Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 原発にこれ以上投資することに本当に意味があるのか考えてみよう | Main | 喜んで週末働きたくなるような仕事を選べ »

今週の週刊 Life is Beautiful : 5月8日号

今週のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」の配信準備が整ったので簡単に中身を紹介する。

今週のざっくばらん

教育アプリ

先週も仕事時間の大半は、この教育アプリの開発に費やしました。モチベーションが上がっている時に典型的な仕事パターンは、朝4時ぐらいに起きて朝飯前に2〜3時間集中して仕事をし、お昼までに「その日にやろうと思っていたこと」をすべて終えた上で午後にはプラスアルファの仕事や...

私の目に止まった記事

Apple And Samsung Captured 99% Of The Phone Industry's Profits

巷では Samsung が売り上げベースで Nokia を抜いて No.1 になった件が大きく取り上げられていますが、注目すべきは売り上げではなく利益。利益ベースで見ると携帯電話機業界が生み出す利益のシェアは...

Why in the World is Microsoft Betting BIG on Nook?

Barns & Noble は「リアル書店」の最大手です。90年代にはライバルの Borders とともに全米のショッピング・モールに大規模書店を作るという戦略で売り上げを延ばし、昔ながらの小規模な書店を次々に駆逐...

Evernote Raises $70 Million Financing

Evernote が$70million(7000万ドル)を調達したそうです。非上場企業がこんな形で資金を調達する場合、「一株あたりの値段」は純粋に売り手と買い手の間の交渉によって決まります。その際に、売り上げだとか利益も一応は交渉の際の参考データとして使われますが、最終的には...

Nutella Says Facebook Ads Outperformed TV

Nutella (パンに付けるチョコレートペースト)が Facebook のターゲット広告の仕組みを使ったところ テレビ広告よりも効果が高かった、という話。Facebook の広告ビジネスはまだまだ発展途上ですが、すでにこんな...

Windows95誕生ものがたり(18):Marvel

Capone チームの次にコンタクトしたのが Marvel というプロジェクト名で MSN Online というオンライン・サービス用の専用クライアントを作っていたチームである。インターネット黎明期であった当時(94年)は、まだまだ Amarica Online (AOL) 全盛の時代で、インターネットのようなオープンな形ではなく...

エンジニアのための経営学
"Social by design" な会社作り・もの作り(3)

ナイキ商品の不買運動やスティーブ・ジョブズが復帰して以来のアップルの躍進を見ていると、一般消費者を相手にしたビジネスは、少なくとも先進国では一つの大きな転機を迎えているのではないかと思います。産業革命以来、世界中の生産システムは、自動化と大量生産、そしてトヨタが「カンバン方式」に...数ヶ月前に、日本のあるメーカーの幹部に「Apple の iPad に対抗する Android タブレットを出したいのだが良いアイデアはないか」と相談されたことがあります...そして一番の問題は、その「ビジョンの欠如」こそがその会社がAppleに勝てない一番の理由だということにその幹部が全く気がついていないことでした。

読者からのご質問・ご意見コーナー

まずはこの質問から、

「日本のソフトウェア産業にはゼネコンのような構造があり、孫請けのようなところでは、創意工夫もないような仕事しか行かないし、そういう仕事をすること自体が不幸だと思う」ということを書かれておられます。デメリットという点からすると、まさにそのとおりだと思うのですが、ゼネコン方式には何かメリットがあって、行なわれてきたと推測されるのですが、どうでしょう?製造業の例で言うと、皆が皆、開発者になるようなスキルややる気を持っているわけではありません。開発されたものを生産技術なり工場技術といった部署で噛み砕いて、現場作業者に与えています。法による「労働の義務」を果たさせるために、より多くの人(スキルややる気が低い沢山の人)を雇用するため、ライン工のような仕事が発生した(かつては比較的低い賃金で使えたのでメリットもあった)という(私の)認識ですが、日本のソフトウェア業界においても、わりと初期の頃に同じようなことを考えた人がいたのではないかと推測しますが、どうでしょう?(冗長&焦点がボケた質問で申し訳ありませんが、聞きたいこととしては2つ、1)「日本のゼネコンITは良くない。根源は終身雇用制である」の論をさらに進めるとどこにいくのか?、2)ゼネコンITを別の視点で見ることはできませんか? です。さらに過去とこれからという時間軸で見るとどうなるのか、も気になりますが)

奥が深い質問ですね。とても良い質問なので、簡単に答えられるものではありませんが、まずは歴史的経緯という面から、「日本にはなぜITゼネコンが出来たのか」を考察して見たいと思います...霞ヶ関からITゼネコンへの天下りも堂々と行われています。電力業界の「原子力ムラ」と同じように「ITムラ」が作られてしまっているのですね...

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef0168eb383813970c

Listed below are links to weblogs that reference 今週の週刊 Life is Beautiful : 5月8日号:

Comments

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.