Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 選挙に行かないあなたには、日本が他の国に言って戦争をする国になっても文句を言う権利はない | Main | TEDxSapporo スピーチ:なぜ、あなたの仕事は終わらないのか »

パレートの法則(80:20の法則)と私の仕事術

6月に発売した「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」ですが、売り上げは順調で、累計で7万6千部になりました。出版社も力を入れてくれており、18日からは JR の車内広告も始まったそうです(下の写真)。

1468843002508

ちなみに、美女読書というサイトにも書評(元マイクロソフトの伝説プログラマーが教える!絶対に締め切りに遅れない「超速時間術」!)を書いていただきましたが、そこの映像が気に入ったので、それも貼り付けておきます。

杉春香さんというグラビアアイドルだそうですが、彼女が私の本を読んだとはどうも思えないのですが、それは追求しないことにしましょう。

ちなみに、読者の一人に指摘されたのですが、私の仕事術は、「パレートの法則」の適用と考えると説明しやすくなります。

パレートの法則とは、「ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している」「売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している」などの、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論で、80:20の法則とも呼ばれます。

私の仕事術は、「与えられた期間の最初の2割の時間で8割の仕事をしてしまう」ですが、これはパレートの法則で言う所の、「仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している」を前提に、その2割の時間(私は「界王拳」を使う時間と呼んでいます)を与えられた時間の先頭に持ってくるだけの話です。

その2割の時間を最後に持ってくるのが、多くの人が陥るラストスパート型ですが、そのスタイルと取ると、「予想していたよりも難しい問題だった」「当初の設計ではうまくいかないことが分かった」などの想定外の出来事に対処できないため、プロジェクトが破綻する可能性が高くなるのです。

問題は出来るだけ早く顕在化させた方が良いので、プロジェクトのリスクをちゃんと考えれば、スタートダッシュで一気に作りこむのが明らかに正しいのです。そのあたりがちゃんと感覚的に分かってくると、「締め切り間際にならないとやる気にならない」などと甘いことを言わず、プロジェクトの第1日目からアドレナリンが上がるようになります。

これに関しては、TEDxSapporo でもスピーチをしました。間もなく Youtube にビデオが公開されると思うので、その時にはこのブログでも紹介します。

Unknown

 

</p

Comments

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.