Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« Appleが打つべき次の一手 | Main | 外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法(必勝法) »

iPhone OS 3.0 に関してひと言

 米国のPR会社に勤める知り合いに「iPhoneの新しいOSに関してひと言」というテーマでインタビューを受けた。要約するとこんな感じ。


インタビュアー:3.0 に関してどう思うか

:Big Canvasのビジネスにとって一番プラスになるのは間違いなくPush Notification。昨年の9月にリリースされるはずだったので、その時から首を長くして待っていた。PhotoShareのようなコミュニケーション型のサービスにとって、Push型で情報を届けることは、携帯電話にふさわしいおもてなしを提供するという意味でも必須。3.0向けのSDKを入手し、開発をしているところだ。

インタビュアー:3.0でApp Storeはどうなると思うか

:私は常日頃から「AppleはGoogleやMicrosoftの18〜24ヶ月先を走っている」と言っているが、今回のアップデートで、Appleは業界のリーダーシップのポジションをまだしばらくは走り続けることを明確にした。Big Canvasのようなベンチャー企業にとって「適切なマーケットにタイミングよくものを出すこと」は何よりも大切。iPhoneと他のプラットフォームの差がこれだけ開いてしまうと、私のような開発者に「少なくともここ数ヶ月は他のプラットフォームのマーケットに目を向けなくても大丈夫」という安心感を与えてしまう。これがAndroidとかWindows Mobileのアプリ市場のスムーズな立ち上げをさまたげ、さらに差が開いてしまうという悪循環を起こしかねない状況だ。別の言い方をすれば、iPhoneは社運をかけてアプリを開発する魅力があるが、AndroidにもWindows Mobileにもそんな魅力はない、というのがベンチャー企業の経営者としての正直な感想だ。

 この手のインタビュアーは、はっきりとした意見を言ってあげると喜ぶので、多少誇張した面もあるが、それにしても最近のMicrosoftはどうしようもない。シアトル近辺にとびかう噂では、iPhoneの登場でWindows Mobileチームは完全に浮き足だってしまい、せっかく立ち上がりかかったエンタープライズ・ビジネスからコンシューマー向けに大きく舵取りをして、混乱の極みだそうだ。Windows Mobileにだけは手は出さない方がよさそうだ。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef01156f59d365970c

Listed below are links to weblogs that reference iPhone OS 3.0 に関してひと言:

Comments

たこやき太郎

>Push型で情報を届けることは、携帯電話にふさわしいおもてなしを提供するという意味でも必須

同感ですが、米国ではどうかわかりませんが日本ではあまりにもパケット通信料金が高すぎます。
LTEが普及してパケット料金が安くなれば日本でも爆発的な支持を得られると思います。

Windows MobileというかMSには失望ばかりしています。これからの戦略もまったく見えません。

Androidは、ちょっとまだ注目をしています。グーグルのサービスとの合わせ技をどのように演出するのかなあと
考えています。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.