Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« セコイア・キャピタルのプレゼンに込められたメッセージ | Main | プレゼン資料:iPhone Phenomenon »

Apple、iPhone3Gの販売数を発表

 iPhone向けのアプリを開発・販売するビジネスをしている私としては、iPhoneの販売数は「トータルのマーケットサイズ」を知る上でもとても重要。ちょうど今日になって、7〜9月期の決算が発表されたので、さっそくそれを読んだところ以下の数字を発見。

Unit sales of iPhone 3G have been significantly greater than sales of the first-generation iPhone. During the first quarter of iPhone 3G availability ended September 27, 2008, 6.9 million units were sold, exceeding the 6.1 million first-generation iPhone units sold in the prior five quarters combined.

 そもそもの目標が、2G/3G会わせて1000万台を今年の終わりまでに売る予定だったので、それを大きく上回る数字(トータルで1300万台)を3ヶ月前倒しで達成したことになる。

 日本では「ワンセグが見れない」「日本語が打ちにくい」などの批判も受けているiPhoneだが、iPhoneの一番の強みはそのトータルでの使いやすさと使う人に与える満足度の高さ。私はiPhone 2Gの時代から1年以上使い続けているが、もう普通の携帯には戻れない。この1300万台という数字は、顧客満足度90%という携帯電話としては前代未聞の数字をたたき出しているからこそ達成出来たと言える。

 この数字を見る限り、「iPhoneだけに特化してアプリを作る」という会社設立時(今年4月)の判断は間違っていなかったし、少なくともこの調子でAppleがiPhoneを売り続けてくれている限りはその方針を変える理由は見当たらない(Android携帯もようやく市場に出始めたが、本気でアプリを作る気になる条件はまだまだそろっていない)。

 ちなみに、今週末には、Big CanvasとしてPhotoShare、SmallCanvasに続く、3つ目のアプリケーションをAppleに審査のために提出する予定なので乞うご期待。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef010535a17176970c

Listed below are links to weblogs that reference Apple、iPhone3Gの販売数を発表:

Comments

Yusuke

ずいぶん前に新旧あわせて1000万台を超えたという資産は出ていましたが、1300万台超えとは予想以上ですね。私の周りもiPhoneだらけで、旧型をまだ使っている私は、早く新しくしたらとけしかけられています。ただ、日本とUSでの温度差は開くばかりという印象は受けます。ソフトバンクも経営自体がかなり危ないことになっていますし。

そういえば今日Androidも待たれていたオープンソースが公開になりましたね。http://source.android.com/ オープンソースコミュニティーがどのような反応をこれからしてくるかが楽しみですが、iPhoneを心から楽しむ消費者側の私としては競争が激しくなってくれるのは全く大歓迎です。景気は下降線ですが、このDownturnの中でこそ、よりいいものかつ本物なものが生まれてくると期待しています。

wrong number

Apple hits 10 million iPhone target two months early
by Peter Cohen, Macworld.com

Apple CEO Steve Jobs and CFO Peter Oppenheimer confirmed today that Apple has sold more than 10 million iPhones since the beginning of the calendar year, with two month of sales to go. Ten million iPhones was the company’s 2008 goal.

1000万台は累計販売目標でなく、08年の年間目標です。


ueda

上のコメントについて

08年の目標販売台数は1000万台だったが、あと2ヶ月を残して既に達成した、と書いてあります。

higekuma3

ワンセグはどうでもいいですが、
日本語がおかしいのは、致命的ですね。

外資系に染まりきってない日本文化の伝達者の不在が
致命的だ。


世界の数字だけ、掲げられても、寒い。

白い犬の腹でかくす宣伝されてもね。
その宣伝に使うかねで、日本語入力なんとかしようよ。

野尻

>日本語がおかしいのは、致命的ですね。

もしかして、発売当初のiPhoneしか触ったことがないのでは?>higekuma3さん

iPhone 2.1になって、日本語を連文節入力できるようになりました。変換候補の内容も変換速度も、ごく普通です。どこに問題を感じるのでしょうか?

nanashi

日本ではAppleってだけで偏見持ってる人が多いのです。それを象徴するように、今期のAppleの業績を無視してる情報系サイトもたくさんあります。さらには、ネガティブな情報はそれこそどんな駄文でも拾ってくるCENTのようなサイトもあります。

そういう人たちが偏見に偏見を重ねて増大した成れの果てが上記のような因縁つける方々でしょうね。

日本語の問題なんて「実際に使っている」人ならもう誰も言ってないのですが、ネガティブ記事に振り回されて自分は物知り、Appleに文句言う自分はかっこいい!とばかりに振舞う人が意外に多くてなんとも哀れに感じます。

個人的には15年ほどのユーザーですが、ここ数年のAppleの絶好調ぶりにはただただ驚くばかりです。アメリカなんてあと数年もすれば2人に1人はApple使ってるなんてこともあり得るような状況ですよね。

それとiPhoneの成長が(速度は別として)iPodのそれと重なるのも興味深いです。さんざん文句言われたiPodも今や完全に市場を占有。iPhoneが登場して2年。3Gが登場してからは半年もたってないなかでこの成長は文句なしに驚異的です(日本はなぜかさらりと流すか完全無視の態度ですが)。

そして中島さんを含め、いろいろなすごい人がどんどんどんどん吸い寄せられて行くAppStoreの成長もまたものすごいなぁと。

「何でもかんでも文句ばかりつける日本」と「とりあえずは面白そうだと飛びつく世界」の差なのかもしれませんが、ガラパゴスって言うのは携帯ではなくて日本人そのものかもしれないなぁと最近思います。

higekuma3

ipodとiPhoneと同列で語られても
少し、困ります。

iPodは初代を買って、今3台目で、
音楽も、iTunes経由が増えましたが、
iPhoneは、ときどきいじってますけど。
まだまだですね。

夜中に並んで、無理矢理買ってたら
立場、違ったかもしれんですが。

今は、結構冷静です。

Halion

>ネガティブ記事に振り回されて自分は物知り、
>Appleに文句言う自分はかっこいい

こういうのはね、mac好きな人のほうが多いような気がします。AppleのCMがそうじゃないですか。どっちもどっちなんですよ。子供のけんかですよ。

匿名

>ネガティブ記事に振り回されて自分は物知り、
>Appleに文句言う自分はかっこいい
日本で売れていないのは事実だし、App Storeはほとんどが海外製アプリで日本人向けではないと言うのも事実だと思いますが。

日本での話しと、北米での話しを意図的に混ぜて語ってはいけないと思います。

ebaera

iphone欲しい!
と思いながらなぜかタッチダイアモンドを買ってしまった私。。

prodigy

>日本で売れていないのは事実

ソースは?

higekuma3

iphoneは、
日本の今までの
モバイル生活をまったく無視した導入と理解しています。

mixiの日記もブチギレて
ろくに書けないのって、あり得なくないですか?

回線の問題かもしれませんがね。
ならば、別の手法を用意するとかね。

日本独自のモバイル生活のこと
無視というより、
「へぇ。そうやったん」「どうでもええわ」ってのが
現状なんじゃないでしょうか。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.