと。
格助詞の「で」と、述部の動作か状態かという照応関係が違和感を引き起こす原因のように思います。

通りすがり

普通に意味通じます。
コメントの冒頭で違和感あるといった人が居るから後の人も釣られてるだけでしょう。

Sycamore

違和感は(を)感じません.このもっとも重要な助詞(てにをは)すらあいまいでも通じてしまう日本語が好き.34歳男.

F

①そこの公園で子供が遊んでいる
②そこのクラブで彼女が踊っている
③そこのコンビニでおでんが売っている
④そこの畑でキュウリがなっている
⑤そこの校庭で桜が咲いている
⑥そこの河川敷で花火大会が開かれている

<違和感>
②前にあった質問が想像できない。
~が踊っているのはどこ?という質問なら、彼女が踊っているのはという文になるし、
そこで踊っているのはだれという文章なら、そこで踊っているのは彼女という文脈になる。

②だけじゃなく、どんな質問に対しての答えなのかがつかみにくい

ksk

意図していらっしゃるのが文語なのか口語なのかで異なりますが一つだけ…。

「彼女」を"she"にあたる意味で使うのは現在では文語のような気がします。話し言葉で「彼女」を使うと"girlfriend"といった響きがあります。
助詞やその他の文法関連はたくさん意見が出ているので止めておきます。

22歳♂

aloysius shiplap

全ての文で、「そこ(の)」には少し違和感があります。→「そ(の)」かな
「そこ」をつかうなら
そこで子供が遊んでいる
そこで彼女が踊っている
・・・・・
かな

他には
彼女が踊っている→彼女は踊っている
おでんが売っている→おでんを売っている
畑でキュウリが→畑にキュウリが
校庭で桜が→校庭に桜が

う〜ん、気になり出すときりがありませんねぇ(^_^)
51歳♂

Dora

お久しぶりでございます。

うーむむむ。箇条書きがナンバリングされてないとこに一番違和感を・・

しつれいしましたーっ><

でう

問題としたいところは動詞の受動態と「てにをは」ですよね?

>・そこのコンビニでおでんが売っている

やはり特に上記に違和感を感じるというか、どう考えても間違っているでしょう。「おでん」さんという人が何かを売っているなら別ですが。

このような乱れがはびこっているとすると、えらく大きな国語破壊な気がします。ただ、全ての動詞について受動態表現が無くなる、というような気前の良さがあるのであれば、それはそれで国語の進化(退化?)なのかもしれません (^0^)
42歳♂

とまと

最近、日本のラジオ番組をポッドキャストで聴いていて、「...という本が出版しました...さんです。」と言う表現に、若者のみならずラジオのキャスターまで能動態と受動態の使い分けが出来ないのか、と不思議に思っていたところでした。
言葉は変わっていくのですね。
「ぜんぜん大丈夫。」に違和感を感じなくなってきた40台、アメリカ在住でした。

くらげ

おんでんが「売っている」を、おでんが「売ってる」に変えるとアラ不思議。違和感がなくなりました。

akaky

どれも違和感ありません。
間違っているものは「無い」と思います。
どれも普通に使います。

むしろ、他のコメントにあるごとく、
「おでんを売っている」とか
「おでんが売られている」とするのは、
日本語以外の言語の影響を受けているように感じました。

Route54

「おでんが売っている」のみ違和感
キュウリに違和感を感じられている方も多いようですが、
なんとも思いませんでした。
実家にいた頃こういう表現していたような。
田舎育ち、東京暮らしの28歳男

kasugahiro

コメントするのははじめてです。和歌山出身大阪の24歳理系大学院生です。
口語だとどれも違和感が「ほとんど無いです」。言われても何も違和感は感じません。
ただ、書かれてあるのを読むと違和感があるものがあり、
実際書くとしたら、書いてる途中に気持ち悪くなるというのもあります。

(1)そこの公園で子供が遊んでいる
(2)そこのクラブで彼女が踊っている
 この2つは主体が人なのでおかしくないよう思います。

(3)そこのコンビニでおでんが売っている
 話し言葉だと普通に使います。この「普通に」ってのも若者言葉ですね。(「普通に」と付く時点で無意識に違和感があるのかも)
 書く場合は別で、書いてる途中に違和感に気がつくと思います。
 やはり人が売ってるんですから「おでんを売っている。」「おでんが売られている。」のように書かないと気持ち悪いです。
 ところで、コンビニは店員との関わりがあまり無いので、真の主語である「(店員が)おでんを売っている」の店員を意識しないところから誤用が生まれるのかもしれません。

(4)そこの畑でキュウリがなっている
(5)そこの校庭で桜が咲いている
 ”書き言葉の場合”「に」にしないと、キュウリや桜が自発的にその場所に咲いてるような私は違和感を覚えます。
 しかし私が関わってきた限り、ご年配の人のほうが、むしろ植物程度ならまるで人のように主語を扱う傾向があるように思います。
 
(6)そこの河川敷で花火大会が開かれている
 違和感無し

kuro

・そこの公園で子供が遊んでいる      違和感なし
・そこのクラブで彼女が踊っている     違和感なし
・そこのコンビニでおでんが売っている   売っている→売られている
・そこの畑でキュウリがなっている     畑で→畑に
・そこの校庭で桜が咲いている       校庭で→校庭に
・そこの河川敷で花火大会が開かれている  違和感なし

----------
面白いですね。
助詞の使い方の問題なのでしょうが、
年齢だけでなく出身地などにも影響を
受けるものかもしれませんね。
34才・男(関西出身)

k

違和感なし。27歳男

とも

この話題はsatoshiさんにWrap Upしていただけるんでしょうか。

ルパン-ルピン-ルポン

一回目:

・そこのコンビニでおでんが売っている > 「で」と「が」の組み合わせに違和感。「で」なら「を」、または「に」と「が」
・そこの畑でキュウリがなっている > 「で」と「が」変。「畑で」>「畑に」すべき。

他のコメントを見て
校庭で→校庭に (そうかも。でもどっちでも許容内。)

e_pi

・そこのコンビニでおでんが売っている
 おでんをという方が正しいのですかね…
 英語でいう能動受動態だという捉え方もあるのでは、と思いました。
20歳男

JING

みなさんのコメントをみていると、すべての文章に違和感を感じたのですが、「・そこの公園で子供が遊んでいる」という文章だけ、違和感が感じられませんでした。

はむたろ

強調の「が」の話ですね
コンビニのおでんを、風物詩と感じている人は強調する為「が」を使います
畑にキュウリがなっているのは当たり前と感じている人は「が」は
変に感じるでしょう。強調する必要が無い事を強調しているのだから

日本語は、言葉の中に沢山の情報が含まれるし、言葉も変化していく
英語が「静」なら日本語は「動」

子供が親にモノを買ってもらいたいたくてアピールする、そんな状況
「××に○○が売ってるよー」

「が」を使用してアピール


Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.