Ad Network

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

« 「決断力のない人」に共通する残念な考え方 | Main | 発行部数の激減する新聞・雑誌。本当になくなってしまって良いのか? »

iPhone 向けインタラクティブ・アートという新しいジャンルの誕生

これまでに存在しなかったもの、人々が見たことのないものを理解してもらうには、必ずと言って良いほど「産みの苦しみ」が伴います。今回、3年越しでリリースすることが出来た 「imm rain」は、その典型的な例です。

IMG_9538cs

開発したのは、3年前の2013年。能力が格段に向上した iPhone のGPUを活用した、新しいジャンルのアプリケーションを作ろうという発想のもとにスタートしたプロジェクトです。

子供の頃、雨の日に、窓ガラスについた水滴を指で他の水滴とくっつけて遊んだ経験がある人も多いと思いますが、そんな体験を厳密な物理演算で iPhone の上で再現したものです。

あえて、ありきたりのゲームにはせず、瞑想効果のあるインタラクティブ・アートとして丁寧に作りこみました。テトリスのような単純なゲームをすると、特殊な快感(瞑想効果)がありますが、そんな体験をインタラクティブ・アートとして提供したかったです。

しかし、Apple の審査に出したところ、リジェクトされてしまいました。理由は「目的がない、ゲーム性がない」というものでした。

私なりに、「これはインタラクティブ・アートだ。アートに目的やゲーム性は必要ない」と必死に説得を試みたのですが、その時は全く理解してもらえず、リリースを断念せざるを得ませんでした。

しかし、今年の9月の iPhone 7 のローンチイベントで、Apple が「アプリの審査プロセスを大幅に改善した」とのアナウンスがあったので、再度チャレンジしてみたところ、あっさりと一発で審査に通り、3年越しのリリースが叶ったのです。

知り合いの何人かには、「ビジネスモデルは?」と聞かれましたが、これはアートですから、ビジネスモデルはありません。広告もありません。無料で提供し、より多くの人たちに楽しんでもらうことが一番の目的です。

現代人にはストレスが多く、そのままにしておくと、脳の中心部にある海馬という器官が縮退してしまいます。海馬を休ませるには、(夜の睡眠に加え)昼寝や瞑想が必須ですが、忙しい日本人にはなかなかそんな時間や場所を確保できません。

そんな時にこそ役に立つのが、瞑想効果のあるこの imm rain です。imm rain には、点数やゴールのようなものはありません。リラックスして、子供の頃のように、思いのままに水滴と戯れてみてください。

 

Comments

Moji_mojinosuke

初めてコメントさせていただきます。
御著書を拝読し、ブログを読ませていただき、今回の記事を大変興味深く拝読しました。
私はiPhoneを持っておりませんので動かせませんが、水玉の質感に何とも言えない味わいを感じます。
私は文字についての思考を続けているため、文字への応用のアイデアをいただいた気持ちです。
誰もが身体的経験のある質感を、ゲームだけではなく文字に取り込むことも可能ではないかと思いました。
3Dの文字はありがちですが、ざらつきのある文字とか、ぬれている文字など。
誰もが普段使用する文字に瞑想効果があれば面白いと思いました。
示唆に富むアイデアが刺激になりました。
ありがとうございました。

Post a comment

This weblog only allows comments from registered users. To comment, please Sign In.