Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 絶対にテレビをあきらめないパナソニック | Main | "Less is more"なもの作りと合議制と »

富士の裾野のロングテール

 海部さんのブログではすでに告知されているが、同時出版を記念して公開対談をさせていただくことになった。3月11日夕方、都内某所。場所が「某所」なのは、人が殺到すると困るから秘密にするではなく、『手配中」だから。場所は追って報告させていただくので、会社の帰り道にお立ち寄りいただけるとありがたい。

 彼女の指摘どおり、海部さんの本と私の本はアマゾンでしっかりと「あわせて買いたい」でペアを組んでおり、ブログからの告知というマーケティング方法がいかに効果的かを表している。

 「この商品を買った人はこんな商品も買っています」欄には梅田さんの本がしっかりと二冊入っているあたりが、読者層を的確に表しているというか。

 興味深いのは、梅田さん・海部さん・私の三人に共通点が、アメリカの西海岸で暮らす日本人ブロガーである、ということ。日本の海外との関係を俯瞰的に把握しようとした時に、西海岸というのはちょうど良い距離という面もあるのかも知れない。

 ちなみに、先日のロングテール・ビジネス=裾野ビジネスという私の発言はなかなか評判が良く、「富士の裾野市をロングテールの聖地に」という意見まで寄せられた。

 こうなったら、「裾野ビジネス」を現代用語の基礎知識に入れるまで使い続けてみるか、と。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e5505b56b78833

Listed below are links to weblogs that reference 富士の裾野のロングテール:

Comments

masuidrive

ぬぉ、そのとき私、東京に居ないんですよね。
超残念です。

kujirairuka

2冊ともにAmazonで予約しました。
11日が楽しみだ。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.