「エンジニアの生き方」出版イベントのお知らせ
「エンジニアとしての生き方」トークイベント、USTREAMのお知らせ

「今の日本の若い人たちには元気がない」は本当か?

最近、「日本の若い人たちの元気がない」という声を聞く。「若い人たちはすぐ辞めてしまう」とも聞く。本当に若い人たちに元気がなくなってしまったのだろうか?今の若い人たちは、高度成長期の「企業戦士」のように努力する事ができなくなってしまったのだろうか?

私は決してそんなことはないと思う。一番の問題は、そんな若い人たちを雇う企業、そしてそこの経営者たちにある。グローバル化が大きく進む中で、過去の成功体験にしがみついて旧態依然とした体質のままの大企業。自分が退職金をもらうまでだけは会社が存続してくれれば良いと、リスクを避けて問題を先送りにする「逃げ切りメンタリティ」の経営者。「雇用を守る」との名目で競争力を失った大企業を無理矢理存続させる日本政府。不要になった人員を整理する事を禁じ、日本企業の国際競争力を奪う雇用規制。その雇用規制が故に出来上がった、「終身雇用が保証された正社員」と「使い捨ての派遣社員」という二重構造。

そんな日本企業に、若い人たちが「一生を捧げる」気になれないのは当然である。

高度成長期に通用した「若いうちは安月給で努力していれば、会社が一生面倒見てくれるし、給料も年齢とともに上昇する」という暗黙の了解が、すでに成り立たなくなっていることは誰もが知っている。 「一流大学に入学して、一部上場企業にさえ就職できれば、後は安泰」という甘い時代でないことも良く知っている。

本書は、そんな日本社会全体を包む閉塞感のために行き先を見失っている若い人たちに向けたメッセージである。今こそ、日本という狭い世界に捕われず、日本の外に目を向け、自分の活躍すべき場を見つけるべきだ。

筆者として本書を通じて一番伝えたいことは、10年後、20年後の自分の生活レベルが、中国やインドの人たちよりも高いか低いかを決めるのは、自分の働いている会社の上司や経営者でも、日本の政治家でもなく、あなた自身だ、ということである。グローバルな人材市場において、自分自身の人材としての価値を高め、やりがいのある仕事に就き、豊かな生活を送れるようにする責任は、あなた自身が担っている。そのためには、今、何をしなければならないか、これから何をして行くべきか、を真剣に考えるべきである。

(「エンジニアの生き方」まえがき)

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)