会社の卒業式?
BMW 645 のまゆ毛

今日は鉄板焼き

ZULsh0078.jpg

 今日はシチューを作ろうと近所のスーパー(Larry's)に行った。いつものように野菜のセクションから始め、芽キャベツ、たまねぎ、カブ、マッシュルーム、にんじん、と、シチューの材料をそろえて行く。次にシチュー用の肉を探しに牛肉のセクションに行くと、とてもおいしそうなステーキ肉(Rib eye)が目に入る。ここ数日、菜食主義者の様な食生活をしていた反動か、どうしても食べたくなってしまい、急遽メニューを変更した。この肉は、ステーキとして食べるよりも、薄切りにしてもらい(とは言っても、アメリカ人のできる薄切りは7-8ミリがせいぜい)、フライパンで鉄板焼きで食べるのが一番うまい。もちろん、タレは大根おろしとエバラ焼肉のたれである。

 強火で両面をさっと炒め、アツアツのうちにご飯といっしょに口に含むと幸せが広がる。少し不便なのは、フライパンで作るので、一枚目を食べ終わってから、キッチンに行って、二枚目を焼くという作業をしなければいけないことだ。でも、アツアツでなければいけないので、そのくらいの不便さは気にならない。

 ちなみに、日本で大騒ぎになっている米国での狂牛病事件(ちなみに、私の住むシアトルのあるワシントン州で発生した)に対する米国の消費者の反応は、はっきり言ってゼロである。ニュースではたまに取り上げられるが、それで牛肉の売り上げが落ちたり、ステーキ屋がつぶれたりという話は聞いたことがない。雑談中に話題に上ったこともない。マーサ・スチュワートのインサイダー取引事件の方が、ずっと話題になる数が多い。

 「そんなことを気にしては生きていられない。おいしければいいんじゃないの。」というアメリカ人のおおらかさが良くでていると思う。こういった人生に対するおおらかさは見習うべきだとう思うが、仕事の時に「今週中に仕上げるって約束したけど、週明けでも構わないよね。」と平気で言うおおらかさはやめて欲しい。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)