Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« Google App Engine入門:実践編 | Main | もし日本のメーカーが iPhone を発売していたら.. »

とある家電メーカーでの会話:クラウドテレビ編

Android1   ある日本の家電メーカーでの会話。まずは副社長室での会話から。

技術部長:副社長、来年度の予算の件はどうなりましたか

副社長:大丈夫だと言っただろう。台湾・中国からの追い上げは相変わらず激しいが、テレビは家電ビジネスの要だ、経営陣としてもここだけは手を抜けない。来年も君たちにがんばってもらわなければならない。

技術部長:もちろんです。そのあたりは現場のエンジニアたちも強く感じてると思います。ちなみに、メールに書いてあった「戦略の変更」って何ですか?

副社長:そのことなんだが、経営会議でも持ち上がったんだが、台湾勢と戦うには、我が社にしかできない「差別化要因」が必要だ。価格競争では彼らにかなわない、消費者にとって目に見える価値を提供して、台湾製品よりも3割・4割増の値段でも喜んで買ってもらえるテレビを作らなければならない。私は、キーワードは「クラウド」だと思っている。

技術部長:え?「ク、クラウド」ですか。

副社長:そうだ。GoogleやAmazonがやっているクラウドだ。「あちら側」の話だ。

技術部長:「あちら側」って?

副社長:「あちら側」のことも知らんのか。少しは外に目を向けなきゃだめだよ。後で何冊か本を送るから、今週末にでも読んでおくといい。

技術部長:もうしわけありません、ここのところ家にも帰ってなくて。それよりクラウドとテレビとがどう関係するんですか?アクトビラのことなら、先日も「あれはだめだ」っておっしゃってたじゃないですか?

副社長:アクトビラのことじゃない。これはもっと大きな戦略的な、プラットフォームの話だ。

技術部長:プラットフォームですか

副社長:まだ分からんのか、Androidだよ。うちのテレビにAndroidを載せて、我が社のテレビを「クラウド化」するんだ。「クラウド・テレビ」の時代のリーダーシップを取るんだ。

技術部長:「クラウド・テレビ」ですか。それとAndroidとどう関連するんですか?

副社長:「Androidを載せて実際になにをするのか」という具体的な商品開発の部分は君たちに任せるが、私が確信していることは、ここで「クラウド化」に乗り遅れたらうちのテレビは時代に取り残されてしまう、ということだ。台湾勢はAndroidを使うことにより、スマートフォンの開発期間をわずか6ヶ月に短縮したそうだ。その流れはテレビにも必ずやってくる。彼らよりもすばやく柔軟に市場のニーズに会わせた商品開発をするためにも、うちのテレビにAndroidを載せることが必須なんだ。

技術部長:6ヶ月でテレビを開発しろと言ったら、うちの連中は死にますよ。今のペースでも深夜帰宅の連続なんですから。Androidを搭載したからと言って、とつぜん開発コストが下がるとはとは思いませんが。

Android2  副社長:そんな簡単な話じゃないことは私も分かっているつもりだ。でもやるしかないんだ。世界の流れに乗り遅れるわけにはいかない。タイミングとしては、2011年の春モデルを考えている。次のCESで我が社の「クラウド戦略」を大々的に発表して、春に発売だ。

技術部長:しかし、もともとは2011年の春モデルって、その次の大幅なモデルチェンジまでのつなぎの予定だったはずですが。うちの主要なメンバーは、今そっちの方の設計にかかりきりで大忙しです。ご存知のように、チップから起こしているので...

副社長:そんな悠長なことは言っていられなくなったんだ。次期モデルのことは多少先送りになってもかまわない。今はこの春モデルに全力投球すべきタイミングだ。最高のメンバーを投入して、「クラウドテレビ」を実現して欲しい。

技術部長:分かりました。メンバーの編成も含めて開発計画を立てててみます。ちなみに、次期モデル用のチップの開発をしてくれている半導体部門にはどう説明しましょうか。

副社長:そこは私がなんとかしておく。君のところには春モデルに力を集中してほしい。

 20分後、技術部長のデスクにて。

技術部長:ということで、まずは春モデルを「クラウドテレビ」としてCESでデモできるところまで持って行くことを最優先にして、部全体を再編成することになった。

開発主任:しかし、それじゃあ次期モデルの開発は丸1年以上遅れてしまいます。来週には試作チップもできあがるんですよ。

技術部長:確かにそうかも知れないが、テレビのクラウド化戦略の話は社長にも伝わっているし、テレビ事業部の死活問題でもあるんだ。次期モデルの開発は、いったん研究所に引き取ってもらって、君にはAndroidを搭載した春モデルの開発に集中して欲しい。

開発主任:分かりました。ところで、Androidを載せてそれで何をするんですか。

技術部長:それは私にもまだ分からないんだ。CES向けには、何かAndroidが載っていることが一目で分かるような何かをデモしたいんだが、そのあたりも君のところで考えておいて欲しい。

開発主任:「Androidが載っていることが一目で分かるような何か」ですか。ウィジェットぐらいしか思いつきませんけど。

技術部長:例のYahooがデモしていたやつだね。そのあたりの細かいところは君たちに任せるから、ぜひともよろしく頼む。

 その25分後、今度はネットに詳しい若手エンジニアの席で。

開発主任:確か君は、前にAndroidをやってみたいと言っていたな。

若手:はい。大学の研究室ではLinuxでいろいろなデバイスを作っていましたし、Javaのプログラムも得意なんです。

開発主任:そうか、それは良かった。今度の春モデルにAndroidを載せることになったんだが、ぜひとも君に担当してほしいんだ。

若手:ありがとうございます。がんばります。ちなみに、ハードは現行のものをベースにってことですね。

開発主任:そうだ。メモリぐらいなら必要に応じて多少増やしても良いけど、次世代チップへの移行はその次の世代になる。

若手:ってことは、そこでまたゼロからAndroidを載せかえなきゃならないってことですね。

開発主任:そういうことになるが何か?

若手:いえ、結構大変だな、と思って。ドライバとかも全部作り直しになるし。

開発主任:次世代のことは心配しなくて大丈夫だよ。とりあえず春モデルに集中してほしい。ちなみに、君はテレビは見るかね。

若手:いえ、そもそもテレビ持っていないんで。アニメとかは、ネットでも見れるし、後はニコ動とかYoutubeですね。最近はそれも減って、Twitterばかりしてますけど。

開発主任:今の若い人はそんなもんかね。でもよろしく頼むよ。ところで、君はウィジェットには詳しいかね。

若手:自宅のパソコンがMacBookなんで、ウィジェットは使ってますけど。

開発主任:そうか。CESでのデモ向けに、ウィジェットがいくつか欲しいんだが...

若手:ウィジェットならHTMLなんで簡単に作れます。天気予報とか時計ウィジェットならサンプルもたくさんあるし。

開発主任:それは助かる。やはり君に来てもらって良かった。

 さらに1時間後、再び技術部長の席で。

開発主任:ということで、簡単なウィジェットのデモまでなら、CESまでなんとかなりそうです。

技術部長:それは良かった。これで副社長にも顔が立つよ。

開発主任:でも、これで台湾からのテレビに対抗できるんでしょうか?

技術部長:そこからはマーケティング部門しだいだな。「Android搭載、クラウドテレビ。ボタン一つでウィジェットが飛び出す」とかいうコマーシャルで大々的に宣伝してくれるだろう。

開発主任:うまく行くといいんですが。

技術部長:ちなみに、君の家ではテレビは見るかね。

開発主任:私はそもそも家に帰っていませんから、でも家内はドラマとかは見てるみたいですけど。

技術部長:ウィジェットとかに興味は持ってくれるだろうか。

開発主任:うーん、難しいと思います。そもそも今でさえリモコンのボタンが多すぎるって文句を言ってるぐらいですから。「また、ボタンが増えるの!」ってしかられそうです。

技術部長:うちの家内も同じだよ。しかし、今回のプロジェクト、うちの部署の死活問題なんだ。ぜひともよろしく頼むよ。

開発主任:了解です。

(ここに書いてあることは、すべてフィクションである。万が一同じような会話が実際の現場で行われていたとしても、それは単なる偶然の一致なのでそこはご了承いただきたい。)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef01310f6c1913970c

Listed below are links to weblogs that reference とある家電メーカーでの会話:クラウドテレビ編:

Comments

そうです

みんなバルセロナが悪いんです。

watanabe8760

クラウドって言葉に踊らされている全ての人に読んでほしいです。
悲しきかな、本業のシステム屋ですらこんな感じなのではないでしょうか。

通りすがり

>悲しきかな、本業のシステム屋ですらこんな感じなのではないでしょうか。
Ajax、Ajax言ってる馬鹿な上司なら居ますよ。

浜村拓夫

リモコンより便利そうなユーザーインターフェースとして、「タンジブル」というコンセプトが紹介されてました。
YouTubeにあったデモだと、タッチパネルでグリグリ操作すると、欲しいデータがポンポン飛び出してくるかんじです。
http://www.youtube.com/watch?v=ysEVYwa-vHM
iPhone→iPad→画面の巨大化という流れが進めば、テレビもタッチパネル化されたりして!?

shigeki

最近のITビジネス流行語を抽象度の高い順に、

1.「クラウド」「スマートグリッド」「ライフスタイル」
2.「エコシステム」「ビジネスモデル」「デファクト・スタンダード」
3.「アーキテクチャ」「プラットフォーム」「オープン」「コモディティ」

これらの言葉を使用しながら、具体的な「ガラパゴス」「iPhone」「Android」の例を加えれば、最先端のトレンドウォッチャーの出来上がり(聞き手に煙幕を張るのが得意。上辺を取り繕って、高尚に魅せる。 )。
「技術部長:「あちら側」って? 副社長:「....。後で何冊か本を送るから、...。」
会話が噛み合っていないけど、この部分が非常に面白い。

ettem

面白うて、やがて悲しきエントリかな。

部長や副社長はこんな感じでもいいけど。

> 若手:いえ、そもそもテレビ持っていないんで。アニメとかは、ネットでも見れるし、後はニコ動とかYoutubeですね。最近はそれも減って、Twitterばかりしてますけど。
とか
> 開発主任:私はそもそも家に帰っていませんから、でも家内はドラマとかは見てるみたいですけど。
が、「失われた○○年」の大きな原因の一つでしょうね。ウォークマンみたいに自分の欲しいものを作っていない。
でも、若い人にそれを言ってはいけません。今の大手企業で実際に手を動かして開発しているのは、多くが派遣です。そんな勝手なことをやったら、半年後には契約終了ですから...

Dyun

途中まで、実話だと思って読んじゃいました^^
副社長はともかく、他の3人の登場人物はSatoshiさんの
お知り合いに、モデルになった方でもいらっしゃるのでは?^^

テテス

これを笑える人は悲しい。おそらく身に覚えがあって。
これを笑えない人も悲しい。今どきのIT事情が分かってなくて。

tai

>> ettem
逆順に会話が回っていれば…と思わされますね。

 「君はTVみるかい?」
 「いえ、テレビありませんから」
 「では何してるの?」
 (略略略)
 「じゃあそれを実現しようよ。それで勝とう」
 (略略略)
 (プラットフォームをAndroidにしてとか以下略)
 「…というわけで、予算を!」
 (略略略)
 「来年度の予算の件はどうなりましたか」
 「大丈夫だと言っただろう。(以下略」

ettem

>> tai
なるほど。逆順に話が回ればいいのか!

こんな流れはどうですか?

開発主任: 君は何を見ているのかね。
若手: こんなテレビが欲しくって、闇研で作ってみました。
開発主任: なるほど、忙しい人にはちょうどいいな。俺の分も作っておいてよ。
:
開発主任: 部長、こんなのを若手が作っていたのですが、部長も入りますか?
技術部長: 試作品か? ずいぶん不恰好だな。でも1つくれよ。
:
技術部長: 副社長、こんなTVを販売したいのですが? 価格は100万円ほどになります。
副社長: いいな、これ。ぜひ、わが社の人柱ユーザー、おっとSO○Yファンに販売しよう。まあ、価格は、量産すればそのうち安くなるだろう... 完成したら、販売前でいいから僕のところへ送っておくように。
技術部長: どうされるんですか?
副社長: テレビを見るに決まっているだろ。

青井十九

大いに笑わせていただきました。楽しかったです。
特に「ところで、Androidを載せてそれで何をするんですか。」
と言うところで爆笑してしまいました。

昨日のセミナーをストリーミングで拝見していたので、開発スピードなどのおもしろさもしっかり理解できました^^
(セミナーの内容もとてもおもしろかったです。ありがとうございました)

しかし、この笑い話が実際に起こっているわけですから、あまりへらへらしてもいられませんね。

本当に求められる技術とは何なのか? そこを捉えきれない人が増えているのは、果たして誰のせいなのか? 難しいところです。

ネコ七

顧客のニーズを無視し、新しい言葉に振り回された商品を作っているだけだといつかしっぺ返しをクラウド

jun

自分が作りたいと思えるものを作る事が出来ない、またはしなくなった日本のエンジニアからは、イノベーションを起こす提案は出てこないのでしょうね。
ただ、こういった状況はチャンスでもある、という事もしっかりと肝に念じておかないと。
さて、何をしかけようか?

とおりすがり

>日本のエンジニアからは、イノベーションを起こす提案は出てこないのでしょうね。

そんなことをすればクビになりますよ?
寝言は寝てから言ってください。

Jack

English people!!!

kidz

先日のセミナーで中島さんの講演に非常に共感を覚えまして、名刺交換もさせていただきました。

そうなんですよ。最近の家電業界にはbuzzwordが多すぎてビジネスとの関連がちゃんと見えていないことが多いんですよね。

そのギャップを指摘するのは、トップなのか末端エンジニアなのか、ジレンマがありますね。

半兵衛

これ読んで笑えるって
私には笑えません 現実ですから
ITの分らない家電メーカーの社長に
顧客の欲しい物が分らない技術屋に
出来た物を宣伝するマーケティング部門

笑えませんなんか悲しくしいなあ

通りすがり

実際に、昔「XML を出力せよ」ってことで同じような話がありました。

笑えない…

わらえますね

自分は化学屋志望の学生なんで、機械とか情報関係には疎いのですが、これと同じことが

DHA、アミノ酸、コラーゲン、コエンザイムQ10

などにもいえそうです。実際に食品会社の研究室にいる人の話を聞くと
「自分が開発したモンは食えない」
とおっしゃる方もいらっしゃいましたし。

しかしこれ形で素人がよくわからない単語を羅列することによって「なんかわからないけどすごい」
ということで買ってしまう日本人は多いんですよね。物を判らずに買うヒトが大多数を占めている現状(の日本)ではこれでもそこそこ売れてしまうという負のスパイラルでしょうか、、

あ、れ?どっかで見たような…

http://techwave.jp/archives/51417545.html

主体があちら側の人ですが…。

t-tanaka

さて実際にAndroidを搭載したTVが日本の家電メーカーから出ることが発表になったわけだが。
http://googleblog.blogspot.com/2010/05/announcing-google-tv-tv-meets-web-web.html

inu

1年前の記事ですが見事に現在の状況を表していますね・・・凄い・・・

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.