Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 「ネット新党」構想 | Main | 311とパーソナルメディア »

「空気が読める日本人」と「言論の不自由」と

今朝の私のエントリーに対して、池田信夫氏がTwitterで二回つぶやいた。最初のものがこれ。

首相がブログ読んで素人に「脱原発」の知恵を借りるって末期症状だな・・・

典型的な「菅おろし」発言。まるで読売新聞のようだ。原発に関して色々と書いているブロガーと意見交換しただけなのに、なぜ「知恵を借りる」という表現を使ってわざわざこき下ろすか私には理解できない。オバマが同じことをしてもこんな風に解釈するのか?それとも、オバマだったら「国民の声を聞く、開かれた政府」と褒めたたたえるのか。

そして次がこれ。

私も彼のソフトウェアについての洞察には敬服しているので、おそまつな床屋談義はやめてほしい。

つまり「素人は黙っていろ」という意味だ。池田氏のうらみを買うようなことを言った覚えはないのだが、なぜここまで侮辱されなければならないのかまったく理解できない。「原発のことは原発の専門家に任せておけば大丈夫」と多くの国民が放置していたからこそ起こった今回の原発事故。素人だからこそ、原発の利害関係者ではないからこそ、何のためらいもなく脱原発と東電の破綻処理を語れるのだ。

ちなみに私は「空気を読め」とか「素人は黙っていろ」という発言を見るたびに悲しくなる。加藤喜一氏の言うところの「見えないタブー」(参照)が言論の自由を日本人自身から奪っているからだ。

経産省の中にも、東電の中にも、東大の原子力学者の中にも心の底では「もう原発は辞めた方が良い」「原発は決して安くなんかない」と思っている人は沢山いるはずだ。しかし「空気が読める」日本人は滅多なことでは自分の属する組織を否定するような発言はしないしできない。それでもたまには古賀茂明氏(参照)や小出裕章氏(参照)のような人たちが現れるから日本もまだ捨てたものではないが。

 

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef014e8a3dff92970d

Listed below are links to weblogs that reference 「空気が読める日本人」と「言論の不自由」と:

Comments

柏崎原発の近くに住む住人

おそまつな床屋談義を侮辱と受け取られておられるなら、

ぜひ、池田さんの返事に反論してほしいです。


この程度で、言論が不自由と思われるんですね。


ぜひ、言論の自由を貫き通してほしいです。

Ichijo

まず池田氏の側に論と呼ぶに足る内容を持った批判を出すように求めるのが先でしょう.
これらの2つのツイートはレッテル張り以上のものではないです.

ぷに

おもしろくなってきたな・・・

たしかに池田氏は口も悪いし、性格もイマイチだし、レッテル張りもするが、論理的に反証もするし、意見の合わない相手でも認める点は認めている。
ぜひ、池田氏のブログでの批判に対して論理的な意見で対抗してください。
応援しています。

pista

中島さんが積極的に発言する事、そして管総理が話を聞く事、おおいに結構だと思います。
池田さんは原発の何がわかるのか。

日本を代表するプログラマーである中島さんが発言する価値は多いにあると思います。
優秀な理系の人間が、専門外の事に口を出す事は非常に大切だと思うのです。
何故なら、専門の中にいる人間はどうしても自分の利権がからんでしまうからです。

自分は東大の生物系大学院生ですが、このような動きが起きていることを周囲に積極的に伝えて行こうと思っています。

是非この火種を消さないで下さい。管総理、そして河野太郎さんと、是非力を合わせ、日本に風を吹かせて下さい。
失敗したとしても、風を吹かす事には大きな意義があると思います。

Tomoya

「おもしろく」など、なってきてはいないと思います。

論争にたかる野次馬も、野次馬にしか支持されていない池田氏も相手にする必要はないと思います。
そんなことに中島氏の貴重な時間やエネルギーを割いて頂きたくはない。
「国民のことを第一に考えて働かざるをえない仕組み」の実現に向けて、着々とアクションを起こされていることにこそ、心底からの敬意を払いたいと思います。

柏崎原発の近くに住む住人

いっちゃ悪いが、この程度を簡単に反論せずに、

無視するなんてことをしていては、

せっかくの新党構想も、絵に描いた餅ですよ。

Ai

池田のような基地外を相手にする必要はないですね。
この手の挑発で不毛の議論に誘導するのが奴の常套手段。
マトモに論戦をする気もアタマもないし、ヒートアップさせて
注目が浴びれば良しとする低脳ですから。

>私も彼のソフトウェアについての洞察には敬服しているので

ソフトや通信、今回の原発報道、専門と称している経済の分野でもデタラメ
を垂れ流している池田風情が何様のつもりなんだか。

tomb

日本の原発の放射線で死んだ人はいないとか妄想を垂れ流してるイケノブに論理的反論とか、まさに鹿の耳に念仏でしょう。論理が通じる人だけ相手にすればいいと思います。

nakai

中島さんは「池田氏のうらみを買うようなことを言った覚えはない」と
仰っていますが、中島さんが首相に呼ばれて意見を聞かれたという点が
あの自称経済学者のプライドを傷つけ、嫉妬に狂わせているのです。
「原発や経済に詳しい(自称)専門家の自分を差し置いて
何故素人のエンジニアに意見を求めるのか」と。
これが中島さんや首相を貶める発言の真意です。

中島さんも原発に関してここまで発言されているのですから、
いつもの論理的で明快な反論を期待しています。
ただし、反論はアゴラではなく、このブログでお願いします。
彼は炎上マーケティングを得意とするPV乞食なので、挑発に乗らず
冷静な議論をお願いします。

eakas

池田信夫は小学校のクラスに必ず1人はいる屁理屈タイプ。

中島さんみたいに正面から取り組む事が出来ない小さいオジサン。

池田信夫が首相官邸に招かれることは無いでしょう。

柏崎原発の近くに住む住人


中島氏がこのエントリで指摘してきていることと同じ事を、書き込みしているのが多いのは、面白いですね。

j_tano

柏崎の方

私、本名ですよ。
twitter も同じく名前でやってます。

ところで、池田信夫氏には核廃棄物の最終処理を海洋投棄にで問題ないと書かれた根拠をお教えねがいたいですね。
ここが成り立たないと原発の電気安いとはならないんで、少なくとも、理系の3名くらいの論文をご紹介いただけると有りがたいんですがねえ。
もちろん、床屋談義は駄目ですからね。

原発の近くには住みたくない人

>首相がブログ読んで素人に「脱原発」の知恵を借りるって末期症状だな・・・

前のエントリー「脱原発・脱官僚新党を作りませんか?」を拝見して、連中がこういうコメントを付けてくるだろうなとは予想していました。しかし池田信夫氏のような有名人がこのようなコメントを付けてくるとは、本当に分かりやすい人ですね。氏と同じような意見を持った人は多いでしょうから、このエントリーはそれらの人々に対するメッセージとなっていて有意義だと思います。ただ、これ以上この件について連中とやり合うのは不毛な議論だと思います。またこれまでのエントリーのような文章を書いていっていただきたいです。脱原発・脱官僚新党ができるのかどうかはちょっと疑問ですが、これからどのようにして原発を廃止していけるのか、現実的な議論を冷静に展開して、着実な脱原発の道しるべを示していっていただきたいと思います。

はだしのマサ

池田氏はこき下しのプロです。無理矢理自分の土俵に持ち込み、相手が疲労困憊するまでこき下ろします。特に感性に語りかける中島さんの文章は格好の餌食となります。無視するのが一番です。

Bifuteki

お前も「理科系頭の人は考えてほしい」とか言って、暗に「バカな文系は黙ってろ」って書いてただろが。自分が言われた時だけそんなのかよ。

とおりすがり

なんだか自分に喧嘩売ってるような印象。

dokusha

池田氏の記事で興味深いのは、相手を「解は再生可能エネルギーだと思い込む」「硬直化したフレーミング」と批判する一方、自身は「その代わりは化石燃料しかない」「原子力というオプションを捨てるわけにはいかない」とこちらも”硬直化”しているように(素人には)見える。これは反論ではなく、信条が異なる事を宣言しているだけではないのか。

アイディアを有効な選択肢とすべく議論しているミーティングに、呼んでもないのに入ってきて、リスクばかり指摘して解決案は頭から否定、議論そのものを止めようとする人がいたら、その人は何か別の理由で反対しているのだろう。そうした場合にははどう対応すべきか。

ちなみに、池田氏の過去のIT関連の記事で、素人的にありがちであるが既に古い、そういうレベルの解説を実に堂々と書かれていたのを読んで感心した記憶がある。素人から見れば玄人でも、玄人から見たら素人ということもある。

たなかK

今後は、政治活動(新しい社会の制度設計とその啓蒙?)の道に進まれるのでしょうか。だとしたら、これまで楽しく読ませていただきましたが、このブログの購読も、またソフトウエアの継続利用も控えさせていただこうと思います。

床屋のおやじ

お二人とも床屋で仲良くね。

柳生大佐

>中島さん
「反原発を唱える人々」とは政治的には中国とか北朝鮮寄りの人々ですよ。
しかし両国とも「原発は絶対に廃止しない!」と言っています。おまけに核保有国です。
それなのに中島さんは彼らと行動を共にすると言うのですか?
 
古賀茂明氏もTVタックルで
「原発をどうするかで国民投票をしたらよい」
と可笑しなこと言っていましたが・・・
日本の反原発派はそもそもが「国民投票法の制定自体に反対」です。
「憲法9条が国民投票にかけられる」可能性が出てくるからです。
中島さん
どうします?こちらでは・・・
泥棒を無くすために泥棒と組むのですか?

原発無しのイタリアの電気料金が世界一高くて
原発80%のフランスの電気料金がEUで一番安いのですから
池田信夫教授の言い分の方が正しいと私は思いますよ。
  
私は中島さんこそが
「マスコミの反原発の空気に迎合しているだけ」
に見えるのですが・・・

RYU

「空気を読め」とか「素人は黙っていろ」は3.11以降、感情的な反原発派が原発擁護派に散々投げかけてきた言葉でもある所が実に皮肉。
東電の処理や発送電分離に関して意見を同じくしている方々が、原発に関して対立する構図がよく見受けられる。
そういう意味で原発論争は罪深い。
まず、東電の適切な処置や発送電分離を実現する事を優先し、次に原発含め今後のエネルギー政策について議論して行けばいいのでは?

masa

どうもお互い建設的な意見のやり取りじゃなく、罵り合ってる子どものケンカに見えますね。感情論じゃなく、徹底的に現実論を戦わせてほしい。その経緯を我ら無学なものは見て、勉強して、判断したい。今は推進派(維持派?)の意見もそれなりに筋が通っているように見えるし、反対派も言い分は共感するけども、いつも結論は人体に対する危険に帰着している。危ないのは充分に判ったから、では再生可能エネルギーで大丈夫なのか?となると、机上の空論ばかり出てくる。日本で実例ないからしょうがないんだけど。再生エネルギーで安定供給できなかったら腹を切る!くらいの気概がある人は出てこないかなぁ。。なんてね(笑)

tomato

2つ目のtweetは前後関係がわからないので何とも言えないが、1つ目のどこに問題があるのか分からない。
もしこれがダメだというのなら、あなた自身が自分への反論を封鎖したがっている人という事になってしまう。
そうでないのならもう少し丁寧な説明が必要。

はだしのマサ

柳生大佐さん

>「反原発を唱える人々」とは政治的には中国とか北朝鮮寄りの人々ですよ。

原発というのは民主的プロセスを全く通しておらず、限りなく共産主義的に見えます。
なのにそれに反対する事が何故共産主義的なのか?
この手の主張を初めて聞いた時は、何の事やらさっぱりでした。

でも、3.11以降、反原発の歴史を学んで納得しました。
そういう教育を受けてきたのですよね、上の世代は。
共産主義は敵だ、反原発は敵だ、と。

下の世代から見れば、それこそ共産主義的マインドコントロールにしか見えない。
皮肉ですね。

柳生大佐

>はだしのマサさん
 
原水爆禁止日本協議会(原水協)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%B0%B4%E7%88%86%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A
は日本共産党系の団体ですよ。
1963年には
「社会主義国の核兵器は侵略防止のためのもので容認すべき」
とまで言っています。
 
また原水爆禁止日本国民会議(原水禁)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%B0%B4%E7%88%86%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%B0%91%E4%BC%9A%E8%AD%B0
は社会党系の団体です。
 
分かりましたか?
このように両者ともに左翼系であることは一目瞭然です。
ゆえに
マインドコントロールにかかっているのは私ではなくて
あなたの方です。
反論するならちゃんと根拠を示してくださいね。

はだしのマサ

はっきり言わせてもらうと、右だの左だので騒いでるのは団塊の世代以前の方々です。
脱原発や反原発のデモに参加している若者に、あなたは共産主義者ですか?
それとも民主主義社ですか?なんて聞いても、ナンセンスでしょ?
今や問題はそんなところではない。

そもそも原発が是か非かという議論をするときに、
それを政治闘争と読み取ってしまうところが、
上の世代のマインドコントロールだと言ってるのですよ。

そんな本質的でないところで争う必要性がどこにありますか?

はだしのマサ

中島さん、汚しちゃってすみません。。

> 柳生大佐さん

私は政治闘争という物を知らない世代の人間です。
なので、原発の是非がかつて、民主主義と社会主義(共産主義)の
政治闘争に利用されてきた歴史は、3.11以降に初めて知りました。

しかしながら、そのような考え方はこれからの時代にはナンセンスだと思います。
現に、原発のデモに参加する若者たちは、政治的な(右左)思想は
何も持ち合わせておりません。反原発は社会主義(共産主義)だと言われても、
ハテナ?なだけです。原発が政治闘争であった時代はとっくに終わったのだと思います。

現在の私たちにとって原発問題というのは、エネルギー問題であったり、
経済問題であったり、環境問題であったりします。
そして問題の本質として、硬直化した政治・行政の問題がある。

中島さんの提案は、その硬直化した政治を解きほぐすための新しい試みだと思います。
だから、旧来型の政治の枠組みを持ち込んで議論する事に意味はないと私は思いますが。

*マインドコントロールという言葉が気に障ったなら謝りますが、
そう見られても仕方が無いくらいにジェネレーションギャップが生まれて
いるのではありませんか?

田中眞一

池田さんの記事と両方拝見しましたが、中島さんは悪く受け取りすぎているような気がします。
「智慧を借りる」という発言も、「床屋談義」という発言も、中島さんの受け取っておられるような意味ではないですよ。ツイッター上では舌足らずになるうえに、言い方も悪いと思いますが、池田さんはその意味をちゃんと記事でまじめに説明しておられますし、けっして相手の人格を攻撃しているわけでもないことが理解できるはずだと思います。
すぐれたブログを書いておられる方同士が、つまらない誤解ですれ違ってしまうのは、僭越ながら読者としては悲しい見ものです。

7k8m

日本人は空気なんて読めていないと思います。
空気を読んでいるのではなく、空気に呑まれて流されているだけ。

本当に空気を読めるレベルのコミュニケーションができているなら、社会がこれだけ混乱しているわけ無いですよ。

空気読めとか、馬鹿じゃなかろうか。


hoge

”おそまつな床屋談義はやめてほしい。”とは、稚拙で短絡的な脱原発のスローガンに終始せず、実現可能なソリューションを提示してみたら?ってことだと自分は解釈しました。素人は黙っていろと受け取るのは、単純な拒否反応からでしょうか。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.