Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 原発は経済活動にとってのドーピング | Main | 「ネット新党」構想 »

脱原発・脱官僚新党を作りませんか?

7月28日の夜、菅首相に会って来た。原発問題に関して書いて来た私のブログが菅首相の目に止まり、「この男に会いたい」ということになったそうである。私自身も、海江田大臣の原発安全宣言から菅首相のストレステスト宣言に至る台所事情を知りたかったこともあるし、色々とお願いしたいことも会ったので、喜んで参上した、というしだいである。

具体的にどんな話をしたかは8月から開始するメルマガ(参照)の方に詳しくレポートする予定だが、私が菅首相にどうしても伝えたかったのは、東電を経済原理にのっとって破綻処理しなければ国民は納得しない、という点。「私は民意を反映した政策を打ち出し続ける限り、菅さんを支持し続けますが、万が一東電を救済するようなことになれば、その時点で支持を打ち切ります」と伝えて来た。

マスコミの「菅たたき」が激化し、支持率も低迷する中、私のように菅首相の発言や行動を純粋に政策面のみで評価する人はごく少数というのも事実である(下村健一氏に言わせると、私は「隠れキリシタン」のような存在だそうである)。しかし私としては、菅直人という人物が総理大臣の椅子に座っている限り、不必要な裏読みなどをせずに、政策そのものを評価するというのが、この時点で私にできる最善のことだと信じている。

経産省+東電の反対を押し切って脱原発や発送電の分離を実現するのは簡単ではない。菅首相にそれが実現出来るかどうかはまだ分からないが、総理大臣を毎年のように交代させていては、何も変わらないことだけは今までの自民党政権が証明している。

ちなみに、私が菅首相に提案したのは、以下のようなもの。

  • 被災者の補償を優先し、政府が東電に変わって賠償金の立て替え払いを前倒しで進める。
  • 国の「立て替え払い」で地下遮蔽壁の建設に速やかに着工する。
  • 高汚染地域の土地の買い取りなども含めて賠償額の概算を政府が行う。
  • その賠償額(数〜十数兆円)を元に東電の債務超過の認定をする。
  • 100%減資、取締役の解任、年金カット、借金カットをする(国からの資金注入の条件)
  • 新株を発行し、国が資金注入し株主となる(一時国有化)
  • 送電会社、発電会社(原子力以外)、原発会社、の三つに分割する
  • 送電会社は国策会社として運営するが、後に上場する可能性も検討しておく。
  • 発電会社は、速やかな売却もしくは上場により民営化する。
  • 電力債の返済責任は、送電会社と発電会社が引き取る。
  • 原発会社は、福島第一の事故処理、被災者の補償、他の原発の運営・廃炉を担当する。
  • 原発会社の運営の原資は、送電会社からの営業収入、送電会社の売却益、使用済燃料再処理等積立金を当て、それでも足りない場合にだけ税金で補填する。
  • 東京電力以外の電力会社の原発、六ヶ所村の再処理工場もこの原発会社で引き取る。

東電・経産省・財務省・銀行・生命保険会社の猛反対が避けられないプランだが、資本主義経済の原則に忠実に、国民の負担を最小にし、かつ、被災者の救済を速やかに行うには、この方法しかないと私は考えている。

菅首相が私の主張を受け入れてこんな方向に国を動かしてくれるかどうか、動かせるのかどうか、はまだ分からないが、その方向に向けた努力をし続けてくれる限り私はサポートする。

もし途中で菅首相が途中で退陣せざるを得なくなってしまった場合の事も考えておかねばならないが、民主党の誰が新しいリーダーになればこんな政策を押し進めることができるのか私には見えてこない。かと行って、谷垣さんが総裁をしている自民党にこんなことができるとも思えない。政策的にもっとも「まとも」なことを言っている河野太郎(参照)が自民党の総裁になってくれれば、自民党を支持しても良いとは考えているが、どうも現実的とは思えない。

いっそのこと、自民党・民主党だけでなく、共産党までも含めたすべての野党から「良識のある政治家だけ」を集めた、脱原発依存・脱官僚依存を党の方針とした新しい党を作るというのはどうだろう→菅さん、河野さん。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef0153904636c4970b

Listed below are links to weblogs that reference 脱原発・脱官僚新党を作りませんか?:

Comments

ガイガータイムズ

今現在、原発関連で専門知識を持ち、尚かつ信頼できる人達

●小​出​裕​章 ●ガ​ン​ダ​ー​セ​ン ●児玉龍彦 ●後​藤​政​志 ●飯​田​哲​也 ●河野太郎 

役立たずの「原​子​力​安​全​・​保​安​院」「原子力委員会」を解体、全員解任し、
上記の様なドリームメンバーで作る「原発事故収束&原発解体委員会」に調査、企画、実行指示の
権限を全て与え、事故収束と脱原発へ向けて動かす、という案を提案します。

おさるさん

菅首相に思いを伝えられたとのこと,何よりです.以前の2世議員のお坊ちゃん首相たちならとっくの昔に政権を投げ出していたと思いますが,菅首相の反骨精神には敬服します.ぜひこのまま,脱原発と再生可能エネルギーの普及を進めて欲しいものです.
発送電分離を実現するとともに,最終的には日本全体を1つの送電網とする「ナショナルグリッド」を実現するのが重要です.日本の送電網は各地域ごとの電力会社に分割されているため,不安定な自然エネルギーを大量導入するには容量的に限界があるからです.足りない電力を電力会社どうしで簡単に融通できないのもそのためですよね.まずは東京電力から始めて,徐々に他の電力会社の送電網も統合していくのが良いでしょう.

こーずぃ

初めてコメントします。
いつもわかり易く共感できる内容に感心しつつ、こういった意見が実際の施政に影響を与えられればいいのに、と思ってました。
今回の管首相に話をされた、という事に凄く驚くとともに感動いたしました。
自分も出来る事から努力して行こうと思いました。
これからも頑張って下さい。

H.W.

そういえば50,60Hzの周波数の問題はどうなったのでしょうか?

発電・送電・配電分離の前に、国として周波数を統一する必要性があると個人的には思いますが。自然エネルギーのシェア拡大のためには、家庭内の直流配電の規格を早急に決める必要もありますよね。5VはUSBの形状で良いと思いますし、ほっといても収束すると思いますが、12Vとかも必要だと感じています。

管首相はそこら辺で踏み込みが足らないから、延命策に見えているのでは無いでしょうか。

HAS

初めてコメントさせて頂きます。
ブログの記事が菅総理の目に止まるとは驚きました。
提案について大変興味深く読ませて頂きましたが、
この提案では以下の問題についてどのようにお考えでしょうか。

・賠償債務以外の債務カットを恣意的に行う場合の法的枠組み
既存の会社更生法、民事再生法では上記のような処理はできない。

・債権者間の公平性の問題
銀行から訴訟を受ける可能性が高い。

・債務超過認定をした後の資金繰りの問題
債権カットしておきながら銀行に運転資金を貸してもらえるでしょうか。
総額数兆円ですから銀行自体の経営にも影響がでそうです。

・送電会社と発電会社を誰が買うのか
電力債の返済があり、更に電力会社のオペレーション経験のある会社は電力会社しかない以上、電力会社を買う会社がいるのか疑問です。

RIRIO

私も初めて投稿します。
真面目そうな板と判断し小生のコメントをいれます。

HAS様の質問にある
・債務超過認定をした後の資金繰りの問題
については確か河野自民党議員のブログにあったと記憶しておりますが、政府保証をすることで金融機関(政府系を含む)からの借り入れが可能かとおもわれますが?
・更に電力会社のオペレーション経験のある会社は電力会社しかない以上、電力会社を買う会社がいるのか疑問です。

については、
現在卸売り電力に参入している商社が名乗りをあげてくる可能性もあります。
破綻会社の売却は三洋電機の例にもあるように従業員ごと買収する
ことが多いのでオペレーションにはそれほど不安はないのでは?

以上素人考えですが・・・

mint

脱原発・脱官僚ということで一つの党が出来るかどうかという点は少々疑問ではありますが、中島さんがブログで常に訴えているように、「何で勝負をするのか」、「どのような方向にもっていきたいのか」ということに通じるものがあり、大いに興味をそそられました。東電の件については、きちんと経済の原則にのっとった対応をするべきという考えは、アメリカでビジネスをしている中島さんならではの視点と思いました。管総理が総理としてよいかどうかはともかく、首相をころころ替えることの方がデメリットが大きいと思いますので、ここは管さんには頑張っていただきたいところです。

発電

●最初に、発電と、送電と、配電の3部門への分離です。
・電力会社本体は、配電事業は、実際には仕事していませんよ。すべて、下請けです。
・例えば、きんでんという会社は、すべての電柱作業と、屋内配線を請け負ってますよ。家庭からビルまで。ファイバーも
・日立、明電舎、富士電機が、提携を解消しましたが、スマートグリッドで単独事業できるからです。これらの会社が出資した会社で、すぐに利益を出せますよ。
●発電会社も電力売買で利益を出せますね。
●送電会社は、発電会社と配電会社がしっかりすれば、利益を出せるでしょう。

●原発の代替え=自然ネルギーと決めつけてるのは、池田氏や、電力業界や官庁だ。
1.原発の代替えその1は、バッテリーを導入すれば、短期間で解決できる。深夜5時間は2,500万kw、昼ピーク6時間の供給可能電力は5,500~6,000万kw。これは、3,000万kwを深夜にバッテリーに蓄電すれば、事足りてしまうということです。
・NAS電池、ニッケル水素電池、鉛電池は実用化、配備済み。リチウムイオン電池も低価格化が進んでいる。
2.原発の代替えその2は、GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)。オイルシェールガスはアメリカで開発済みで原発よりも安いのは実証済み。石油火力を無くして、安く、CO2を減らせる。原発よりも圧倒的に有利。
・原発一基140万kw3000億円+揚水発電4000億円ですが、GTCCは、1500億円ですね。工期も短い。都会にも作れる。
3.太陽光、風力は、設置期間は、原発よりも圧倒的に工期は短いですね。
・太陽光は、一般家庭用にも来年は増えていき価格は安くなると思います。これが出来なければ日本のメーカーは競争できませんからね。
・風力は洋上風力が有望ですね。超伝導海底ケーブルで、使用地で陸揚げすればよい。
4.地熱も非常に有望ですね。価格的にも、工期的にも、安全性も。これは、環境省が国立公園を理由に妨害してるらしいので、法律を作る必要があります。

発電

追伸
池田信夫氏の中島さんへの批判記事を見ておかしいと思い、書き込みしました。池田氏は、根拠なく断定、決めつけし、話をすり替えている。
>プロ(電力業界や官庁)は、電力不足や料金の上昇を心配していて、原発の安全対策はそれとは別の問題と考え、再生可能エネルギーは環境対策と割り切っている。
>ところがアマは逆に安全問題で頭がいっぱいで、まず「脱原発」から話が始まり、なぜか再生可能エネルギーがその代わりになると信じている。残念ながら、中島氏の記事も後者のバイアスをまぬがれていない。
★池田氏の間違いは、絶望的な原発の安全を無視してしまっていることだ。
・だれが、(放射線被曝する危険な)原発作業をやるのだ?池田信夫氏が行く度胸があるのか?
・原発作業者の健康管理してきたのか?労災認定がこの40年間でたった十数人だ。ほとんどの人が行方不明になってる。非人道的な作業を原発は必要とするのだ。これを40年間無視してきて、これからも無視しようとしてる。
・危険作業に見合った高い給料を払ってきたのか?
★核燃料ゴミ処理は、放射線被曝するから、できない。が正しいですよね。
・池田氏は体積の問題にすり替えてる。1μmの粒子でも、やけどするし、体内被曝で死ぬんだよ。
★価格、CO2についても池田氏は根拠を示さないで断言するだけだ。
★CO2の削減については、出力が大きいから原発が圧倒的に有利だ。と言ってるがとんでもない度素人意見。
・原発は、一度動かしたら永久に冷却が必要で、大量の石油火力を使ってる。核燃料処理の際にも永久に石油火力の冷却が必要だ。今回の原発事故は、冷却ができないからだと池田氏自身が言ってること。

amado

こういう意見もあるようです。ご参考まで。

菅首相と東電処理案
http://openblog.meblog.biz/article/5196320.html

dd

> 年金カット、借金カットをする
これは経営者の年金じゃなく、労働者(&OB)の年金ですよね?
やれるのなら大変素晴らしいと思いますが、民主党の支持基盤って電力総連という
東京電力とか関連会社の労働組合の票田があるので、やっぱりできないのでは?

Love Japan

脱原発・脱官僚新党もいいのだけれど、「脱反日」「脱売国」政党にしてほしいものです。
いまの日本を取り巻く状況は危機的です。
全国民がこの危機的状況に目覚めて行動しないと、日本という国家はやがて消滅してしまいます。

Mary-Jane

管さんは、いつも政治的思惑の渦巻いている世界に暮らしているから、
このエントリーのような、素直な発露に心が慰められたのでしょう。
市民活動家の心を失っていないのですね!

ブログ文化も新しい局面を迎えつつあるようです!

dash

おおむね賛成ではありますが、私の持論は、スマートグリット・スマートメーターを担う、配電会社も分割・新規参入が必要であるように思えます。
100%減資はありきですが、機関投資家が応じるかどうかというより、株を買っている以上は自己責任である点も留意すべきではと思います。

日本航空方式で会社更生法を適用させる方法もありますが、現経営陣に無限責任を負わす合資会社や合名会社の無限責任社員に法律的に強制力を持って現東京電力代表取締役に負わせる方が国民感情的にはと思います。

東京電力の取締役陣には無限の経営責任を負ってもらう枠組みが必要なのと、年金基金は解散命令を法律で特例をつくり、年金を強制的に原子力被害者に無限責任的に支払いが出来るようにすべきではないでしょうか。

a ito

視点の違う意見ですが、
1。日本の国全体を兎に角省エネ国家にするべきかと。
1)消費電力等を半分にすることを目標(例えば10年後に)にする、2)海外からの輸入エネルギーそのものを減らす、3)LOHASっぽく自然エネルギーの何か(風力でも太陽光でも)に1点集中投資を促す。
ご意見の中にもありましたが、バッテリーをもっと利用出来ないか検討しては?小生はそのバッテリーのリサイクルが未だ十分に理解していませんが、夜間と昼間の電力差の解消にはやはり一番効果的なのでしょうね。

2。この一環でSMART GRIDを国策として早期の世帯導入を図る。このことより自然エネルギーの買い取り等も小口も含め進むと考えます。

3。これらの中では恐らく電力会社は民間の上場企業としては成立しないと思います。これらのことを国策として進める場合は恐らく全ての電力会社を国営化すべきという判断があると思いますね。
原発の東電の話とは直接関係はありませんが、今回のことは仮にも資本主義の中で上場しているという会社としては中島さんの議論は正論だと思いますが。

柳生大佐

>自民党・民主党だけでなく、共産党までも含めたすべての野党から「良識のある政治家だけ」を集めた、脱原発依存・脱官僚依存を党の方針とした新しい党を作るというのはどうだろう???
 
中島さん
民主党と共産党は”官公労”を支持団体にしている政党ですよ。
つまり
(税金)泥棒を集めて泥棒を無くそうとするようなものです。
その他の政党も官僚と官公労の支持者を宛てにしていますから同じようなものです。

やっさん

ついでに、高齢者優先政策の排除政党も作ってはいかがでしょうか?
累進課税制度を年齢層で再考慮して、高年齢者は累進課税の最高税率をアップする。
高年齢者は、海外移住する人は少ないし、高所得者も多いから。

パン

問題を単純化しすぎ。池田氏の言うとおり「原発推進か排除か」の二元論にしてしまうことが一番の問題。現実の問題はもっと複雑。大体、電気エネルギー自体が日本のエネルギーの25%の問題で、それだけに焦点を絞ってほかの問題はないかのように考えるのは知的貧困すぎる

二元論にしてしまうと、単純明快で対抗者を悪玉にするだけで単純に正義感が得られるから
大衆を扇動するときに非常に便利。論者も自分に酔えるしね

でも、そういう論法で民主党をみんなが選んだ。その結果がこれ。また同じ過ちを繰り返すのかね?問題はもっと複雑で、単純に悪玉を作り出してそれに対抗するから正しいというのは
非常に危険だと俺は前の衆院選でも言ってた。それをまた繰り返すのみだ

中島氏は衆院選の時にどういうスタンスを取っていたのか興味ある。そしてその総括をいかに
していたのかと。政治の問題は責任の問題。論法や善悪論ではない。

パン

管さんは、いつも政治的思惑の渦巻いている世界に暮らしているから、
このエントリーのような、素直な発露に心が慰められたのでしょう。
市民活動家の心を失っていないのですね!

ブログ文化も新しい局面を迎えつつあるようです
_______________
市民活動家というのは白血球のようなもの。増えすぎると白血病になります
放射能障害で厄介なのは 人間の抗体能力が過度に反応して白血病などを引き起こすことですな

最近の日本も放射能に反応して白血球が増えすぎて困る。エネルギーの正確な数値と
安全保障という国家として当然の問題をちゃんと考えることが処方箋です

お大事に

柳生大佐

菅さんは
北朝鮮拉致犯家族の政党に6000万円以上も資金援助するほどの極左政治家です。
 
極左の最終的な目的は「刑務所国家(パノプティコン 一望監視システム)」です。
北朝鮮国家そのもののようにね・・・
 
市民活動家なんてのは
ほとんどこのような邪悪な野望をもっているのです。

今枝俊樹

あー出遅れましたが、菅直人氏はこうやって人の話を聞いているふうにして
いわゆる魂部分を抜いておいしいところだけ盗用するんだと思います
菅さんに関わった方々の様子や言動を見ていると多分間違い無いです。
もちろんイイトコどりで自分の手柄にされるのも結果が良ければいいのですが
繰り返しますが魂を抜いて悪用している実績があります。
なので、あまり賛意を明確にしておられると
老婆心ながら心が痛むのです。

Baatarism

脱原発・脱官僚新党というのであれば、すでにみんなの党はそれに近い主張をしていると思うのですが。
あと、既存の政治家にも改革を訴えている人はあちこちの政党にいますから、まずいろんな政治家と会って話をしてみてはどうでしょうか?

柳生大佐

>100%減資、取締役の解任、年金カット、借金カットをする(国からの資金注入の条件)

中島さん
不要な独立行政法人 不祥事を起こした独立行政法人にも
同様の措置を取るのですね?
 
原水禁・原水協の官公労組合員も
「年金カット」するんですね?
大反対されるでしょう。
 
>発電会社は、速やかな売却もしくは上場により民営化する
独立行政法人も民営化するんですね?
またまた原水協・原水禁の公務員に大反対されますよ。

中島さん
お気の毒ですね・・・でも責任はちゃんと取ってね!

Mary-Jane

>バン様

お見舞い、ありがとうございました。

白血球が増えたということは、身体に黴菌が増えすぎたということでしょう。

減れば減ります。(身体は正直ですね・本来中道の私でも白血球が増えるのですから、反省を!)

少なすぎると、感染症にかかり易くなりますよ。 

お大事に!

vaceba

原発に代わる方向として宇宙太陽光発電所をつくるというのはどうでしょう。これまで原子力や核リサイクルに出してきた予算を宇宙太陽光発電所に投入すれば割と早く実現したりしないでしょうか。原発を無くして節電とか再生可能エネルギーとかは夢がないですが、この路線で行けば夢があります。そして福島第一原発周辺をその受電基地にすれば安全性も確保されるし、原発に代わる発電基地になります。もちろんコストとかの現実的な話は2の次ですが。現実的な話をすれば地道なエネルギー効率アップみたいな話になってしまうので。でも可能性という意味では十分あるし、うまくいけばコスト的にも現実的になる可能性もなきにしもあらず。どうでしょう。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.