Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« PhotoShare の Atom/JSON/JSONP Feed の正式発表 | Main | Big Canvas PhotoBeamer »

PhotoShare1.10の新機能とTwitterとのさらなる連携


Screenshot 2009.05.22 14.02.26 PhotoShareというサービスを開始して10ヶ月以上立つが、かなりユーザー数・投稿される写真も増えたので、そろそろ「人力によるカテゴリー分け」を試す時期が来たと判断して、Version 1.10 にいくつかの新機能を追加した。

 ピーク時になると、PhotoShareには一時間に500以上の写真が投稿され、「最新の写真」はあっという間に流れてしまい、しょっちゅうPhotoShareを立ち上げている私でも大半の写真を見逃すことになる。そこで少し流れの遅い「人気の写真」というものも用意してはあるのだが、「誰もが見たいだろう写真」を選び出そうという行為そのものに無理があるのでこれは根本的な解決にはならない。

 そこで、投稿者にある程度のカテゴリー分けをお願いしすることにより、自分の興味に合った写真を見つけやすくしようと導入したのが「コミュニティ」という機能。写真を投稿する際に、投稿者が「どのコミュニティ向けか」を指定できるようにしただけのとてもシンプルな機能だ。

 投稿先のコミュニティを指定するためには、まずは「コミュニティに参加」しなければならない仕組みにしてあるのだが、これはコミュニティの総数が増えた時に簡単に選べるようにという意味もあるが、他のユーザーがどのコミュニティに属しているかを見て、そこから自分が属したいコミュニティを発見できるように、という意味もある。

 ちなみに、今回のバージョンではまだユーザーが自由にコミュニティを追加できるような機能は提供していないが、今後のバージョンアップで順次対応して行く予定である。

 もう一つは、閲覧者がタグ付けできる「エモタグ」(Emotion Tagの略)という仕組み。「何に関しての写真か」はコミュニティの仕組みである程度把握できるので、ここは割り切って、閲覧者には「写真を見てなにを感じたか」という感情表現をすることにより別の角度からのカテゴリー分けをしてもらろうという仕組みだ。とりあえずは、Pretty!, Cool!, Adorable!(可愛らしい), LOL!(爆笑), Artistic!, Beautiful!, Yummy!(おいしそう)の7つのタグのみを用意しているが、後々追加できるように、サーバー側の変更だけで自由に追加できるようにしてある。

 まだこの仕組みを公開して日が浅いのでタグの数はそれほど多くはないが、すでにこの仕組みのおかげで、「Pretty!タグの付いた写真だけを見る」という楽しみ方ができるようになっており、今後の展開が楽しみだ。

 ちなみに、最近米国のマーケティング業界では「Twitterを使ったマーケティング」の話題で持ち切りなので、その勉強も含めて、7つのエモタグが付いた写真(もちろん「全員に公開」と指定したものだけ)のストリームそれぞれにTwitterの擬人アカウントを作り、そこに写真のタイトルとリンクを流す、という仕組みを作ってみた。Twitterユーザーの方はぜひともお試しいただきたい。
 これが果たしてPhotoShareのユーザーを増やすことに役に立つかどうかはしばらく効果を測定しないことには何とも言えないが、こんな形でTwitterとの連携ができることを実証できただけでもとても良い勉強になったと思う。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef0115709f9caf970b

Listed below are links to weblogs that reference PhotoShare1.10の新機能とTwitterとのさらなる連携:

Comments

気になりました

> 最近米国のマーケティング業界では「Twitterを使ったマーケティング」の話題で持ち切り

何故でしょうか…?

Satoshi

Twitterのユーザー数が急激に増えているし、有名人が使いはじめたこともあって、米国のメディアに一番注目をあびているウェブサービスがTwitterです。この例のようにAPIを利用した自動送信も可能なために、プッシュ型のマーケティングツールとして、いろいろな企業が使い始めています。Dellは中途半端な在庫をセールする時に使っているし、アラスカ航空は顧客サービスに使っています。

Sakakura

ブログの方に興味を持ち、さっきPhotoShareをダウンロードして遊んでみました。まだまだ、全ての魅力を体験しているわけではありませんが、それぞれの写真が持つ想いが感じられ、見ているだけでも楽しいです。
過去のブログで、設計、開発、テストまで一人で行っているという記事を見かけました。PhotoShareを作るにあたって、かかった時間を教えてもらえたらと思ってコメントしました。(私もiPhoneアプリの開発を一人で行っており、ふと興味がわいたため。)

Satoshi

 開発はサーバー側が増井君、クライアント側が私で、最初のバージョンは約3ヶ月で作りました。その後細かなバージョンアップはしていますが、コアとなる設計と開発は最初の3ヶ月でしたと考えていただいて良いと思います。

KENJI

Twitterオワタwwww

商業化に走る時期速くない???

usuzumisakura202

 中島さん、こんばんは。

 こちらへの書き込みは去年の7月以来、約1年ぶりです。

 前回は、iphoneやPhotoShareの写真を「デジタル写真立て」に送って見ることができるといいのにと思い、ソフトバンク(SB)さんに作って欲しいとお願いしてみたら・・・^^v本当に作ってくれました。

 6月に通信機能付きのデジタルフォトフレーム「PhotoVision 」
http://mb.softbank.jp/mb/PhotoVision/product/hw001/

 写真をメールでおくるだけなので、おじいちゃん・おばあちゃんでも大丈夫です。

☆会員数が増えると、比例して写真も増えますね。それをどんな風に分類・表示していくのか・・? その答えが、「コミュニティとエモタグ」なんですね。

 個人的には、「みんなが見たい写真」や「みんなに見て欲しい写真」が見たいな。
 
 例えば、見た写真の中で一番のお気に入りに「一票」をいれてもらい、「今日の写真」を決めるとか、エモタグに「お気に入り」という特別な写真を分類するタグを作るとか。(今の所、こんなことぐらいしか思いつきませんで、ごめんなさい^^;(汗)

 ☆では、また遊びにきます。これから暑い夏へと向かいます。御自愛くださいね^^

たつや

今まで iPhone 3G で PhotoShare を使わせていただいていたのですが、今回、iPhone 3GS を購入したので iPhone 3G を Unlink しようとしたのですが、Unlink できないんです。逆に iPhone 3G から iPhone 3GS の Unlink はできるのですが・・・。コメントから質問させていただいて申し訳ありませんが、アドバイスをお願いします。

Perry_Rhodan

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20080718/p3
上記のサイトにて、PhotoShare の使い方というか、
レビューを見て、使わせていただいているのだが、このサイトで、
以下のサイトはWEB上で、全体を見るのに役立つとあったので、
http://www.bcphotoshare.com/
に、出かけてみたのですが、ログインが出来ません。
新規登録しようとしても、メールアドレスが既登録なのか、
こちらも正しく、動作しません。
上記のサイトにアクセスすると、「stack overflow at line: 455」と
エラー表示が出ます。対策をご指示願います。

kengo0831

今更ですがPhotoShareをバージョンアップしてください!!!!
ずっと放置ですけど、まだまだファンはたくさんいます。
まだまだできることはたくさんあると思います。
マルチタスクに対応するとか、高解像度に対応するとか、iOS 5に対応するとか、「いいね」的ボタンを付けるとか、フィルターとかトリミングとかフレームを編集できたりとか、Facebookに対応するとか、お知らせに対応するとか、こうやって書くとInstagramでいじゃないか!って感じになっちゃいますけど、PhotoShare独自の進化を遂げて欲しいです!
バージョンアップお願いします!

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.