neu.Notes の iPhone 版をリリースしました
WEB+DBコラム「なぜ日本のソフトウェアが世界で通用しないのか」

iPadアプリ開発日誌:梅田望夫さんの電子書籍をリリースしました

 以前、ここで少し触れたCloudReadersのOEM版ビジネスの話、ようやく第一弾をリリースすることができた。梅田望夫さんの「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」だ(出版は、株式会社産経デジタル)。

 基本的にはCloudReadersのコードをそのまま使っているので、開発はとてもスムーズにできた。違いと言えば、iPad版だけでなくiPhone版もリリースしたことぐらい(これを機会にiPhone版のCloudReadersを出すのもありかと考えている)。ちょっとした工夫として、ウェブ上でのリアルタイム書簡も読めるようになっているのも特徴。電子書籍だからこそ可能な仕組みだ。

 本文は、梅田さんの書いたものだが、それに私と梅田さんの間の「メール書簡」が付いていて、それだけでも結構読み応えがあると思うが、それに加えて、読者からの質問に私と梅田さんが答るという、リアルタイム書簡が読めるようになっているのが特徴。本書を読んだ後で、なにかもう少し突っ込んだ議論が聞きたい人はぜひとも質問を投稿していただきたい。

 ちなみに、一番苦労したのは、アプリをiTunesコネクトを使ってアップルに提出する部分。以前は、第三者のapp ID + Certificate + Profile での提出が可能だったのだが、ごく最近になって第三者のapp IDでの提出が不可能になったので、そこでつまずいてしまった。第三者を認めないとなると、Development CertificateのPrivate Keyのやり取りなどが必要となり、あまり賢いとは思えないのだが、そのあたりは「あまり考えずに厳しくしてしまった」というのが本当のところなんだろうが、それがアップルらしいといえばアップルらしい。

 

Comments

mongorian chop

iTunesのリンクがiPhone版になってますがエントリーのタイトルがiPadなのにiPhone版にリンクしてるのは違和感があります。
iPad版のつもりで購入する方がいそうなので、iPad版のリンクの方が良いんじゃないかなと思います。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)