Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 作家佐々木譲氏にコメントをいただいた件について  | Main | ビル・ゲイツの引退スピーチビデオ »

「コンピューターはうそつかないので見逃さないで済む」らしい

 昨日のNHKの7時ニュースをSlingbox経由で見て知ったのだが、「がん」の自動診断システムが開発されたそうだ。そのニュースに関係者らしい女性(追記:横浜市立大学付属病院の医学部の助教授らしい助教だそうだ)が表れて言うセリフがこれ。

Computer3Computer4

 コンピューターはうそつかないので(がんを)見逃さないで済む

 ってことは、今まで「がん」が見逃されて来たのは医者が嘘をつくからだったのだのか!

 ◇ ◇ ◇

 コンピューターに関しては今までも色々と誤解を招くような発言をたくさん見て来たが、これはその中でも極めつけ。

 コンピューターは嘘をつかないけど、完璧ではなく、さまざまな理由で間違いは犯す。どんなに立派な自動診断システムであろうと、がんを見逃すこともあれば、がんでないものをがんと誤診してしまうこともある。この手の自動診断システムのメリットは、医者の勉強不足や個々の医者のスキルの違いによる判断のばらつきなどをある程度補うものでしかなく、最終的な判断は医者にゆだねるしかない(そして、それでも誤診を100%なくすことはできない)。それをこんな風に、一般の人たちに「コンピューターは間違いを犯さない」みたいな誤解を与える報道をするのはどうかと思う。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e54fc2af678833

Listed below are links to weblogs that reference 「コンピューターはうそつかないので見逃さないで済む」らしい:

» [いろいろ]コンピュータは正直者 from mkawanoの日記
『Life is beautiful』で知ったんですが、癌の自動診断システムを開発した、横浜市立大学付属病院のスタッフが、NHKのニュースの取材に対して、このような趣旨の発言をされたそうです。残念ながら、映像を確認していないので、正確かどうかはわかりません。 コンピューター... [Read More]

» [ニュース] 医療崩壊「コンピュータはウソつかない」とホントに言ったのか?NHK from tsucchiの日記
元記事はコチラ(リンク) いい記事だし、主張そのものには全面的に賛成なんだけど、「ちょっと違うな」と思うところが一つだけ。  インディアン、ウソつかない 並のトンデモコメント  コンピュータは うそつかない これは違う。「コンピュータは嘘つかない」。このコメント... [Read More]

» [医療][DBMS][読影][コンピュータ] 「コンピュータ嘘付かない」問題について本気出して考えてみた。 from 技術系のシバチョ2.0がコラムを書く
http://satoshi.blogs.com/life/2008/01/post-4.html 確かにひどい話だが、論文さえググれるご時世にググれないものはない、と過信したシバチョ2.0がこの問題の真相に迫る、というエントリ。 最初に言っておきたいのだが、このエントリは間違いの可能性もあることをお忘れな... [Read More]

Comments

J

なんか元のテレビでの発言が日本語としてあまりに不自然…というか意味不明なんですが…。

ひょっとして「コンピューターは見逃さない」から「嘘つかなくてすむ」って言いたかったんじゃないでしょうか。「コンピューターがガンがあるって言ってるんで、私があるある言ってるわけじゃないですよ」みたいな。

anon

いやむしろ,「その数学が戦略を決める」で述べられているような,絶対計算による判断が専門家の判断を常に凌駕することの一例として興味深かったですけど.

医療分野には計算機による判断は向いていると思います.しかし結局は誰が責任を持つかっていう話に帰着するとは思います.

just a reader

誤診が起きることと同じくらい医者の鋭い勘によって写真(レントゲン)によく映らない病気を発見される事があります。誤診の逆のことも誤診以上にたくさんあります。見たところ明らかでないがどうもおかしいと感じてさらに突っ込んで調べていくと病気がわかるということで、いわば守護天使がささやく瞬間なわけですが、こういうことは現在のコンピュータには不可能です。今まで医者が発見したオーディナリなものしか見つけられません。それを見逃す事はなくなり、24時間働きづめで平均寿命も短い疲れきった医者による凡ミスでの誤診は減ることでしょうけれども、コンピュータに勘はないので、結局、有能な医者は楽にならないです。

yocc

このシステムは低コスト化できれば、総合的な能力で並みの医師に劣っていたとしても十分価値があるものだと思うのだけれども……というかそういった方向で話が進むのかと思っていたら、あんな紹介だったのでさすがにあきれました。

これ、
1.開発者が本当に「嘘つかない」システムを作れると思っている
2.そういうわかりやすい(あるいは取材者の偏見に基づいた)説明を欲しがったNHKが言わせた。
(だいたい、なんで教授じゃなくて助教授なんだ?)

どっちですかね?
後者のほうが少し可能性が高いかなーと思いますが。

hg

インディアンうそつかない。
みたいですね。
まぁ人よりかはアテになるかもしれません。
うそつかないって面で。正確かどうかは別にして・・・

eakas

実際に番組を観ている訳ではないので分かりませんけど、
"患者本人が知る権利"にかけての表現ということではないのですかね?

全く関係無いですが、
この女性は結構美人ですね^^;

最低人間

>そのニュースに関係者らしい女性(追記:横浜市立大学付属病院の医学部の助教授らしい)が表れて言うセリフがこれ。

「助教授」でなく「助教」です。
昔で言う助手のことです。たぶん綺麗どころ探して連れてきたんだと思いますよ。

今は
助教授 → 准教授
助手 → 助教

となっています。

shibacho

この番組を全部見ていないので誤解があるかもしれませんが、医学部の人間が言っているという部分が引っかかりますね。つまり、コンピュータ側の技術について無知である可能性が高い。

実際にシステムを作った番組を見たらどう思うでしょうね。

shibacho

連投失礼。

実際にシステムを作った「人が」番組を見たらどう思うでしょうね

です。

duikhe ujbeyt

cguwjk qgpeczx nozdswqat qnfwuzxjv pchtvqob atrniczdo pdeacvo

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.