東電の「黒塗りメソッド」でメルマガの宣伝をしてみるテスト
システム・アーキテクト不在の日本には原発は無理

虎の尾を踏んだ鉢呂大臣

太郎:先生、鉢呂大臣の辞任に関して、実は経産省の陰謀だったという噂を聞いたんですが本当ですか?

先生:おやおや、太郎君の得意な陰謀説だね。

太郎:からかわないでくださいよ。先生だって経産省が怪しいと思っているんでしょう?

先生:そんなことはないよ。状況証拠だけで経産省を犯人扱いするのはいくらなんでも間違いだよ。

太郎:でも、先生も鉢呂大臣は「国のエネルギー政策を決める重要な委員会の人事に口を出そうとしている」って言ってたじゃないですか。

先生:それは事実だよ。国のエネルギー政策を決める「総合資源エネルギー調査会」のメンバーが脱原発派3人・原発推進派12人という経産省から出て来た人選を鉢呂大臣が問題視して、反対派の人を9人追加しようとしていたんだ。

太郎:経産省はそれが気に入らなくて、鉢呂大臣を刺したんですね!

先生:「刺した」と決めつけるのは間違いだけど、気に入らなかったことは確かだよ。経産省としては、「総合資源エネルギー調査会」の人事と事務局の両方をコントロールすることにより、自分たちに都合が良い政策を提案しようとしていたんだからね。その人事に政治家が口を出すなんていうのは、これまで御法度だったんだよ。

太郎:でも最終的な政策は政治家が決めるんじゃないんですか?

先生:確かにそうだけど、手続き上は経産省の諮問機関である「総合資源エネルギー調査会」が専門家の意見をまとめて政府に提出し、それに基づいて政策を決めることになっているんだ。もし「総合資源エネルギー調査会」が「電力の安定供給のためには原発推進という道しかありません」という結論を出してしまったら、それを政治家がひっくり返すのはとても難しいんだ。

太郎:それで鉢呂大臣は、「総合資源エネルギー調査会」の人事に手を付けようとしたんですね。

先生:そうだよ。鉢呂大臣としては、両方の意見を公平に聞くために、推進派12人・反対派12人というメンバーで議論を戦わせた上で、「総合資源エネルギー調査会」からは、「原発容認であれば日本のエネルギー政策はこうあるべき」「脱原発であれば日本のエネルギー政策はこうあるべき」という二つの案を出してもらおうと考えていたんだ。

太郎:結論ありきの諮問機関ではなく、原発依存政策・脱原発政策の二つの方向性をそれぞれの利点・欠点・リスクを洗い出して、最終判断は政治家にしてもらうのが正しい諮問機関のありかただ、という考えですね。

先生:そのとおりだよ。鉢呂大臣としてはそういうすべての情報をキチンと見た上で、多くの国民に理解してもらえるエネルギー政策を決めて行きたかったんだね。その上で、「脱原発の道を選ぶと、国民生活にこんな影響が出ると予想されますが、それでも福島第一のような事故を二度と繰り替えさないためには脱原発するしかないと思います」という形で具体的な脱原発への道筋を国民に説明しようと考えていたんだと思う。

太郎:鉢呂大臣ってりっぱな人ですね。

先生:私もそう思うよ。マスコミに叩かれたぐらいで辞任をしては欲しくなかったよ。多少の失言をしてもかまわないから、こんな風に国民の意思を反映した政治をする人に国を運営してもらいたいと私はつくづく思うよ。

太郎:ひどい話ですね。こうやって、経産省は自分たちのいいなりにならない政治家を引きづりおろして来たんですね。

先生:いやいや、一番許せないのはマスコミだよ。菅首相の時もそうだったが、政策の善し悪しの議論を一切せずに、政治家のあげ足取りばかりをしている。横並びで菅おろしのキャンペーンを繰り広げながら、いざ辞任すると「1年ごとに総理大臣が変わっていては他の国から相手にされなくなる」と批判している。政治不信をあおって支持率を下げ、首相や大臣を辞任に追い込んでいる張本人は、マスコミだよ。

太郎:本当にひどい話ですね。なんとかできないんですか?

先生:今の時点で僕らにできることは、鉢呂大臣に変わって大臣になった枝野大臣が何をしてくれるかを良く見ること。枝野さんが本当に国民のことを考えているのであれば、まもなく「総合資源エネルギー調査会」の人事の大幅な変更が発表されるはず。そうすれば全力で応援すべきだし、もし何もしなければ「総合資源エネルギー調査会の人事はこのままでいいんですか?」と問いつめるべき。

太郎:枝野さんには、ぜひとも頑張って欲しいですね。経産省に負けるな!マスコミに揚げ足を取られても辞めたりするな!エダノ、ガンバレ!

Comments

月

生徒と先生のやりとり形式、わかりやすかったです。
不勉強な私には助かります。

yumeno_tocyu

これは単にボタンの掛け違え。
農水関係の議員が経産大臣になるってどうなんだろう?と思わせる人事でしたから、ご本人もやりたくなかったのでは。

Pt

農水関係で防衛大臣をやってる人もいますが、石破、石原の頭でっかち核武装論より大分マシと思われ。

ss

能(脳)無しより、頭でっかちの方がましだろ?政治家が戦争をしっかり想定しないから、原発事故は起こりませんなんて安易な都合の良い逃げ切りの、官僚がつくった「安全神話」にしがみつくんだろ。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)