外山恒一、ブロガー向けアフィリエイトプログラムを発表
"泡沫候補"って一方的に決め付けることそのものが差別じゃないか?

何の変哲もない一日が…

Sunset

 今日、会社の近くの下り坂でついつい調子にのってスピードを出していたところ、後ろからパトカーが近づいてくる。あわててブレーキを踏んだのだが、間に合わず、止まるように合図をされてしまった。

 「これは何とか見逃してもらわなければ」と、免許書と自動車保険の書類を用意して運転席で待つ(アメリカでポリスに止められたら、運転席に座って待つのが礼儀)。

 運転席の横に来たポリスマンにすかさず免許証を見せながら、「スピード違反ですね、すいません。坂道なんでつい。」と下手に出る私。「ブレーキがあるだろう、ブレーキが」と見下ろすポリスマン。

 「それに、左斜線の車を右から抜いただろう。抜くときは左側だ(注:アメリカの車は右側通行)」。「いや、抜くつもりはなくて。つい、坂道なんで…」「ブレーキを踏め、ブレーキを!」「はい、でもアクセルだけは踏んでませんから^^;」とつい余計なことを言ってしまい、少し後悔する私。

 「最近、違反した?」「いえ、していません。3年ぐらい。」「今から調べるから、嘘をついていればすぐに分かる。」とパトカーに戻るポリスマン。「あ、2年ぐらいだったかも…」と不安になる私。

 ポリスマンが戻ってきて、「確かに最近は何も違反していないようだな。今日は『警告』だけにしておく。行っていいぞ。」

 「ラッキー!」と心の中で拍手をする私。車を再発進させながら、「今日は妙にツイている」と感じる私。あそこで、パトカーに止められていなければ何の変哲もない一日だったのに、一度パトカーに止められて、見逃してもらったからこそ感じるラッキーさ。「これこそ、『半分水が入ったコップ』じゃん(参照)」と妙に納得する私。

Comments

wosa

>「これこそ、『半分水が入ったコップ』じゃん

中島らも氏も著書で「その日の天使」って言い方をされているのを思い出しました。
(どんな一日も、1つくらいは良いことが隠れているという意)
こういうお話しは個人的に好きです。
事故にはお気を付けてくださいね。

hg

sugoize!

Y_T

あそこでパトカーで止められていなかったら、スピード違反で大事故に巻き込まれていたかもと考えれば、罰金を払っても良かったなと思えるぐらいに、もっと幸せになれたかも(^!^;)。

happiness

140kmぐらいで走ってて事故って1人死んじゃったけど
パンクのせいってことにしてたら無罪になってラッキー!人生で一番ツイてたかも♪
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/950318.html

とおりすがり

あれ?これって、4月馬鹿ネタでしょ。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)