Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« iPad/iPhone だけで「WiFiマンガ喫茶」を設置する方法 | Main | 皆が「空気を読み、流れに乗って」ばかりいたらこの国は沈む »

日本の大学生はなぜ勉強しないのか

今週号のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」に向けて、「日本の大学生はなぜ勉強しないのか」という文章を書いたのだが、特に冒頭の部分はぜひとも多くの人に読んで欲しいので、引用する。

NHKニュースで「日本の大学生が予習復習のために費やす勉強時間は一日平均39分」というデータが発表されていました。まさに「ぬるま湯大学」です。私が大学(早稲田大学)に通っていた時も似たような状況でしたがが、これが日本の国際競争力をなくしている原因の一つであることをより多くの人が強く認識すべきだとつくづく思います。

私は米国の大学(University Washington)でも勉強した経験がありますが、日本の大学とは全く異なっていました。まず第一に、予習をしていかなければ全く授業について行けません。授業にもよりますが、90分の授業の準備に1〜3時間の予習が必要です。

例えばビジネス戦略の授業の場合だと、全員が前もって配布されたケーススタディ(十数ページの論文)を読んで来た前提でいきなりディスカッションから始まりました。Benihana という焼き肉レストラン・チェーンのケースでは、「Benihana レストランがバーコーナーをもうけた理由は?」「Benihana のウェイターと普通のレストランのウェイターとの違いは?」「何年目に黒字化したのか?」「これからの成長における課題は?」などという質問が授業の冒頭から矢継ぎ早に飛んできます。

前もって予習しておかなければ何を話しているかすら分からず、すぐに教授にばれてしまいます。そんな生徒を見つけると「次からは読んで来る様に」と厳しく指摘した上で、その生徒を無視して授業は進んでしまいます。

生徒の授業に対する姿勢も、日本の大学生とは大きく違います。米国の場合、大学の卒業証書をもらっただけでは良い仕事を見つけることが出来ないため、良い成績を取ること、実力を身につけることに皆、懸命です。授業料も基本的には本人が借金をしたり奨学金でまかなっているため、「お金を払った分だけの対価を得よう」と真剣です。特に奨学金で大学に来ている生徒の場合、成績が悪くなると奨学金が打ち切られてしまうので、必死です。

なぜ、どうしてこれほどまでの違いがあるのか、どうやったら直すことが出来るのか、私なりに色々と考えて来ました。

「生徒を簡単に卒業させてしまう大学が悪い」という意見もありますが、私はもっと根の深い、社会構造そのものに問題点があると見ています。

極論で言えば、日本の社会は未だに「身分社会」の色が強く残っているからこんなことになっているのです。さすがに江戸時代のように「生まれ」で決まる時代ではありませんが、大学を卒業した時にどこに就職するかでその人の一生の「身分」が決まるのが今の日本の社会です。その時点で、霞ヶ関の官僚や東電・NHK・NTT・大手金融機関のような国策企業に入ることができればベストですが、(いざとなったら政府が「雇用の確保」のために救済してくれるような)一部上場企業に入ることが出来ればほぼ「身分」は一生保証されます。

(以下略)

資本主義社会において、貧富の差が生じるのは仕方がない。しかし、大学を出た瞬間の就職先で一生が決まるという「やり直しのきかない」社会はあまりにも不健全だ。それが若い人達を保守的な行動に走らせ、国全体としての活気を奪っている。

中学高校で「詰め込み教育」を受け、大学ではろくに勉強せずに、霞ヶ関や大企業を好み、3年生で内定を受け、会社に入ったら上司の顔色をうかがいながら一生懸命に働き、偉くなったら天下り。これが日本のエリートだ。私がNTTの研究所に入って最も失望したのは、部長クラスの人達全員の頭が自分の「天下り先」このとで一杯だったこと。

私が「NTTを辞めてMicrosoftに行く」と宣言したら、上司だけでなく、先輩や大学の教授までが入れ替わり立ち代わり「この日本の社会でレールから外れること(=身分を捨てること)がいかに馬鹿げているか。ベンチャー企業で働く人生がいかに厳しいか」を説得に来てくれた。

彼らには申し訳ないが、あのままNTTにいたら、私も今頃は天下り先を物色しているのだろうと考えるとゾッとする。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef017d411c0eca970c

Listed below are links to weblogs that reference 日本の大学生はなぜ勉強しないのか:

Comments

Saru794

はじめまして。
自分は農学部を卒業しましたが、中島様が書いたようにあまり勉強したとは言えず
就職時の面接でも所属していた体育会系の事ばかり質問されていました。
農学部と関連したところに就職してからも、農村の高齢化、兼業農家の温存
など日本の農業を取りまく課題は多く残っているのですが
外国産農作物に対する関税が高いせいか、危機感もあまりありません。
そのような分野が日本の中でも多いのかもしれません。

なお自分の兄弟は中島様と同じく早稲田からN○Tのコースです。
早稲田では相当に勉強をさせられたとのことでした。
博士号は暗号理論で取ったようです。
ひょっとしたらN○Tでも同じようなことをやっているかもしれません。
自分は暗号とその応用についてはまったく分からず
クレジットカードやネット銀行の分野で今後普及していくという認識しかありませんが
もしも外国産のものに対抗でき、ハッカーなども容易に破れないようなセキュリティーシステム
ができれば素晴らしいと思います。
よくN○Tは研究面において規模が同じくらいのIBMと比較され、馬鹿にされることも多いと思います。
N○Tの大部分の研究者には中島様のような資質はないのかもしれませんが
自分から見れば一生懸命やっているように感じられますし、大学の授業もきちんとこなした方が
多いのではないかと思われます。

Randmybike

日本の大学生がなぜ勉強しないのかという問への答えがあまりに間違っていると思ったのでコメントさせて頂きます。
まず出典のデータがこちら(http://www.univcoop.or.jp/nus_2/webapp/data_file/130214123806_1.pdf)になるんですが。
率直に言えば、日本の就職市場において勉強しないことにメリットがあるからです。つまり、サークルで遊んでいた方が良い就職が出来るからです。コミュニケーション能力や、先輩との繋がり、就職に関する指南が得られるからでしょう。
加えて、勉強をしても評価されないので勉強するインセンティブが無いのです。新卒つまりポテンシャル採用が一般的な日本の大学では当然の結果といえるでしょう。企業側からしてもこれから鍛えればいいのですから、無駄に知識など無いほうが良いのです。

また、今の学生は昔より余程勉強しています。これは大学関係者や教授が口を揃えて言う事です。

貴方はとても優秀な方で、良い大学に留学されたのでしょう。そこでそのように高いレベルの予習復習を要求されるのは当たり前のことです。ただ、日本の大学においてもそういう環境は少なからずあるのではないかと思われます。東大に行ってアンケートでもとればすぐに分かるでしょう。

最後に、日本の大学生は今後10年で更に勉強するようになると思われます。理系学部の人気の高まりにそれを見出すことが出来ますし、企業も元学生を1から鍛える体力が削られていき、人間力など言っている余裕も無く大学での専攻や勉強に価値を見出すようになります。心配することはありません。

Jinriki Gakari

私もそれは感じています。
日本経済の悪化は、そういったことが原因じゃないかと思うほどです。
少なからず生産性が低下する原因のひとつでしょう。
顔色を伺うためのコミュニケーション能力ならいりません。
なんでしょうか。
もっとパーッと改革できないもんでしょうかね。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.