Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 「深いところにいる何か」を捕まえに行ってこそ大きなビジネスになる | Main | AppBankインタビュー »

単なる「低コストの外注先」ではなくなりつつあるインドのIT産業

 今週はMBAの授業の一環でインドのいくつかの企業を訪ねてまわっているのだが、今日行ったのはInfoSys。

 InfoSysは、Fortuneマガジンが"Top Companies for Leaders 2007' list"の10位に選んだ、インドの「IT産業」の花形。

 単なる表向きの宣伝ではなく、会社としての経営理念だとか、人の採用のしかたまで踏み込んだとても有意義なディスカッションができた。

 日本のIT産業と大きく違う部分をハイライトしてみると、以下のようになる。

1. 日本のITゼネコンのように下請けを使うことは一切せず、すべて社内のエンジニアが顧客のためのプログラムを直接作る。エンジニアの数はちょうど10万人を超したところ。

2. InfoSysにとっての一番の財産はエンジニアたち。社員教育にとても力を入れている。新入社員は数週間の合宿で基礎知識を徹底的に叩き込まれ、その後も6ヶ月はトレーニング期間。

3. 新入社員の年収は日本円にして50〜60万円。それが2〜3年後に一人前の仕事ができるようになると250万円程度になる。シニアエンジニアだと1000万円クラスもいる。絶対値だけだと日本よりも低賃金だが、昼ご飯を60〜80円で食べることができるインドの物価(ちょうど日本の10分の1ぐらい)を考えると、悪くない数字だ。

4. 基本給与に加えて、顧客の要望する品質のものをスケジュール通りに開発するエンジニアには、基本給の最大50%までのボーナスが支給される。このシステムにより、顧客の満足度を高めることを会社の理念の核に置いていることを全社員に徹底的に知らしめている。

5. 日本のようなSE/PGのような分け方はせず、顧客のビジネスの領域(例えば金融業)に詳しい「ビジネス・コンサルタント」とJ2EEとか.Netという個別の技術力を持つ「テクニカル・エキスパート」がチームを組んでプロジェクトを担当する。どちらの職種が偉いなどということは決してなく、キャリアパスとして、特定のビジネスの領域の知識で勝負するのか、特定の技術力で勝負するのか、を選ぶだけのこと。

6. InfoSysの売り上げの90%以上が海外(60%が米国)。「官庁からの受注でおいしい思いをする」なんてことはできず、すべて実力で顧客を勝ち取らなければならない厳しい環境に常に置かれて鍛えられて来たのがインドのIT業界。

 なぜInfoSysがここまで急速に成長できたかが良く理解できる話だ。国全体としてはまだまだ発展途上のインドだが、ことIT産業の外貨獲得額という話で言えば、すでに日本を大きく抜いている。エンジニアの待遇も労働環境も決して悪くない。インドのことを「単に値段が安いだけの外注先」と見下していると痛い目にあう。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef01127943fbd728a4

Listed below are links to weblogs that reference 単なる「低コストの外注先」ではなくなりつつあるインドのIT産業:

Comments

common

日本のSE,PGの待遇はあまりいいうわさを聞かなく転職が多くこの記事を見るだけだと、とても良い様に見えますね。

 日本のIT業界の英語ができる優秀な人材が日本の労働環境から脱出する手段がまたひとつ増えてさらに人材不足に・・・。
 というマイナス思考が・・・。

SQ

言い方は極端かもしれませんが、日本のIT業界は
価値がないことに価値があるように教えられたり
裸の王様みたいです。

新興国など比較的若い方が、物事の本質を受け入れやすいのかなと
最近は思ってきました。

ゲッコー

日本は理系冷遇であると聞きますが
特に大手SIerの二次請けのような地方の小さなソフト開発会社に
身を置いていた時には、かなり厳しい待遇でした
労働ビザの壁がなくなり、英語ができるエンジニアが増えたら
海外へ行く方も増えるかもしれませんね

just a reader

InfoSys といえば HBR の The Best Advice I Ever Got を思い出します。名文。
http://hbr.harvardbusiness.org/2008/03/the-best-advice-i-ever-got-kris-gopalakrishnan-cofounder-and-ceo-infosys-technologies/ar/1

tito

メールアドレスが探せなかったのでコメント欄で失礼します。cookieを有効にしてこのブログを訪れるとポップアップが全画面、赤い派手な背景色で”あたりましたあたりましたあたりました”と出てフォームに個人情報をいれさせるような広告(?)が表示されます。2度目は表示されないようですがクッキーを削除して訪れると又出ます。今日の14:40頃、21:15頃に確認しました。ご承知ならば結構ですが、環境によっては表示されないのでひょっとして気付いていない可能性もあるかと思いまして、書き込み失礼させていただきました。

shin

いつも中島様のブログを楽しみに拝見させていただいております。
本エントリーとは無関係ですが、titoさんのコメントにもありますように、
数日前からこのブログにアクセスするたびにポップアップブロックが出るので
不思議に思っていたので気になったのですが、
ひょっとして自分のPCがスパイウェア等に感染してまったのでは
と思い確認していましたところ、本ブログのページにリンクされている「今日のひとこと」の
URLのドメインから無関係と思われるドメインのサイトに誘導(DNSポイズニング?)され、
さらに別のURLのポップアップ広告を表示しようしているように思われました。
既にお気づきもしくは指摘させていただいた内容が間違っておりましたら申し訳ございません。
余計なお世話とも思いましたが、せっかくの中島様のブログを気持ちよく拝見したいと思い、
コメントにて失礼させていただきました。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.