複数のbookmarkletの機能を一つにまとめた「シオレット」

 Bookmarkletの存在を知ってから、いくつか気に入ったものをインストールしたり、自分で作ってみたりして遊んで来たのだが、普通のウェブページへのリンクも含めて数が増えてくるとツールバーが一杯になってしまい、使い勝手がぐっと悪くなる。

 そこで、いくつかのBookmarkletの機能を一つにまとめた、メタBookmarkletを自分のために作ったのだが、せっかくなので、ここで公開。名づけて「シオレット」だ(bookmark=しおり)。

【シオレットのインストールの仕方】
 [シオレット] ← このリンクを右ボタンでクリックして「お気に入り/bookmark」として追加する。左ボタンでクリックしてしまうと、シオレットがこのページ上で動いてしまうので注意(その場合は、グレーの部分をクリックすればメニューを閉じることができる)。

 追加する場所としては、Firefoxの場合は Bookmark Toolbar への追加がおすすめ。登録後に一番左に動かしておくと、メニューボタンのように動いてくれる(下の画像参照)。IEでもLinks Toolbarに置くことが可能だが設定が少し面倒なので、ここでは省略する。

 お気に入り/bookmarkとして登録してしまえば、使い方はいたって簡単。ウェブページを見ているときに、サーチしてみたい言葉、場所を知りたい住所、意味を知りたい英単語などを見つけたら、それをマウスで選択してから(複数行に渡ってもOK)、お気に入りに登録した"[シオレット]"リンクをクリックしてシオレットを起動するだけだ。そうすると、以下のようなメニューがページの左上に表示されるので、実行したいコマンドを選べば良い(下の例は、はてなの会社概要のページで住所を選択した後にシオレットを起動したところ。ここで「Google Map で探す」をクリックすると、はてなのオフィスの場所がGoogle Map上に表示される)。メニューを閉じたいときは、メニューの外側のグレーになったところをクリックする。

Siolet

 とりあえず動作を確認したのは、IE6.0とFirefox2.0。フレームセットを使ったページでは動かないが、最近はフレームセットはあまり人気がないので、大した問題ではないだろう。FirefoxだとFlashを使ったバナー広告がメニューの上に来てしまうという問題があるが(Firefoxのバグ?)、回避の方法はまだ発見できていない。Safariでは全く動かないのだが、これもまだ解決していない(そもそもSafariでbookmarkletが動くのか疑問)。

 ちなみに、メニュー上にまだ少しスペースが余っているので、そこに追加するべき機能のアイデアを募集する。条件は、「ユーザーがページ上で選択した文字列」もしくは「現在見ているページのURL」だけから生成できるURLに行くだけで何かユーザーにとって価値のある情報が得られるサービスであること。

【追記・追加機能】


uieme! beta、 ケイタイ・ゲーム端末・家電向けのCGMサービス

Uieme_beta  「どんなデバイスからでも自分のコンテンツにアクセスできるパーベイシブ・アプリケーションの世界を実現したい」、「ネット家電の成功の鍵はSNSとCGM」などの掛け声はずいぶん前からかけているのだが、「デバイスとサービス」の関係はどうしても「鶏と卵関係」に陥りがちで時間がかかって仕方がない。

 そんな状況を打破するための一つの作戦として今回ベータ版を公開したのが、「uieme!」というCGMサービス。さまざまなウィジェットを組み合わせて自分だけのオリジナル・アプリケーションを作り、それを携帯電話・ゲーム端末・家電などで楽しむことにより、「パーベイシブ・アプリケーションの世界」を垣間見てもらおうという試みである。

 今回のローンチでは、まずは「勝手アプリ」を許している携帯電話事業者(日米でSprint、 Cingular、Kajeet、NTT DoCoMoの4社)の携帯電話のみをターゲットにしているが、今後、他の事業者の携帯電話・ゲーム端末・家電などをターゲット端末として追加して行く予定だ。ブロガーのために、ブログパーツも作れるようにする。

 ウィジェットとしては、まずは、スライドショー・RSSリーダー・イベントカレンダーを用意してあるが、逐次さまざまなものを追加して行く。今後サードパーティからのウィジェットを募集する可能性もあるが、基本的には、プログラミングの知識の全くないユーザーがテンプレート化されたウィジェットをカスタマイズ(例えば、自分の撮影した写真でスライドショー・ウィジェットを作るなど)して独自のアプリケーションを作る、というシナリオに重点を置いているサービスなので、ユーザー自身による全く新しいウィジェットの作成には当初は力を入れない。

 とりあえずは米国のユーザー向けの英語版のサービスだが、私からのリクエストでNTT DoCoMoの端末にも対応してもらったので、日本の方々にもぜひともお試しいただきたい。ローンチしたばかりのベータ版なので、使いにくい部分や不具合も多分にあるとは思うが、ユーザーのフィードバックを受けながら良いものにして行きたいと考えている(フィードバックはuiemホームページの"feedback"リンクから可能。日本語でも結構)。


「箱入り娘」が久々に復活

Xmas  Operaが落ちる、Firefoxが遅くなる、などと一部の人たちに評判の良くなかったJava版のUIEngineを使った箱入り娘。原因はブラウザー用のJavaVMの実装にあるとは言え、その問題が解決するまではひとまずはずしておくことにしたのが数ヶ月前。解決策がやっとできたので、久しぶりに箱入り娘を復活(このページの右上から二番目の「Ice Princess」)。

 解決方法は、Flashの上で動くUIEngine。「小さくて軽くて、どんなOSの上だろうと、たとへ他のミドルウェアの上だろうと動いてしまうUIEngine」の特徴を生かした解決方法だ。パソコンのブラウザー上で安定して動くUIEngineは、こういったブログパーツだけでなく、さまざまなUIEngineベースのアプリケーションのデモなどにも使えるので、どうしても必要だったのだ。ActiveXやNetscape Plug-inでは一部のブラウザーでしか動かないし、JavaはJavaVMそのものが安定して動いてくれないので(何とかしてください、Sun Microsystemsの人)、結局のところどのブラウザーでも安定して動く、Flashの上に移植するのが一番良いとの結論に達したのだ。

 ちなみに、Flash版のUIEngineは、かろうじて動き始めたばかりで、十分なテストをしていないので、まだ一般に配布はしていない。安定して動き始めたら、ベータ版として配布をする予定なので、少々お待ちいただきたい。もし、手持ちのブラウザーでこの箱入り娘がちゃんと動かない場合には、このエントリーのコメント欄にでも報告をいただけるととてもありがたい。


進化した「ホットエントリーライブ!」

 日本への二泊三日での短期出張や、オフサイトでの終日ミーティングなので忙しく、一週間ほど放置しておいた「ホットエントリーライブ!」。ありがたいことに、その間にも、さまざまなフィードバックをいただくことができたので、それを受けて少し進化させてみた。

 主な変更点は、以下の4つ。

  • 「コメントライブ!」と「過去ログ」を統合した。ページを開くと、すぐにその日の「過去ログ」を読み込み、その後に投稿されたコメントはその下に自動的に追加されるようにした(F5を押す必要はない)。
  • コメントが投稿された時刻を表示するようにした(日本時間)。
  • どの記事に対するコメントかが分かるように、マウスを時刻の上に持ってくると、記事のタイトルが分かるようにした。リンクなので、クリックするとその記事を読むことができる。
  • 以上の変更にともない、コメントを表示する場所を、左側から記事の下に移した。

 ちなみに、下に貼り付けてあるのは、「今日の過去ログ」(自動更新はしない)。ブログの記事と違って、気楽にひとことコメントが書けるのが楽しい。ブログのエントリーを一つ起こすほどではないネタには、こんな形の方が適しているのかもしれない。


「足あとライブ!」に関するテクニカル・メモを書いてみた

 「足あとライブ!」や「ホットエントリーライブ!」を作っているうちに、CometサーバーとJavascriptをどう組み合わせれば良いか、なのどノウハウが色々とたまってきたので、一度テクニカル・メモの形にまとめてみることにした。ちょうど英語のブログの更新が止まっていて、なんとかせねばと思っていたので、そちらのエントリーとして書かせていただいた。

 Live Page-View Counter, Comet server and JSON-push

 ソースコードすべてを公開しているわけではないが、C++で直接ソケットを操作するコードを書くことができて(つまりCometサーバーを自作することができて)、サーバー側のスクリプト(言語は問わない)とJavascriptをある程度書ける人であれば、このペーパーに書かれた情報を元に自分でも同じようなサービスを作ることが可能になるように書いたつもりである。もし、このペーパーを元にそんなサービスを作ることができた方がいたら、コメントやトラックバックの形でご連絡をいただきたい―うちの会社でぜひとも採用したいので^^(参照)。


「ホットエントリーライブ!」でソシアル・ブラウジング

Hotentry2 「足あとライブ!」に関しては、さまざまなフィードバックをいただき、とても良い勉強になっている。作って、リリースして、ユーザーからのフィードバックを受けて、というサイクルが数日単位で出来るのは本当にすばらしいことである。

 これと比べると、マイクロソフト時代に作っていたWindows用のリッチクライアント・アプリの作成は、ほとんど「ユーザー不在」の状態で作っていたことになるが、今になって考えると、よくあれでユーザーインターフェイスの設計などできたものだ、とつくづく思う。

 それに気を良くして、というわけでもないが、今回、「足あとライブ!」をさらに進化させて作ったのが、「ホットエントリーライブ!」。不特定多数の人と同時に、ホットなニュースを読んでそれに関して語り合うことができる、というサービスだ。詳しくは、リンク先に書いてあるので、ぜひとも試していただきたい。

 ちなみに、「足あとライブ!」を運営してきて分かったことだが、同時接続ユーザー数が増えると、サーバーからメッセージをプッシュした後の再接続に時間がかかってしまい、その合間にプッシュされた別のメッセージを一部のクライアントが取りこぼしてしまう、という不具合が起こる。足あとやペンギンならばそれも許されるが、チャットでのメッセージの取りこぼしは好ましくない。そこで、今回はこの問題を回避する仕組みをCometサーバーに組み込んだので、そのロジックのテストも含めたベータサービスだ。同時接続60~70人ぐらいまでなら問題ないはずだが、それを越したあたりでレスポンスタイムがどうなるかにとても興味がある。


BeStiqでソフトバンクの「予想外割引」につっこんでみた

Softbank_1 UIEJから、BeStiqというなかなかユニークなサービスがリリースされた。ネット上の任意のページに、ポストイットのような付箋を貼り付けて、そこにメモを書いたり、他の人と議論を交わしたりできるという仕組みだ。

 そこで、まずはベータテストのつもりでケータイWatchの「ソフトバンクの予想外割」に関する記事に軽くツッコミを入れてみた。下のリンクをたどると、そのページの「月額2,880円」と「210円(税込み)安く」という部分がハイライトされていることが分かると思う。そこにマウスカーソルを持っていくと、私の記事へのツッコミが読めるという仕掛けだ。

 ITMediaの予想外割の記事に対するツッコミ

【追記】 BeStiqサービスそのものに対するフィードバックは、UIEJの開発者ブログのBeStiqに関するエントリーへのコメントかトラックバック、もしくは、beStiqのフィードバックページへのツッコミの形でいただけると助かります。 


「足あとライブ!」にペンギンアイコンがやってきた

 「うみがめプロジェクト」(Googleの20%ルールに相当するもの)のつもりで作り始めたCometサーバーだが、あまりに楽しすぎて、頭を他のことに切り替えるのが難しくなってしまった。今朝も弁護士が作ってきた特許の出願書類の下書きを読みながら、ついつい(Cometサーバーに関する)妄想に走ってしまう自分をコントロールするのに一苦労してしまった。

 しかし、なんとかその仕事も終わったし、面接も二つこなしたので、次のミーティングまでの合間をぬってちょこちょこっとプログラミング。

 「足あとライブ!」にペンギンアイコン(http://www.peso.nu/から拝借―感謝、感謝)で自分の気持ちを表現できる仕組みだ。使い方はいたって簡単。下のペンギンの横に並んでいる文字の一つをクリックすると、その文字に対応したペンギンアイコンが、このブログを見ている人全員の「足あとライブ!」に表示される、という仕掛けだ。


「足あとライブ!」

Agedori 昨日公開した、リアル・タイム・ページビューカウンター(RPV Counter)に関して、さっそくLingrの開発者の江島健太郎さんから「Webで読者が自分以外の人の存在の『気配』みたいなものが感じられるというのは面白いですよね。」というコメントをいただいた。それにに刺激されて今朝作ったのが「足あとライブ!」。自分の「気配」をもっと明示的に他の人に知らせる仕組みだ。

 このブログの右上のページビュー・カウンターの下にある「足あとアイコン」は、クリックすると色を変えることができるのだが、その情報がCometサーバーを伝わって、同時にこのブログを見ている他の人のアイコンにも反映されるようになっているのだ。

 ちなみに、Lingrとは、この「足あとライブ!」と同じく、CometサーバーによるPUSHの仕組みを使った「ブラウザ上で動くチャット」である。RPV Counterのデバッグ中に、クライアントから張りっぱなしにするソケットの数の上限に悩まされていた時に、「Lingrはどうやってそれを回避しているのだろう」と、「Lingr Room for Kenn's Clairvoyance」を開いてみたところ、たまたま江島さんがログインしており、色々と教わることができたのである(悪さをしていたのはやはりKeep-Aliveでした…ありがとうございます)。

 ということで、今日、このエントリーを見た方には、ぜひとも足あとをクリックしていただきたい。Let's 足あとライブ!

【追記】 ちなみに、同じブラウザーのウィンドウを二つ開いてこのサービスの動作を確認しようとすると、ブラウザーの構造上、HTTPリクエストが通らなくなって動作しなくなることがあるので要注意(同じドメインへのHTTPリクエストは同時に2までしか開けないことになっている)。もし一台のマシンでこのサービスがちゃんと動作していることを確認したければ、例えばIEとFirefox、の様に異なるブラウザーを二つ立ち上げて実験するのが確実である。