Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« SamsungがWidgetプラットフォームをオープン化 | Main | Appleの将来について考えてみる »

AppleをAppleにしているもの

 ワシントン大学で受講しているMBAの授業もあと3ヶ月を残すばかり。来週から始まるクラスの一つが「General Management & Strategy」というクラス。Microsoftの戦略コンサルタントを勤めるCharles Hillというやり手の教授の授業は、スピード感とテンションの高さで大好きなクラスの一つだ。

 最初の授業が「Apple 2008」と題したケーススタディ。Appleの歴史を勉強した上で、Appleの長所・弱点、そしてそれを取り巻く環境を解析する(SWOT analysis)というクラスだ。妻が「あなたが教えるべき」というぐらい楽しいテーマなので、水を得たさかなの様にレポートを一気にまとめて準備完了。せっかくなので、キーポイントをここに書いてみる。

 Appleの強みはいろいろとあるが、「他の企業がそうかんたんにはまねできない強み」という意味で絞り込めば、以下の2つになる。

1. デザイン重視のカルチャー

 「Steve Jobsが商品のデザインの細かなところまで口を出す」という話は有名だが、単にそれだけの話ではなく、Jonathan Iveが率いるデザイン・チームの商品開発に関しての特権を与え、それを開発陣が許してしまうカルチャーを作ってしまったところにSteve Jobsのすごさがある。これが、iPod nanoやMac Book Airのような「ただただセクシー」なデバイスを作ることを可能にしている。

 一般のハードウェア・メーカーは、「デザイナーはケースだけ作っていればいいから、中身は俺たちにまかせろ」的なもの作りのカルチャーがしみついているので、デザイナーが「コスト度外視でネジが見えないようにして」とか「重くなってもいいからアルミの削り出しのケースを使いたい」などと言ってもなかなか通らない。「中身よりも外身が大事」「デザイナーの方がエンジニアよりも最終決定権を持つ」ぐらいの大きな変革を社内に起こさない限り、Appleのような製品はなかなか作れない。

2. iTunes Store

 iTunes Storeはその仕組みやコンテンツの充実度で既にMicrosoftやNokiaの2年先を走っているが、根本的な強みはそこにではなく、「既に数百万人のユーザーがiTunes storeでいろいろなものを抵抗なく買っている」という事実にある。だからこそiPhone向けのApp Storeはあっというまに成功をおさめたわけで、そんなユーザーを抱えていないMicrosoftやNokiaは仕組み作りだけでなく、ユーザー集めから始めなければならないから大変だ。特筆すべきは、iPhone向けのアプリの販売が、通信キャリアの課金システムを使わずに成り立っている点で、それが世界規模でのアプリの流通コストを極端に下げ、開発者を夢中にさせているのだ。

 そして弱みと言えば、この一点に限られる。

Steve Jobsの現実歪曲空間を作る力に頼ったビジネス

 Jobsがすごいのは、新商品の発表を一手に引き受けて見ている人を酔わせるプレゼン能力(Marketing)、とことん細部までこだわったデザインを追求するリーダーシップ(Design)、音楽業界や携帯電話業界の常識を塗り替える契約を交わしてしまう交渉能力(Business Development)の三つを持ち合わせ、文字通り業界を乗り越えたビジネス革新を起こしてしまったこと。Jobs抜きでどこまでファンをつなぎ止められるか、どこまでデザイン重視のカルチャーを維持できるか、業界の壁を乗り越えた革新を起こし続けることができるか、がこれからのAppleを担う鍵となってくる。

 レポートには、これからAppleはどんな戦略のもとにどんな商品・サービスを展開しているべきか、という話も書いたのだが、それは別のエントリーで書こうかと思う。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef01156f00b269970c

Listed below are links to weblogs that reference AppleをAppleにしているもの:

Comments

dankogai

s/SWAT/SWOT/g
# では?
Dan the Spellchecker

Satoshi

はい、タイポでした。ご指摘ありがとうございます。

Ken

Opporutnityは何を考えましたか?
やはり、デジタル家電が複雑化・ネットワークしているなか独自の商品企画とUI設計能力で他の分野に進出していくことでしょうかねー(車とか噂されているし)。そういう中でもすでにiTunes StoreというコマースとUEのインフラを持っているのは強いですよね。。。メーカー独自に作るのは非常に難しいですし。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.