無料アプリの提供とブログ執筆の共通点
iPadアプリ作成日記: 「iPadアプリ作ってて良かったなあ」と思える瞬間

iPadを発売初日に並ばずに入手する方法

Ipad   

 ようやく日本での発売日(5月28日)が確定したiPad。「前の晩からアップル・ストアに並ぶぞ!」と張り切っている方も多いと思うが、「発売日に入手したいけど長時間並ぶのはちょっと」と思うのであれば、もっと簡単な方法がある。

 オンラインで注文するのだ(http://www.apple.com/jp/ipad/)。

 米国に住む私も、こちらでの発売日(4月3日)には並ぶ覚悟でいたのだが、ちょうどその日はゴルフの約束と重なったこともあり、「発売日に届かなくてもしかたないや」ぐらいの気分でオンラインで予約をしておいたのだ。すると、発売日の5日前には中国の工場からUPSで直接「個別発送」したとの連絡が入り、ちゃんと発売日の昼には家に届いたのだ。

 アップル・ストアに前日から並んでお祭り騒ぎに参加したり、テレビのインタビューを受けることを目指したりするのも決して悪くないとは思うが、単に「一日でも早く手に入れたい」だけの人はオンラインで注文することをおすすめする。

 米国でのオンラインの注文の場合、受付開始から10日ぐらいたったところで「今から注文する人のiPadは、4月3日ではなく4月11日の配送となります」とのアナウンスがあったので、注意が必要。日本でも同じような状況になる可能性が高いので、どうせ注文するつもりなら早い方が良い。

    ◇   ◇   ◇   

 ところで、iPadを1ヶ月ほど持っていてもっとも強く思うのは、iPadはとにかく何かを「読む」ことに最高のデバイスだと言うこと。特にスキャンしたマンガとかPDF化された青空文庫を読むのには最高のデバイスで、こと「読む」ことに関して言えばiPhoneだけでなく、パソコンをもはるかに超える心地良さだ。iPadで一度マンガを読んでしまったら、もうiPhoneやパソコンでマンガを読む気にはなれない。

 この「iPadで本を読む心地よさ」ゆえに、これまで「いつかは来る」と言われながらもなかなか来なかった「電子書籍革命」が、一気に加速される、と私は見ている。出版業界が何をしようと(もしくは、しなかろうと)、消費者にとってここまで「読み心地」の良いデバイスが出来てしまえば、もうこの流れは止められない。5年後には、「印刷されたのマンガ」の売り上げが今の半分以下になり、子供たちの間では「おまえって、まだ紙に印刷されたマンガ読んでるの?アナクロだね」と、「印刷されたマンガ」が今の「CD」のような目で見られる様になる可能性はとても高い。

 私がiPad向けのPDF/マンガ・リーダーである「CloudReaders(無料)」をいち早くiPad向けにリリースしたのも、それに「変革を起こす側の当事者」の一人として深く関わって行きたいから。日本でiPadが発売されるころには、バージョンも1.05か1.06に上がっていると思うので、ぜひともお試しいただきたい。

Comments

RJ

オンラインで注文できるのはWi-Fiモデルのみです。
ソフトバンクからリリースが出たので貼っておきますね。
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2010/20100508_01/index.html

U

子供がiPad持つ訳ないじゃん。

MT

本当にiPad以前と以後では、PCの世界の見方が変わってしまうような気がします。これからもっと軽くて薄いiPadも出るでしょうし、MSだってこのまま負けてはいないでしょう。有機液晶がもっと安価になって、それこそ丸めて持ち歩けるiPadが出てくる日もそう遠くはないはず。

ななしさん

1024×768の解像度で漫画を見ると
文字が潰れる気がするんですけど、
実際はそうでもないんでしょうか。

青井十九

開発・更新お疲れ様です。
iPadを手に取ったことがないのでなかなかピンと来ませんが、それを所有する喜びはひしひしと伝わってきます。一体どれほどの感動を与えてくれるデバイスなのか……1ヶ月って長いです。

しかし私もななしさんと同じように、解像度による文字のツブレは心配しています。アミの細かさや、色の再現性についても楽観視はしていません。その辺はもっと後の世代で改善されていくべき話だと思っています。

iPadには電子書籍以外の可能性(大画面を生かしたユニークなアプリ類)も期待しているのですが……これはまだ時期尚早なのでしょうか。なんにせよ早く手に入れたいものです。

10年前のU

子供が携帯持つ訳ないじゃん。

kazuo

もし、電子書籍で漫画となったら、コンテンツを製作する側
のクオリティが下がるのが心配
白黒で書く世界であればいいのだけれど、差別化するために
オールカラ―で書くとか、アニメーションで提供するとか
結構労力を取られる感じがする。
大丈夫だろうか。。。。。

The comments to this entry are closed.