Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« プラットフォームを選ぶということ | Main | 理想のパワーナップ・チェアを求めて... »

UIEジャパン、映像配信サービス「ひかりTV」において、GUIの“ユーザー・エクスペリエンス”を演出

 ここのところ個人的な趣味のiPhoneばかりに気を取られて、あまりUIEの話は書いていないが、久しぶりに良いニュースが舞い込んできたのでここで紹介。

 UIEジャパン、映像配信サービス「ひかりTV」において、GUIの“ユーザー・エクスペリエンス”を演出

 UIEngineというミドルウェアを持ち、思いっきりローレベルな組み込み機器のドライバーのレイヤーから、ウェブ・サービスまで幅広く開発をこなすUIEだが、最終的な目的は「すばらしい技術を作る」ことなんかではなくて「最高のおもてなしをユーザーに提供すること」。その意味では、これからの「ネットでテレビを見る」時代のリーダーシップをとることになるだろうNTTのIPTVサービスのおもてなしの設計を担当するということは、まさにUIEという会社の存在意義を証明するような話で、創設者の私としてはうれしい限り。

 ちなみに、しばらく採用を控えていたUIEジャパンも、今年度から再び積極的に優秀な人材を採用して行くとのことで、我こそはと思う方はぜひとも応募していただきたい(詳細)。

 エンジニアとしての技量はもちろんだが、なんと行っても大切なのは、こんなUIEのビジョンに熱くなれる人。以前このブログで、会社の方向性と自分のやりたいことのベクトルが会ったときに最大の力が出せる、という話を書いたが、まさに欲しいのは「会社の方向性とベクトルが最初からぴったりと一致している人」。特にApple TVを見て「俺ならこれよりずっと良いものを作ってみせるぜ」と豪語してしまうような人は大歓迎。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e552372af88834

Listed below are links to weblogs that reference UIEジャパン、映像配信サービス「ひかりTV」において、GUIの“ユーザー・エクスペリエンス”を演出:

Comments

wa-ren

ひかりTV対応STBにUIEngineが採用されているわけではなく、あくまでUIコンサルテーションのみ担当、なのでしょうか?

オンデマンドTV-STBと一部似ている部分があったので、何か絡んでおられるとは思ったのですが、やはり、でしたか(笑)

更なるご活躍を期待しています。

心は萌え

おっしゃりたいことは、
 すばらし技術を極めようとする余り、おもてなしを台無しにしてしまうよりは
 おもてなしを優先して、技術はベターな物で十分

ということをおっしゃりたいと思うのですが

文章からは
 おもてなしさえあれば、技術はまったくいらない。
 中身は煎らない。デザインだけで勝負。
 今後は弊社は技術は捨てて、相談のみでいく。
 技術屋の人は、採用しないので、アイデアマン・デザイナー来てくれ

ととれてしまいます、
 なにをどのぐらいのバランスで執行したいのか?
  というのを正確に書いた方が良いと思います。

それとも、技術0% アイデア・デザイン100%の人を採用したい。
 という事でしょうか?

shun

> エンジニアとしての技量はもちろんだが

とあるように、技術力ありきでしょ。

ryo

Googleほどでないにしろ、やっぱり学歴ってそれなりに重視しますよね?

satoshi

 大切なことは「何が最終目的か?」ということを意識すること。このケースでは「おもてなし」が最終目的。その目的を達成するためには、高い技術力が必要。ハードウェアリソースの能力が限られていて、ネットワーク遅延がある環境で、ユーザーにストレスを与えないおもてなしを提供するのは簡単な話ではありません。「すごいアルゴリズム」を思いついたところで満足してしまうのではなく、それを利用して「すばらしいおもてなし」をユーザーにとどけることが出来た時に始めて充実感が味わえる、そういう姿勢が大切だと思います。

すずき

ひかりTVのサービス開始は3月31日。UIEのプレス発表がこの日になったのは,どうしてなんでしょう?

eakas

「心は萌え」さん、技術力は備わっていて当たり前という前提のエントリーじゃないですかね?

ho4kawa

おもてなしの心は,技術のように,学習すれば身に付くものではないので,採用時に,全面に押し出してアピールしていると思うのですが,
採用時にそのおもてなしの心の度合いをチェックせずに採用したような企業の場合,
おもてなしに興味がなく過ごしてきた人もエンジニアとして存在するわけで.
そういう人が,最終目的はなにか(おもてなしの心はなにか)を自問自答するようになる,いいエピソードないですか〜?
おねがいします.

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.