Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« ビル・ゲイツの引退と「ソフトウェア・ビジネスの興亡」と | Main | iPhoneアプリ開発:ラストスパートは十倍界王拳だ! »

Googleのandroidは通信事業者にとって本当に正しい答えなのか?

 5月に、「UIEジャパン、映像配信サービス「ひかりTV」において、GUIの“ユーザー・エクスペリエンス”を演出」という奥歯にものがはさまったようなアナウンスをしたUIE。その時に寄せられた「ユーザー・エクスペリエンスの設計だけで、UIEngineは採用されてないの?」という質問に対する答えが今回のプレスリリース。

UIEジャパン、映像配信サービス「ひかりTV」のGUI開発に、「UIEngine™」によるIPTVソリューションを提供

 ちなみに、一方では「ハードウェアに依存しない、サービス指向のGUI開発」をサポートするUIEngineを作っておきながら、iPhoneという特定のハードウェアに最適化したアプリケーションを作っている私の行動を不思議に思っている人もいるようだが、これは私なりの「来るべきハードウェアの二極化」に対する答えである。

 つまり、ハードウェアは、Appleのように強いブランド力を持ったメーカーがサービスも含めたすべてのおもてなしを提供してしまうiPhoneに代表される「付加価値の高いデバイス」と、上の「ひかりTV向けのSTD」のように、サービス事業者がUIEngineのようなミドルウェアを通じておもてなしを100%サーバー側からコントロールするためだけの箱の役割をする「コモディティ化されたデバイス」という二極化である。

 言い換えれば、これはサービスの提供者とハードウェアメーカーの間で、どちらが付加価値の高いポジションをとるか、という主導権争いでもある。通信事業者は「ただの土管」にはなりたくないし、ハードウェアメーカーは「ただの箱」にはなりたくない。

 私が見る限り、androidベースの携帯電話の発売が遅れている原因の一つは、Googleとコモディティ化されたくない通信事業者とハードウェアメーカーとの間のすれ違いだ。GoogleにOSを無料で提供してもらうのは良いが、そのためにGoogleに主導権を取られて自分たちが「ただの土管」「ただの箱」になってしまっては本末転倒だ。どのソフトを端末に入れるかでSprintとGoogleの間でもめているという話も聞こえて来るが、十分に考えられる話だ。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef00e5537b53688833

Listed below are links to weblogs that reference Googleのandroidは通信事業者にとって本当に正しい答えなのか?:

Comments

shin

決して嫌がらせのコメントではないのですが、UIEngineが提携してうまく行った事例だけでなく、うまくいっかなかった、いってない事例となぜいってないのかコメントいただけると興味深いです。例えば、UIEngineは松下電器産業とも提携したという記事がNEに掲載されていたと思いますが、その後どうなったのかまったく聞きません。その辺を日本の企業風土と合わせて掲載していただけたらと思いました。NDA事項が多くて語れないですかね?語れる範囲で可能ならばお願いします。

Dyun

その答えは当分の間出なさそうだけど、とりあえず乗っておいても損はなさそう、儲かるのならば、「箱」でも「土管」でも別に構わない、というのがメーカーなりキャリアの本音でしょうね。
通信も端末もコモディティ化した状態が最良のGoogleビジネスモデルから考えますと、androidは既定の携帯電話路線よりもむしろ、単純なコスト削減効果から、DVDプレイヤーやそのリモコンなどの家電製品やカーナビ、全く新しいカテゴリーの情報端末など、かつてTRONが担っていた様なポジションにニーズが高い様にも思えます。

Hiro-p

パソコンで考えると

>つまり、ハードウェアは、Appleのように強いブランド力を持ったメーカーがサービスも含めたすべてのおもてなしを提供してしまう

つまりこれはMac

>「コモディティ化されたデバイス」

つまりこれはPC

>Googleとコモディティ化されたくない通信事業者とハードウェアメーカーとの間のすれ違い

つまりこれは、PCにおけるMicrosoftとハードウェアメーカーとの構図の再現にはしたくない、と考えるとわかりやすいすそうですがどうでしょうか。。。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.