Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 東京新聞に見るジャーナリズムのあるべき姿 | Main | iPad向けの計算アプリを開発中 »

「汎用タブレット市場」はそもそも存在するのか?

今朝、私の目を引いたのは、「iPad Sales May Lead to Huge Missteps by Competitors」という記事。AppleのiPadが飛ぶ様に売れている事に目を付け、Samsung、Motorola、Research In Motionなどが続々とタブレット市場に進出しているが、ユーザーが欲しているのは単なるタブレットではなくてiPadであり、需要がないところに無理矢理商品を押し込んだところで在庫が増えるだけだ、という警告。

確かに考えてみると、私の回りにiPadを持っている人はたくさんいるが、iPad以外のタブレットを持っている人は見た事がない(唯一の例外はUIEジャパンが開発用に購入したGalaxy Tab)。

パソコンやテレビの場合、消費者はまず最初に「そろそろパソコン/テレビを買おう/買い替えよう」と思い、次に「パソコン/テレビならどのメーカーのものを買おうか」と考える。iPhoneが強いスマートフォン市場でも、やはり「スマートフォンが欲しいけど、どれが良いんだろう」と考える人は多いと思う。

しかし、タブレット市場に関して言えば、最初に「そろそろタブレットを買おう」と思う人は皆無に近く、いきなり「そろそろiPadを買おう」となってしまっているのだ。実際、先日も知り合いの弁護士が「私の仕事仲間はみんなiPadを持っていてね、私もそろそろ買おうかと思うんだ」と言っていたがこれが良い例だ。

そういう意味では、現時点では「汎用タブレット市場」というものは存在しないに等しく、単に「iPad市場」があるだけだ。以前、ここでも「Androidタブレットはヨドバシカメラの『Androidタブレットコーナー』に横並びにされた時点で負けだ」と書いたが、そもそも汎用デバイスとしての「タブレット」の需要がないのでは勝負にならない。

ちなみに、以前、日本の某メーカーにタブレット戦略の相談をされたことがあったのだが、その時には「ヨドバシカメラに並ぶようなものを作ってもアップルには勝てないし、まず利益は出ないと思います。どうしても出したいというのであれば、いっそのこと、東急ハンズで文具として売ってもらえるように文具メーカーと共同開発するとか、医者と看護婦が日常の医療現場で使う医療システムのアクセス端末として一括で導入するとか、特定の市場・用途に特化したものを作るのはいかがでしょう?」と答えておいたのだが、そのメーカーからはまだ何も市場には出ていないようだ。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef0153907db4f0970b

Listed below are links to weblogs that reference 「汎用タブレット市場」はそもそも存在するのか?:

Comments

hia

先日私の知人の弁護士(50代後半)もipadを購入しました。
そもそもタブレットではなくipadしか選択肢が無いような物言いだったことを記憶しています。

k75rider

そもそも、iPadは、それほど高いものではないし、iPadでできなくて、Androidタブレットで出きるのは、flashサイトの表示程度だけなので、一般の人が、iPadでなくて、Android汎用タブレットを買わないといけない必要性がない。
 じゃ、バーティカルマーケットとかいうと、それは、一般消費者あいての商売じゃない。ということで、汎用タブレットはたしかにない、という説は、同感。ここでも、歴史は繰り替えして、Sun-WSのOEMばかりやった日本勢のごとく、Androidタブレット横ならび、で墓穴を掘るのだろうか。

juner

価格が結構違うと思いますよ。3万円代と6万円代じゃ結構……。
まぁAndroidタブレットはこれまでに二台買った身ですけれどね。

santa301

 儲かる商売になるかどうかわかりませんが、魅力的なアプリを目一杯搭載した、国内メーカー製Android Tabletが出てくるのは、時間の問題だと思うのですが。
 地デジチューナとか付いたのが出れば、買いたいけれど。

 

k75rider

価格.comによると

http://kakaku.com/pc/pda/ranking_0030/

iPad2 WiFiモデルは、
16GB 41516
32GB 48270
64GB 55618

なので、たしかに、ちょっと高めですが、結構違うかというとそれほでもないのでは。

maito

唯一戦えるのは、amazonのkindleかもと思いました。
厳密な意味でタブレットではないかもしれませんが、電子書籍オンリーに特化している分、それなりに、市場シェアをとることができそうな気がします。

一部のユーザーの間では、iPadの液晶がまぶしすぎて、kindleの液晶が書籍を読む上でいいという意見もあるようですし。

yumeno_tocyu

素人の考えなんですが、iPad が売れるということは「汎用タブレット市場」が確かに存在するということの証ではないのですか?

人々が「タブレット」PC を指して iPad と呼ぶのは、一般的な傷テープを単に「バンドエイド」と呼ぶのに似ている気がします。

ユーザーは iPad でできることが、他の「汎用タブレット」でもできるなら、後は価格競争に勝ったものが有利ではないのでしょうか

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.