Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 「Javascript使い」に女性ブロガーと話す絶好の機会を与えるスクリプトの話 | Main | iPhone SDK、Objective Cが持つ「進化する能力」の遺伝子 »

iPhone SDK、第一印象

 iPhone 用のネーティブ・アプリケーションの開発が可能になるSDKがリリースされたので、早速ダウンロードしてみた。そもそもMac OS XのAPIも一切知らず、Objective Cでプログラムを一行も書いたことの無い私には目新しいことばかりだが、私がこれだけ気に入って使っているiPhone向けにアプリケーションを作れるというのに試してみないわけには行かない。 

Uikit

 iPhone SDKをインストールして、サンプルアプリをエミュレータ上で走らせるところまでは簡単にできたのは良いが、読まなければいけないドキュメントが大量にあってちょっと困っている。まずは、Objective Cを理解し、それからOS Xのコア(Cocoa Foundation)を理解しなければならない。それからやっと本題のUIKit(iPhone用のUIフレームワーク、上の図参照)に取りかかれる。

 しかし、ツールにしてもドキュメントにしても、文句の付け用がないぐらいの充実ぶりはさすがソフトウェアで勝負をしているApple。ジョブズが作ったNextからAppleが継承したOSと開発環境が数年間の進化を経てついに実を結んだと言える。

 これだけ充実した開発環境を見るとつくづく思うのは、携帯電話を筆頭にした組み込み・家電の世界にもソフトウェア・プラットフォームの重要性がはっきりと見えて来た、ということ。ここまでソフトウェアが複雑になってくると、開発環境の開発とメンテナンスのコストが膨大になり、個々のハードメーカーが独自の開発環境やOSを作ることがコスト的に見合わなくなって来ている。

 実際、携帯電話の世界を見ても、ネーティブレベルの開発環境を本気で作っているのは、

  • Symbian/UIQ (Nokia/Sony Ericsson)
  • Windows Mobile (Microsoft)
  • iPhone (Apple)
  • BREW (Qualcomm)
  • android (Google) ... ただしまだ実績はなし

ぐらい。トップスリーのMotorolaですらソフトウェア開発コストの高さに悲鳴を上げたことを考えれば、Symbian/UIQを抱えるNokia/Sony Ericsson以外の携帯電話端末メーカーすべてがMotorolaと同じような悩みを抱えていることは容易に想像できる。Appleの携帯電話ビジネスへの参入が他のメーカーにとって脅威なのも当然だ。

 ソフトウェアに関してGoogleやMicrosoftに頼り切った戦略を取ればコモディティ化は避けられず中国・台湾メーカーとのコスト競争に巻き込まれ、ソフトウェアによる差別化をはかろうとするとAppleやSymbian/UIQと同レベルのソフトウェア投資を覚悟しなければならない。臨界点は近いような気がする。

 しかし、今週はMBAのクラスでカンヅメ状態だし、来週は日本出張と(オンラインでの)期末テストが重なるという過酷な状態。そんな最悪なタイミングでiPhone SDKをリリースしたアップルが恨めしいが、こうなったら日本行きの飛行機の中で一気にObjective Cをマスターするしかないか、と。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e550bc7ef48833

Listed below are links to weblogs that reference iPhone SDK、第一印象:

Comments

ぶらりん

実質部分でも70ページ近くはあるHuman Interface Guidelines(全100ページ)のreading assignmentもお忘れ無く! Finalの前にやるこっちゃない?!

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.