班目委員長に学ぶリーダーシップのありかた
なぜ日本では「市民運動」が格好ワルイいのか?

$100PCならぬ$80スマフォがケニアでバカ売れ

ここでも何度も述べている様に、Androidを搭載したスマートフォンでiPhoneと真っ向から対抗しようというビジネスが利益を生むとはどうしても思えないのだが、Androidだからこそ可能になるビジネスというものもしっかりとある。典型的なのがこれ。

$80 Android Phone Sells Like Hotcakes in Kenya, the World Next?

中国のHuaweiが作った「80ドルスマートフォン」がケニアでバカ売れだそうである。搭載するメモリもカメラの解像度も最低限ものに抑え、徹底的に低コスト化したスマートフォンを開発途上国に売るという戦略である。

この価格帯にはAppleもMicrosoftのOEM先も入って来ないことは確実。今まではSeries40を開発途上国で売りまくっていたNokiaも足元がかなり揺らいでいるので、今がチャンスというわけだ。

戦後の高度成長期には、こういうチャンスにがむしゃらに飛び込んで行くのは日本のメーカーだったわけだが、その役目はすっかり中国や台湾に奪われてしまったようだ。

高付加価値・高収益マーケットはAppleに抑えられ、低価格・大量生産マーケットは中国・台湾勢に取られ、横からはSamsnugとHTCが迫って来る。Motorolaを見習って、携帯機器部門を丸ごと売却、というのが日本のメーカーにとってたぶんベストの選択肢だろう。

Comments

Akihiko Minemoto

勝負する価格帯が違えばマーケットも新たに形成される。ライセンスフリーのOSだから成せるワザってことですよね?なんで各社のスマートフォンがiPhone並の価格で販売されるんだろう。低コスト化の努力が足りないのか、単に価格設定を勘違いしてるのか??

NN

特にNECあたりはなぜ自分らがこれを出来なかったかを自省すべきです。せっかくパソリンクを新興国キャリアに売りまくって作った販路があるのに、その経営資源をまったく活かしていない。MEDIASの廉価版を作ってその販路で売れば、Huaweiのコスト競争力にはすぐには対抗できないにしてもそこそこの勝負はできるはず。やはり北米でAppleやSamsungに挑むほうが安いプライドを満足させやすいのでしょう。

鈴木 晋太郎

失敗を恐れて行動できない企業と人。
「日本全体が成長していた時は失敗しても0になるだけだが、右肩下がりの日本では失敗はマイナスへの転落と同じ」という考え方になって萎縮しているんですよね。。。
気持ちの問題なのでしょうが、簡単に修正できるものでもなさそうです。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)