Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« ウェアラブル・カメラの時代がやって来る | Main | 「究極のコンテンツ」としてのライフログ »

反原発の波は決して収まらない

福島第一での原発事故から二年が経ち、自民党は着々と原発再稼働の準備を進めている。霞ヶ関の人達は、安保反対の時と同じように次第に反対の声も下火になると期待しているのだろうが、さすがに今度という今度は無理だ。

万が一の事故の際には政府がまったく頼りにならないこと、事故が起こっても誰も責任を取らないこと、「必要だから安全」というロジックを使う限り再び安全神話が生まれてしまうこと、そして、原発が生み出す「核のゴミ」は私たちの子孫にとっては負債でしかないこと、を人々が知ってしまったからだ。

ドイツは「原発は倫理的でない」という理由で脱原発を決めたが、これは技術の問題ではなく、倫理の問題なのだ。

もちろん化石燃料にもCO2や枯渇などの倫理的な問題はあるので、やはり今の段階から再生可能エネルギーへの積極的な投資をし、一日でも早く「持続的に維持可能な社会」を実現することが大切だ。その意味でも政府が「30年代に原発ゼロを目指す」などの明確な目標設定をして進化圧を与えることはとても重要だ。

台湾では、こんなCMが流れている。結局の話、これに尽きる。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c4f9853ef017c37fbf9c8970b

Listed below are links to weblogs that reference 反原発の波は決して収まらない:

Comments

Jinriki Gakari

なんか日本が情けなく思ってきますね。
少子化日本。
核のゴミなんて、経済負担になるのも確実。
もはや意味がわかりません。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.