Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 「デッサン力」がない人が「絵を描く楽しみ」を味わえる時代 | Main | セコイア・キャピタルのプレゼンに込められたメッセージ »

PhotoShare向けAddOnソフト募集

Poweredby

 先週の金曜日(日本時間の土曜日)に販売を開始したSmallCanvas、PhotoShareユーザーの多くの方々にご購入いただき(そして実際に使っていただき)、大変感謝している。

 無料で提供しているPhotoShareに対する「ご祝儀」の意味も多々あるとは思うが、わずか三日でアクティブ・ユーザー(ユーザー数は未公表)の15%以上の方々にご購入いただけたのは予想を上回る成果。

 まだまだ母体となるユーザー数が小さいので黒字化にはほど遠いが、「無料で提供しているPhotoShareをソシアル・ネットワークの母体として活用するAddソフトをコミュニティーに向けて販売する」というビジネスモデルの確立に向けた第一歩としては悪くないすべりだしだと思う。

 後はユーザーからのフィードバックを(PhotoShareを通して直に)受けながら改良を重ねて、20%、25%、と普及率を高めて行く努力をしつつ、同時にPhotoShareコミュニティそのものを大きく育てて行く、という、とてもシンプルなビジネスモデルだ。

 ちなみに、SmallCanvasをPhotoShareのAddOnアプリケーションとして販売することを決めた段階で、PhotoShareそのものに、SmallCanvasなどのAddOnソフトの広告を表示する仕組みを入れておいた。左の図(各画像の詳細ページ)の、"Powered by (Small Canvas)"という部分がそうだ。

 仕組みはいたって簡単。SmallCanvasからPhotoShareサーバーに画像をアップロードする際に、商品のIDを一緒にサーバーに渡しておき、PhotoShare側でそれを表示する時にそれをAppStoreの販売ページへのリンクへと変換して表示するだけの話だ。

 当然だが、AddOnソフトはSmallCanvas一つで終えるつもりななく、これからさまざまな形の「ユーザーが何らかの創作活動をして作った画像をPhotoShareにアップロードして、そこから生まれるコミュニケーションで楽しむ」というアプリケーションを、社内外の力を作って開発・発売して行きたいと考えている。

 SmallCanvas以外にも、すでにいくつかのプロジェクトは進んでいるのだが、どんなアプリでも開発には1〜2ヶ月はかかると思うので、今のうちにネタを仕込んでいただこう、という願いも込めてパートナー募集要項を書いておく。

【PhotoShareパートナー・プログラム概要】

  • 対象:個人または法人
  • ビジネスモデル:アプリの売り上げからのロイヤリティ(後々はアフィリエイトも考慮)
  • ターゲットデバイス:iPhoneもしくはiPod touch
  • アプリの種類:ユーザーが何かを作ったり達成した後に、その作品もしくはスクリーンショットをPhotoShareに投稿して他のユーザーと共有して楽しめるものならなんでも。例:画像処理、写真加工、画像生成、アート系、育成ゲーム、ハイスコアを争うゲームやパズル、CGM型ゲーム、収集ゲームなど(ただし、画像処理・画像加工系に関してはSmallCanvasも含めてすでに社内でいくつかプロジェクトが進んでいるので、よほどユニークなものでないと難しい)。
  • 応募方法:アプリの実機でのベータテストが可能になった段階でphotoshare(アット)bigcanvasinc.comにメールで連絡。新規アプリである必要はなく、すでにApp Storeで販売しているもの、開発中のものもOK。
  • PhotoShareへの画像のアップロード方法:APIをライブラリで提供(UIImageオブジェクトをUploaderオブジェクトに渡すというもの)
  • 選考基準:「PhotoShareのコミュニティがそれによってもっと楽しくなるか」「有料で販売する価値があるか」「ちゃんと安定して動くか」「メモリーリークは検出されないか」などなど。
  • 応募期間:いつでも

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef0105358a2ede970c

Listed below are links to weblogs that reference PhotoShare向けAddOnソフト募集:

Comments

screw

ふつうに他のアプリがありそうですが、たまごっちみたいにキャラクターを育てるとか楽しそうです。画像データから抽出できるパラメータ、ユーザの投稿頻度、そしてその他諸々のデータを元に卵からキャラクターが成長するものです。普段はモニタ内で適当に生活してて、それを見てても楽しいし、成長させるためにいろいろ投稿してみるか、って気になるような。キャラクターがアップした画像を食べて加工してしまうとかも楽しいですよね。自分の行動によりキャラクターが成長するので、画像を投稿したりするモチベーションは上がるのかなーとか。

K2nd

大変面白い企画ですね。
SmallCanvasの発表とちょうど同じタイミングでたまたま別のらくがき掲示板用のGUIを考えていたので、それとあわせてアナログとデジタルの良いとこ取りをしたお絵描きツールを設計&デザインしてみました。

i M A G E B A R - f o r i P h o n e
http://www.ixus.jp/archives/51761783.html

今までにあるメジャーなお絵描きツールは、アナログで描いていた経験からすると直感性に今ひとつと思っていたので、カラーパレットや内部的なレイヤー構造などを工夫しております。構想〜デザインまで約2週間です。

実はiPhoneのタッチパネルの精度が今ひとつわかっていないので(※)、仕様調整はそれなりに必要になるだろうなぁと思っております。
※iPhoneはペンデバイスのオプションはありませんよね?

UIE JAPANさんの方でUIデザイナー募集との記事もありましたので、そちらもあわせて駄目元でエントリーしようと思っております。3年以上前から中島聡様の弟子入りがしたくて、こういうチャンスがくるのをずっと待っておりました。^^;

以上ですが今後ともよろしくお願いいたします。

Libbotard

The topic is quite curious, i must say

やま(リンゴマーク)まや

朝と帰りの電車でPhotoShareの投稿をチェックするのが日課になっております。
ステキなアプリを無料で公開していただきありがとうございます!(>w<
実は、いま3Dモデルビュアーを開発しています。
好きなアングルからのスクリーンショット機能なんか入れて、そこからPhotoShareにアップできたら楽しいかも!などと考えています。
アプリはまだプロトタイプで、メモリリークなんかしてるので、もう少しマシな形になってきたら参加希望を出したいと思います(^^

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.