Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 311とパーソナルメディア | Main | Visionaries Summit 2011での基調講演 »

官僚は日本の手足であり頭脳でもある。では政治家は?

「原子力損害賠償支援機構法案」に関して、経産省(もしくは財務省)が政治家向けに書いたとされる「名無しの文書」がリークされた(参照)。「この部分の修正に応じたら、東電は債務超過になって(破綻させざるをえなくなって)しまうので、徹底的に抵抗するように」と東電救済派の議員を手取り足取りで理論武装するための文書である。

本来ならば、政治家が日本の頭脳となって政策を決め、それを手足となって実行するのが官僚。しかし日本の場合、法案の作成能力などの頭脳が官僚側に集中してしまっているため、「電力の安定供給と、国民の安全のどちらを重視するか」「東電を破綻させて国民の負担を最小にするか、それとも東電を救済して銀行や保険会社への影響を最小限にするか」などの重要な政策判断が、政治家たちに上がって来る前にすでに官僚側でされてしまっているのだ。

そして、その「官僚が選んだ政策」が「日本のために(もしくは政権維持のために)最適の選択だ」と与党の議員を説得するのも官僚、実際の法案に落とし込むのも官僚、そしてその政策をあたかも自分が立案したように国会で答弁できるように与党の政治家を理論武装をするのも官僚である。

自民党政権があまりに長い間この枠組みに乗って政権を維持して来たために、民主党がいくら「政治主導」と叫んでも簡単には実現しないのが悲しい現実だ。

その意味では、(国民にとってはどんなに唐突でも)海江田大臣の「原発安全宣言」は今までの枠組みに従った(つまり自民党時代から引き継がれた「永田町のルール」に従った)行動であり、逆に、「経産省が決めた原発の再稼働」に逆らった菅首相の「ストレステスト宣言」は、永田町のルールでいえば「とんでもないおきて破り」だったのである。

官僚が国家の手足であり、かつ頭脳だとすれば、政治家は感情をつかさどどる「扁桃体」のようなもの(大脳辺縁系にあるアーモンド大の神経の集まり)。原発事故というストレスのために、「扁桃体」の一部が悲鳴を上げて「脱原発ホルモン」を出しているのだが、理性をつかさどる大脳が懸命になだめすかし、「原発の再稼働と東電の救済」という大脳が選んだ政策を観念して受け入れる様に説得している、というのが今の日本の現状だ。

 

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef01539053445e970b

Listed below are links to weblogs that reference 官僚は日本の手足であり頭脳でもある。では政治家は?:

Comments

neko

政治家は「意思」に相当するようにすべきでは

とおりすがり

 小泉政権について,どのようにお考えですか?改革を進めるため,政治家側に頭脳を担当させる仕組みを作っていたように感じますが。

MA

政治家は「顔」ですかね、よくも悪くも。逆に官僚の顔は見えません。

柳生大佐

>中島さん
滑稽なことを言われますね。
 
社会主義国というのは「国民全員が公務員」の国家のことですよ。
 
共産党・社民党・民主党はそもそも「公務員労組(官公労)を支持団体とする政党」ですよ。
 
・・・ゆえに
中島さんがこれらの政党に「脱官僚政治」を期待するとすれば
泥棒に治安を委ねるようなものです。
出来るわけがありません。
 
滑稽極まりないですね。
中島さん
「政治は素人だから分からない」では通用しませんよ。

masa

「東電を破綻させることが国民負担を最小にする」とありますが、この部分がわかりません。直後に「東電を救済して銀行〜影響を最小限にする」とありますが、これは矛盾した表現ですね。銀行や金融機関など、国民の資本を大きく運用している期間が窮地に陥り、ひいては破綻するようなことがあれば、最もツケがまわるのが国民です。
東電自体も犯した罪は重いとはいえ、グループ会社を含めて相当数の従業員を抱えています。被害のあった福島県民の中でも、相当数の方が東電関連企業で働いています。
「東電を破綻させる」というのは、この期に及んでさらに福島に苦しめ、と言っているように聞こえます。
将来的に会社縮小、あるいは国策で方向転換させる(風力など)、または競合相手を作って切磋琢磨させる、というのなら意味はわかるのですが。
「破綻」という言葉に個人的な感情を乗せていませんか?

webkozo

中島さんの意見に賛成です。
国家公務員から政治家になる人が日本の場合あります。
官僚出身の政治家が、天下り先を作ることもあります。
公共の利益よりも、一部企業や官僚組織やに有利になるように、利益誘導することが政治家の仕事になっている現状があると思います。
一般的な日本人の安全や健康を考えてくれる官僚がいれば、問題ありません。
一部企業の利益や成長、利権の維持が第一な官僚が主流だということに、問題点があります。

今回の福島での事故が起きた原因が、何かと考えると、東電と官僚の癒着が、安全を軽視したので被害が拡大したと思います。
なので、官僚組織に変化が無い限り、福島で起きたことと似たような事故や事件、人災が起こる可能性があると思います。
だって、東大などの御用学者の先生でさえ、今回の事故の重大を認めたのは、事故が起きて数ヶ月後だったではありませんか?

Nashville

永遠のパソコン少年の理科系うんちく~って言いながら、理系的な組み立てもなく、単に、脱・原子力を煽っているようにしかみえません。
今は団結力を以て、福島第一の事故終息に全力をつくすべきでしょう。志しあるもので新党なんて言語道断だと思います。

そもそも脱・原子力依存(放射能恐怖からの脱却)を考えるとき、「国境」という概念を持ってるうちは駄目。
(脱・原子力のリーダーシップをとるというのならまだ理解できる...)
あたりまえのことですが、偏西風も海流も国境を意識して流れてはくれません。中国、中華民国、韓国の原子力状況は分かっておられるでしょう。

それから何故、菅総理で脱・原子力が可能だと思えるのか、私には理解できません。
もう完全なるポピュリストでしょう。

基地移設、高速道路、子供手当で見通しが甘かったと断念したように、脱・原子力も、やろうと思ったんだけど...と言われりゃおしまいです。
一度騙されるのは騙した相手が悪い、二度騙されるのは騙される自分が悪い。そう思います。

追伸:
私はあなたが販売しているPhotoShareのユーザーですが、どうするつもりなのですか。放置でしょうか。凍結するならそのようにPSで伝えてください。エンジニアとしての誠意が感じられません。
そのあなたが、国を憂うと言われても...

IT営業

官僚が従っているのは永田町の論理ではなく、法律と組織の内規、そして慣習です。政治家が官僚を動かすには、法律に則って命令を出すか、立法・法改正の手続きを取れば良いだけです。

管と海江田の違いは、平然と違法行為を行う犯罪者か否か。
そしてあなたと管の共通点は、三権分立を否定しているところですね。

文法を無視して聞きかじりのコマンドを羅列した、コンパイラすら通らない代物を、プログラムと称して持ってきた輩に、あなたは対価を払いますか?

yumeno_tocyu

IT営業さんに座布団10枚(^!^;)。

通りすがり2

Nashvilleさま

>菅総理で脱・原子力が可能

なのではなく、それがいちばん近道なのです。
総理は四面楚歌なので、成就する可能性は著しく低く、大変遠い近道ではあります。
しかし現在総理の地位にある人物にそういう「思い」とやらがあるわけだから、曲がりくねっていようと先細りであろうと、それ以上の近道は他にありません。

脱/反原発を唱える人々は、それが困難な道であることは十分に承知の上です。

K

私が管総理を評価できないのはそのバランス感覚が信用できないからです。中島さんは実力もお金もあるし生活基盤も日本に縛られているわかではないので、(理系的に許しがたい)矛盾だらけの原発問題にフォーカスされるのは不思議じゃありませんが、私からすると、雇用・社会保障・教育・国際競争力・国防など、現実問題として原発よりもずっと心配な問題があって、総理というポジションにありがなが国家の本質にかかわる案件に無頓着に見えるとこがものすごく心配なのです。
管総理に日本を託しておいて大丈夫なのでしょうか。中島さん自身はプログラマとしても経営者として優秀な方ですばらしいバランス感覚をお持ちだと思いますが、ご自身の境遇は日本社会の平均像からはだいぶ離れていることをあらためてご留意いただいた上で(とはいってもインターネット越しに地方の現状とか実感していただくのは難しいと思いますが)、「日本の政治」を語っていただかないと、説得力があるだけ偏った方向に啓発してしまわないかと懸念します。

柳生大佐

中島さんは
「脱原発」と
「脱官僚政治」
の両方を目指すということらしい。
 
しかしねぇ・・・
原水禁(旧社会党系)にしても原水協(日本共産党系)にしても「その中核は公務員労組(官公労)」なんですよ。
ゆえに
「脱官僚政治の実現」を行おうとすれば・・・
官公労が大反対しますよ。
”反核団体員を解雇したり・給料を減額する”なんて言ったら反核団体に怒られますよ。
そうなったら
中島さんはどうされるのです?

ちょうど
「どんな盾も貫く矛」と「どんな矛も防ぐ盾」とを同時に売るようなものです。
(矛盾)
だから
中島さんは「政治の素人」と池田教授に言われるのです。

Yoshino

必死コメントが増えていますね。
論点すりかえレベルも低いから、あっちの「頭のいい人たち」なのかな(^^;

中島さんの発言が、核心を突いている証左だと思います。

柳生大佐

>中島さんの発言が、核心を突いている証左???
笑わせるんじゃない・・・
 
「辞任する」と言って辞任しない「嘘つき総理大臣」のところでお追従を言うだけの太鼓持ちに過ぎない中島さんのどこが核心を突いてるのさ?
 
「約束通りすぐ辞任してください!」
と言うのが核心を突くことだろうが!
え?(キリッ)

key

>必死コメントが増えていますね。
特に誰のこととは書いてないのに、即座に反応が返るあたり
必死になってる自覚はあるようですね。

Yoshinoさんの発言が核心を突いている証左、ということでしょうか。

柳生大佐

>必死コメントに必死にコメントするあんたは何なのさ?
ふふふふふふ・・・・♪

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.