Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« iPhoneがビジネス向けにアップグレードするらしい | Main | 甘すぎる上場基準の話 »

「西海岸に住む日本人から見た日本」三部作

 月末になると「今月はどんな本が売れたのかな」とアマゾン・アソシエイトの集計を見るのを楽しみにしている私だが、今月は私自身が書いた本の注文も始まったため特に楽しみ。

 さっそく集計してみると、こんな結果だ。

  1. おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由
  2. パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本
  3. イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
  4. リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
  5. 文章表現400字からのレッスン
  6. 理科系の作文技術
  7. 頭の良くなる「短い、短い」文章術―あなたの文章が「劇的に」変わる!
  8. 松下で呆れアップルで仰天したこと―エンジニアが内側から見た企業風土の真実
  9. ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
  10. スティーブ・ジョブズ-偶像復活

 おかげさまで、堂々一位。あたりまえと言えばあたりまえだが、やはりうれしい。そして同時出版の海部さんの本が二位というのも予想通り。

 ちなみに、8位の「松下で呆れアップルで仰天したこと」は「絶対にテレビをあきらめないパナソニック」というエントリーを書いた時に、手持ちのパナソニック関係の本の広告を貼付けようとしているときにたまたま見つけた未読の本。あまりに面白そうなタイトルだったので、試しに貼付けてみたらこの結果である。やはりタイトルは重要だ。さっそく注文しておこう。

 興味深いのが、梅田さんの新しい本「ウェブ時代 5つの定理」がまだ紹介もしていないのに9位に入っていること。梅田さんの本に関しては、アスキーの対談でも話題になったので楽しみにしていたのだが、これは、このブログの読者に梅田さんのファンが多いという意味だろう。 

「ということは、ひょっとして...」とアマゾンの梅田さんの本のページに言ってみると、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」コーナーに私の本がちゃっかりと入っている。海部さんの本もそこに入っていることを見る限り、この三冊をまとめて買う人が結構多いということかも知れない。

 しかし、西海岸に住む日本人ブロガー3人がほぼ同時に本を出し、それが同じような読者層に受けているというこの現象は一体何を意味しているのだろう...「西海岸に住む日本人から見た日本」の意見を参考にしてもう一度日本の世界経済におけるあり方を見直そう、という意思の現れだろうか。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e5508d55338833

Listed below are links to weblogs that reference 「西海岸に住む日本人から見た日本」三部作:

Comments

CHu

シリコンバレー在住のものですけど、わかりやすく説明するためとは言え、何かと日本ダメ、シリコンバレー万歳的な論調の本が多いのには違和感を覚えます。
日本の雇用システムとかサービスレベルとか、自信を持っていいところはたくさんあると思うのですが。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.