最新の研究で「低線量被曝にしきい値がない」ことが明確に
原発にこれ以上投資することに本当に意味があるのか考えてみよう

シアトル警察、カメラ付き無人飛行機を犯罪捜査のために導入

ビルの4階の一室で行われている麻薬取引。その姿を窓の外から昆虫のような形をした小型無人飛行機のカメラの目がじっと見つめている。そんなSF映画のような風景がついに実用化されることが決まった。

Los Angels Times によると(参照)、この無人飛行機の警察への導入は二年前から計画されていたが、FAA(連邦航空局)が定める連邦航空法のために実際の活動には使えなかったが、オバマ大統領の指示により、今月の14日までにその問題も解決され、晴れて警察や消防の活動に使えるようになるという。

私の住むシアトルでも、シアトル警察がさっそく二機の無人飛行機の購入を決め(参照)、プライバシーに敏感な市民たちが「何のために使うつもりだ」と神経を尖らせている。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)