今週の週刊 Life is Beautiful : 6月26日号
週刊 Life is Beautiful 2012年7月3日号

紫陽花革命(あじさい革命)とは

複数の知り合いから紫陽花革命に関して質問されたので、Wikipedia 風に書いてみた。引用は自由にしていただいて結構である。

紫陽花(あじさい)革命とは

2012年に、原子力規制庁の設立、ストレステストの2次評価、を待たずに原発再稼働を進めようとする野田政権・経産省に反対して日本で起こった民主化運動(*1)。一人の青年のTwitterを通した呼びかけで、数多くの人々が毎週金曜日に総理官邸前に集結して原発再稼働の反対を訴えている(現在進行形)。その背景には、ひとたび事故を起こせば簡単には収拾出来なくなる原子力発電への不安だけでなく、原子力ムラに代表される霞ヶ関と産業界との癒着体質と、そこに作られた利権構造に対する国民の不信感がある。

当初、テレビ・新聞などの大手マスコミが自主的な報道規制によりデモの存在を無視し続け、インターネット・メディアのみでこのデモの様子が報じられる、という異常な事態が続いた。しかし、4万5千人(主催者側発表)に膨れ上がった6月22日のデモを報道ステーション(テレビ朝日)が報道し、10万人を超えた(主催者側発表)とも言われる6月29日のデモはNHKも報道し、60年〜70年の安保以来の大規模な民主化運動として日本の歴史に残る一コマとなりつつある。

これまでのデモと異なり、労働組合などにより「動員」された人たちではなく、Twitter などを通じて、参加者一人一人が自分の意思で参加していること、それも、今までデモに参加したことのない人、子連れの主婦などが数多く参加している点が特徴的である。

左翼・右翼などのイデオロギー活動ではなく、純粋に「国民の意思を無視して原発の再稼働をするな」「福島の子供たちを放射能被曝から守れ」「天下り体質も直さずに消費税の引き上げをするな」などの政策に関する具体的な意見の表明である点も特徴的である。

「紫陽花(あじさい)革命」という名前は「小さな花が集まった紫陽花」のイメージが、「国民一人一人には国を動かす力はなくても、問題意識を持った大勢の人が集まって意見を政府にぶつけることが出来れば、国の方向性を変えることもできる」というデモの主旨と重なるからである。

*1 「民主化運動」という言葉は、本来ならば既に議会制民主主義の形を取っている日本には当てはまらない言葉だが、ここでは「形の上では議会制民主主義であるにも関わらず民意が反映されない」という現状の打破を目指した運動までも含めた広義で「民主化運動」という言葉を使っている。

◇ ◇ ◇

ちなみに、官邸前のデモにこれほど多くの人たちが参加していることの意味に関しては、下の記述が最も端的に表している。

今まで国民はテレビに向かって政治家に文句を言っていただけだった。選挙の時だけとりあえずマシな党に投票するぐらいがせいぜいだった。というか多くの人は政治の話題を避けるようにして生き仲間内で政治の話題をすることすらなく自分の仕事や家庭やプライベートに手一杯だった。汚職があったり増税されたりする場面でテレビに向かって憤りたまにネットでその怒りを吐き出したところでただそれだけだった。

しかし福島原発事故による放射能汚染というあり得ない自体が起きしかも今もなお全国で地震が頻発している中、一部の国民は目覚めてしまった。「いい加減、国民をバカにすんなよ」と。しかしそれを表明できる場がない。選挙ぐらいしかない。選挙でしか国民が政治家に意見表明できないなんておかしい。そう思った人がこの総理官邸デモに集まっていた。(デモは意味ないのか?~官邸デモレポート

Comments

Ryuji

マスコミは,本当に恐ろしいくらいに報道していないですよね.ネットのおかげで,地方に住んでいても知ることができました.しかし,一般の人の中には,まだ知らない人も多いのではないでしょうか.

MichiKaifu

美しい名前ですね。この記事を私の英語ブログ記事に引用させていただきました。http://www.enotechconsulting.com/2012/07/hydrangea-revolution-via-twitter/

Akira_S_127

いとうせいこうが最初に9・11原発やめろデモでのポエトリーリーディング『廃炉せよ 廃炉せよ 廃炉せよ』で、デモ参加者を「路上の小さな花たち」と表現。
http://associations.jp/archives/488
これを月刊オルタナが更に膨らまして「あじさい革命」と呼び出したのが発祥のようです。http://www.alterna.co.jp/9298

nozomi

中島さんの紫陽花革命に対してのご意見を、私の小論に引用させて頂きました。どうも有り難う御座います。

http://nozomimagine.com/2012/07/18/fukushima-to-ajisai-revolution-the-mosaic-of-recollection/

The comments to this entry are closed.